ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ご存知の方も多いと思いますが、革命的非モテ同盟のところと
ちょっとした事でトラブルがありました。
まあ、既に双方に手打ちは済ませてますし、問題の経緯、顛末などの
詳細についてはここであまり書かないことにします。

簡単にだけ述べると、私のギブアンドテイクの申し出に対して、
古澤氏が明確な返答をだせずに曖昧な解答で煙にまいてたのです。
私が不審に思って具体的解答を求めて問い詰めたところ、
いろいろすったもんだが起こったという感じです。

古澤氏は革命的非モテ同盟の性質(様々な思想の人間のるつぼ)によって
明確な回答ができずに、結果として火種を起こしてしまった事について
私に対して掲示板上、およびメールにて謝罪を頂きました。
私もそれを受けて、政治的に微妙な立場である彼に対して
明言を求めすぎた事に対して謝罪を致しました。
革命的非モテ同盟としては、色々な面で綱渡り的に成り立ってる部分が大きく
今回のようなモメ事が多発するのは好ましくないとの判断だったようです。


で、これで一応問題は解決したはずなのですが、
この問題を蒸し返そうとするバカが一匹、古澤氏の取り巻きにいたようです。

筆不精者の雑彙
http://bokukoui.exblog.jp/4823930/

あのさぁ、お前、一応古澤氏と革非同の賛同者だよな?
「なるべく揉め事を起こしたくない」と自ら頭を下げでまで
謝罪してきた彼の決意を全部水泡に帰すつもりかい?
彼は喪男道と違って、さまざまな方面の人間を取り込むことによって
政権奪取?を狙っている訳で、炎上なんかが起こると困るわけよ。
俺的には彼の足を引っ張ってもさほどメリットはないし、
向こうも向こう側の非を認めてくれた以上出来れば争いたくない。
だけど本人ではなくとも、その取り巻きがこっちに殴りかかってきて
それでも大人しく我慢するほど古澤氏を大切には思ってない。

そちらさんにも「古澤氏の意志を汲んで」引いて欲しいんだけどね。
具体的には喪男道および俺に対する批判記事を削除して欲しい。
俺の方はそれを持って今回の記事を「見なかったこと」にする。
それが「革命的非モテ同盟」にとっても一番いいだろうし、
手打ちをした以上俺にとっても理想的だ。

が、もちろん「徹底的に泥仕合をしたい」というならそれもいいだろう。
徹底的に応じてやる。
だがその時一番迷惑を蒙るのは古澤氏だって事を忘れるなよ。

ついでに嫌みったらしい発言があったのでこちらも嫌味を一言。
あんたが社会史の本を何万冊読んだかは知らないが、
空気の読む力はまったく付かないようですね。
俺が言えた義理では無いけどさw
古澤氏の政治的立場とこの問題に対するポジションは、
彼のコメントを追っていれば十分に理解できるはず。
なんたって大学院にまで行ってるんだからね、モラトリアム殿。



※追記※
今回の件に関して、革命的非モテ同盟の古澤氏より意見を頂きました。
要点をまとめると、

***************************************************************
1.今回の事件は革命的非モテ同盟の「意志統一」の不備により起こった事態。
2.墨東氏の言動は革命的非モテ同盟に許可の元に行われたものではない。
3.墨東氏には喪男道との抗争になるような言動は控えるように勧告を行った。
4.今後、こういった事態を避けるため、内部の意思統一を図る。
***************************************************************


こういった返答を頂きました。
現在、墨東氏のブログで該当記事の削除は行われていないようですが、
「革命的非モテ同盟にとっても今回の彼の行動は遺憾に思う」
との事でしたのでここら辺が引き際かなと思います。
古澤氏が彼に対して勧告を行ったにも関わらず、記事を削除しない
と言う事は、古澤氏の意見よりも自分の我を優先させた訳で、
「俺は革命的非モテ同盟にとってトラブルメーカーだ!!」
自ら宣言しているようなものですからね。
ここまでのはねっ返り野郎なら、古澤氏には責任はないでしょう。
スポンサーサイト



