ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レンガ造りの町並み、澄み渡った空。
子供達の笑い声がどこからか聞こえてくる平和な街。

そんな光景に似つかわしくない異様な男がそこに立っていた。
身の丈は高く、筋骨隆々の肉体には所々傷が見える。
何より特異なのはその頭に被ったズタ袋の仮面だった。
「ハーイ、寄ってらっしゃい見てらっしゃい、世にも醜い髑髏男の顔は見たくないかね?
つまらなかったら御代は結構、払いは見てからのお帰りだよ」

ズタ袋を被っているせいか野太い声がくぐもり、やたらと耳に残る。

その声に興味を持ったのか、数人が男の周りに寄ってきた。
「なんだい?その髑髏男ってのは・・・お前さんの事か?」
お調子者風の若者が尋ねる。
「その通り、面白さは自負してるよ、御代は見てのお帰りだ!!」
それを聞いて若者はニヤリと笑う。
「なるほど、つまらなければタダってことか・・・そんじゃ一つ見てみようかな!!」
「はいー毎度あり、見たい方は後ろのテントの中に入ってくれ、
一度に入れるのは5人までだよ」

若者に釣られるようにぞろぞろと周りにいた野次馬達もテントの中に入ってゆく。

「うぉ!!」
「うっ」
「これは・・・」


テントの中から驚愕に息を呑む声が発せられた。
その様子に興味を引かれたのか次々と人が寄り集まる。
いつの間にかテントの前にはちょっとした行列が出来ていた・・・
そしてそれは夕方まで途切れる事は無かった。

日も半ば没した頃、
久々の大入りでご機嫌なのか男は軽快に後片付けを始める。
手早くテントを畳むと、巨大なザックに道具一式を仕舞い込む。
(ふぅ、久々にたんまり稼げたな 今日は宿でゆっくり休める)
肩をぽんぽんと軽く叩くと大きく伸びをした。

そんな中、ニヤニヤとしながら近づいてきた者がいた。
身なりからして堅気の人間ではない事は一目で分る。
「あんた、何か用かい?」
少し警戒しながらも、冷静に尋ねた。
「随分と儲かったようだね、幾ら稼いだんだい?」
「あんたには関係ないだろう・・・失礼だが、ひょっとして物取りか?」

身構えた相手に対し、とっさに否定のジェスチャーを取る。
「ちがうちがう、実はあんたに見てもらいたいものがあってね♪」
そういって男は苦笑いを浮かべた。
「見てもらいたいもの・・・?」
いぶかしげな態度に構わず、更に話を続けた。
「兎に角、あんたに買ってもらいたい逸品があるんだ、
ちょっと待ってくれよ・・・オイ、こっちに来い!!」

そう叫ぶと、街路の影から2人の人間が出てきた。
1人は相方と思われる若い男、もう1人は痩せこけた少女だった。
「・・・・・テメェ、人買か」
不愉快そうに荒げた声で答える。
「まあ待て、人買いといってもこれは合法に乗っ取った取引だ、
俺はコイツの親と借金のカタとして正式に取引したんだ、証文だってあるぜ、
決して人攫っての違法な人身売買じゃぁない♪」


ちらりと少女の方を見る。
歳は13、4といったところ、痩せた体に怯えた目が痛々しい。
「どうだい、兄さん今回は特別サービスで3000パンス羊3頭分だぜ、
貧相な身体だが、器量は中々のタマだ、へへお得だろ?」
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」

「言っておくが値切りはダメだぞ、コイツのツラなら他に持っていけば
もっと高く買ってくれる奴は幾らでもいるんだぜ?」
「・・・・・・・・・・」

もう一度少女の方を見る。
少女は一瞬ビクッとしたが、虚ろな目はすぐに俯いた。
「・・・・分った3000だな、ほらよ」
3000パンス、3日分の上がりほぼ丸々だった。
「へへっ毎度あり、証文と枷の鍵はこっちだ、それじゃ今夜はお楽しみだなw」
そう言って下卑た笑いを浮かべながら男は町の暗がりへと消えていった。

「嬢ちゃん、名前は?」
なるべく怯えさせないように気遣って声を掛けるが、やはり野太い。
「・・・ラビ・・です」
乾ききった唇を開き、か細い声で少女は答えた。
「そうか、ラビか・・・俺はジグムントだ」
「・・・」
少女は返事をせず、黙ってうなずいた。
「待ってくれよ、今手枷と足枷を外してやるからな」
そう語りかけジグムントは手枷と足枷を外してやる。
長い間枷を嵌められていたせいか、赤く擦りむけ血が滲んでいた。
(・・・同じだ・・・)
ジグムントはその傷跡をじっと見つめた・・・刹那、ラビは突然走り出した。
「あ!!」
一瞬あっけに取られたジグムント。
しかし、彼女が走っていた方角をみて我に返った。
(まずい、あっちは賭博街だ、ゴロツキどもに目を付けられたら・・・ッッ!!)

