ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


真実の愛を紡げる人の条件について纏めてみましょう。


1.道徳、倫理を遵守できるモラリストである。
2.人道的な行動を好み、それによって自己満足(快楽)を感じられる。
3.1、2を受けて、道徳的価値観に基づいて他人に優先序列を付ける。
4.3を受けて、容姿や金銭などの物質的魅力で他人を差別する事を嫌う。
5.3について、悪人への蔑視、人格者への優遇、家族への優遇等の
  道徳に抵触しない差別は容認する。
  (ただし、子供を裏口入学させるなどの限度を超えた優遇には忌避を示す)

但し、容姿や金銭などの物質的差別を嫌うとしても、
同程度の人格者2人でどちらかを伴侶として選ぶというような状況では、
容姿や財産を判断基準として選んでも許容範囲とは思います。
美顔+美心>醜顔+美心>>>(超えられない壁)>>>>美顔+醜心=醜顔+醜心
この序列を守れるならば、さして問題ないでしょう。

具体的に言えば、

恋愛するのは人格者じゃなきゃヤダヤダ!!
人格者なら、加藤大君やホンコンやエレファントマンでも恋愛対象範囲内よ!!

逆にキムタクでもホリエモンでも、非人格者なら絶ぇぇぇぇ対付き合わない!!
非人道主義者なんて大ッ嫌い!!
そんな連中と付き合ったりSEXする位なら死んだ方がマシよ!!
人格者のキムタクと人格者のホンコンを比べたらキムタクかも知れないけど、
非人格者のキムタクと人格者のホンコンなら後者の方が一億倍マシ、
迷わずホンコンを選ぶわ!!



こういったところでしょうか?
こんな思想を本気で体言できる人が真実の愛を紡げる人という事です。
もちろんモテナイ男はこの思想を(自分を含め)男女共に持つべきと考えています。

こういう人間が現実でどれだけ居るかは別としても、
電波男の著者である本田氏を含め、大勢のモテナイ男が傾倒している
アニメやゲームの世界の女性キャラクターは大体似たような性格をしています。
本田氏が脳内妻とした「みさき先輩」というキャラクターも近い雰囲気ですね。
モテナイ男と二次元は「出会いもの」と言えるのかも知れません。

当然こんな異性を求めているのですから、モテる訳がありません。
ですが、こういう恋愛を紡げないぐらいなら恋愛放棄した方がマシ!!
そう考えるのがモテナイ男なのです。
こういう純愛主義的思想は道徳という価値基準から見ると善に分類されます。
例え現実からあまりに乖離していても、その正当性が自信を与えてしまうのです。
「俺達は間違っていない」と。
(間違いではないからこそ、余計に悲しいのですがね・・・)
私を含めたモテナイ男の多くは、この理想を追い求めた果てに訪れる結末に対して、
想定範囲内+覚悟完了済です。
スポンサーサイト



考察お疲れ様でした。
ところで、まだ少し覚悟さんの価値観に対して
疑問に思うところがあるのですが、
質問してもよろしいでしょうか。

「自分の道徳心を満たすという自己満足さえ達成できればOK」
というのが真実の愛、とお考えだと思います。

それはつまり、対象は条件さえ適えば
いくらでも代替が利く、ということでしょうか?

たとえば人格者の知り合いAに「いや、君とは付き合いたくない」といわれた場合、
「あっそうか、じゃあ同じくらい人格者の知り合いBにしよっかな。
どっちも人格者だし、私は人格者ならそれでいいのよ。
必要なのは人格者かどうかという『部分』であって、それ以外はどうでもいいんだから」
と考えて、あっさり次に行く人を、覚悟さんはお好みなのでしょうか。

私は、あくまで私は、なのですが、
「君でなければ駄目なのだ。
君の部分を愛しているのではない、君の全てが愛しいのだ。
君は『一番』ではない。君は代わりのきかない、『唯一』の存在なのだ」
と言ってもらえたほうが、数倍感動してしまいます。

私は、愛というのは人間の部分を愛するのではなく、
ある人間の全てを、見た目も社会性も性格も
(そのどれかが、また全てが、傍から見たらひどいものであっても!)
ひっくるめてまるごと包んであげるものだと思うのですが、
覚悟さんはそういう愛は全くほしいとは思われないのでしょうか?
【2005/08/07 00:21】 URL | 豬花 #wkZD1s/g[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。