ジグムントは荷物を放り投げ、懸命に追いかける。
が・・・夜の暗がりのせいか、すぐに見失ってしまった。
「クソッ、まずい・・・」
舌打ちとともに唇をかみ締める。
「キャァアアアアアア!!」
奥の暗がりから突然金切り声が聞こえてきた。
信じられないくらいの大声だが、確かに彼女の声だった。

博徒はバチンッとラビの頬を強く引っ叩いた。
「クソガキ、優しくりゃ付け上がりやがって!!」
「うっ、あぐッ」
ラビは目に涙を浮かべ痛む頬を押さえながら怯えたウサギのように震えていた。
「別に命まで奪おうってわけじゃねぇんだ、大人しくしてな」
「ヘヘへッ」

もう1人のゴロツキが下賎な笑みを浮かべながらズボンを下ろす。
男の一物を目の当たりにしたラビは恐怖のあまり全身が硬直した。
これから自分の身に訪れる恐怖から声も出せなくなっていたのだった。
「ヘヘへっ、気持ち良い事するだけだからよ、怖がるなや」
男がラビの股に手を伸ばした瞬間、

ドグッ!! 鈍い衝撃音が周囲に響いた。

「ウギ・・・・・アア・・・・・・・・・」
まるで酸欠の金魚の如くクチをパクパクさせながら男は悶絶する。
男の股間に丸太のようなブッとい足が潜っていた。
「あ・・・」
ラビはつい今しがたに見覚えのある顔に思わず声を上げる。
「おいクソ共、ガキ剥いて楽しいかよ?」
野太い怒りに満ちた声の主はジグムントだった。
「テメェ!!」
もう1人の男が殴りかかろうとした瞬間、
その顔面に顔の幅と同じぐらいの拳がめり込む。
断末魔を上げる間もなく、男は鼻血の海に沈みこんでいた。
「う・・・あ・・・」
その圧倒的な暴力を見てラビは完全に萎縮していた。
逃げようと必死で立ち上がろうとするが、恐怖で足がすくむ。
(逃げないと・・・逃げないと・・・殺される!!)


「酷い事はしない、安心してくれ・・・」
ジグムントは怯えた少女をなだめようと出来るだけ穏やかに話しかけた。
「俺も、俺も昔・・・人買いに売られた、親に・・・捨てられた・・」
「・・・・・・」
ラビは意外な言葉にキョトンとしてジグムントを見つめた。
「だから・・・お前の気持ちが分る、酷い事はしない
帰りたければ親元にも帰っていい、だけどもう夜だし1人じゃ危ないから
だからせめて今日だけは俺について来てくれ、宿で食事を取ってゆっくり休め」

雲の隙間から月明かりが差し込み、ズタ袋の仮面から彼の目が一瞬見える。
優しそうな目・・・ラビはジグムントが信頼できる人間だと思った。



続く
スポンサーサイト



ファントム先生みたいだ・・・

続きが楽しみ
ワクテカ(AA略)
【2005/08/16 09:33】 URL | 喪板住人 #-[ 編集]
 少女との出会いからその後の話だけでも十分に面白い小説になると思いますが、主人公の過酷な状況でのまともな人間性・自分の顔を商売にするタフネスの獲得と、彼自身の成長過程及び出会いは物語の中で重要な部分だと
思うのでぜひとも省かない方向でお願いしたいです。ちなみに主人公のかぶっている袋がパペットマペットのように
角ばったものか、スキーマスクのようにぴったりした丸いものか非常に気になります。
 
 覚悟さんが今後物語をどのように展開されていくかわかりませんが、『豚王』(大西巷一)という漫画が創作のよい材料になると思います。簡単に紹介させていただくと、

 背虫で顔の醜い男(ただし過酷な労働により体は人間凶器)はいじめられ差別されて生きてきたのですが、ある日
村が盗賊に襲わますが、それを機会に彼は盗賊の仲間になり何年か後には盗賊団のポスになります。そして彼は
村々を略奪してまわります。彼が特徴的なところは女性を差別しないことです。尼さんだろうが、醜女だろうが、当時としては恐ろしい病気を持っていようが、みんな平等にレイプします。えり好みなんてしません。そんなこんなで身分の高い女性と知り合います。彼女は夜は奴隷となる代わりに自分をひどい目(レイプされた上に大やけどを負った)にあわせたイケメンへの復習を頼みます。彼は彼女を最初乱暴に扱いますが、次第に絆を深めていくことになり、彼女の復習に手を貸します。もちろんそれは失敗に終わりアンハッピーエンドで終わります。記憶が怪しいところもあるのですが大体こんな感じです。
 
 長々と失礼しました。続きを楽しみにしております。
【2005/08/16 17:43】 URL | 喪男の一人 #-[ 編集]
こんにちは、覚悟です。
豚王が非常に気に掛かります。
なお、この主人公が過酷ながらも真っ当?に育った理由も
ちゃんと表現しようとは考えています。

まあ、主人公のモデルは本田透氏(私の中のイメージ)なんですがね・・・
彼が過酷な環境に育ちながら、モラリスト的な面を守って生きてこられた理由を
アレンジして拝借させてもらおうと思ってます。
【2005/08/16 23:49】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。