 はじめまして(実際には昨年のクリスマスにお会いしたかと思いますが)、墨東公安委員会と申します。
 拙文に関しまして、どうも小生の立ち位置について誤解をお持ちのように思いますので、その点につきご説明させていただきたく、こちらに参上いたしました。

 小生は、「革命的非モテ同盟」の「一員」ではありません。
 いわば評論家、観察者、オブザーバー、ネットでよくある表現を使えば「ヲチャー」というところです。実際これまでの拙ブログでの革非同の活動に関するクリスマス・バレンタイン・ホワイトデーの記事も「~見学記」と題しております。
 ご指摘の拙文についても、今回の「覚悟」さまと古澤書記長とのやり取りを見て、小生が思った感想を記したまでであります。デモのレポ同様、政治評論家が自民党や民主党について書くのと同じ様な立場で書いております。
 従いまして、拙文に関し問題があったとしても、それは「覚悟」さまと小生の間の問題であって、古澤書記長は全く関係ありません。ですから、「『古澤氏の意志を汲んで』引いて欲しい」と仰られましても、正直それは削除の理由になりえないのです。

 更にこの記事は、既に決着した事態を評論するという視点から書いております(「決着した」「終わった」と文中に書きました)。今更「覚悟」さまと革非同もしくは古澤書記長の関係について何らかの新展開を望んで書いたものではありません。
 その点でも、この記事に古澤書記長が何らかの関わりを持つようなものではないと認識しております。

 以上、何卒ご諒承下さいますよう、お願い致します。
【2007/03/13 02:19】 URL | 墨東公安委員会 #jJNDZ5NQ[ 編集]
ここでバカ丁寧な文章書くぐらいなら削除すりゃいいのに。
覚悟氏もこれぐらい無視すりゃいいだけの話だけど。

こういうところを無視できないからブログで声を上げてるんだろうけどさ。
【2007/03/13 07:30】 URL |   #gZqeYkSE[ 編集]
言い方を変えれば
覚悟氏の活動は「闘う」ことが基本としてあって、それがより多くの人の間に波となって広がっていけば望ましい展開となるでしょう。
 で、そうやって活動を発展させる以上は、基本は「思想に反する者は排除」となります。そうしなかった場合に想定される困った事態が、こういった「闘う」ことよりも、何らかの正義・信念のないような人がやってきて、他の参加者(「闘う」ために来た人)をドン引きさせることです。何となれば信念の無い人は、自分の原理に抵触すると見做したものでも簡単に受け入れてしまうので。以前、覚悟氏が「我々(喪男と非モテ)は・・・共に闘える部分もあるのではないか」と書かれていた時に、小生はいささかの懸念を感じたのですが、まさに今回の「古澤派」との論争はその問題が具体化したといえます。原理主義で以て共闘を持ちかけているところに、相対主義の曖昧でお茶を濁すような答えを返したらどうなるのか、というわけです。
 ~中略~
「中澤派」のような、世界の誰も彼もがオトモダチになれると思い込んで、形骸左翼のごとく頭数だけ集めたら是とするような無節操さのもつ問題点が隠れてしまったのは、非常に残念なことであったと思います。

こういうことになりますが。

ま「相手を一個の独立した人格として尊重する」ならあんな答えは無かったでしょうね。
色々な意味で“政治屋”ならではの判断だったと思われます。
そういうやり方では遅かれ早かれいずれは形骸化するでしょう。
まあ本人達が楽しんでいるのならそれでいいんでしょうが、喪との共闘も実のある結果を出すことも無理なので。
【2007/03/13 16:23】 URL | hermit #FTOBfbW2[ 編集]
外野から、といった形になるでしょうが、
要は「てめえの言う事なんか誰が聞くか」ということかな?

評論家たらヲチャーだかどうでもいいけど、
まさか何ら関わりなく言いたい放題できるとか
思ってるんじゃないですかね?
音楽雑誌のライターじゃあるまいしw

そちらの意図はどうであれ、
覚悟さんが怒るのもそれからの行動も全部、
墨東~さんのおっしゃったことに因るものになるでしょうから
頑張ってケツ持っていかないと。

長々と文章書いて誤魔化さないで気合入れて
やり合わないと評論家とは言えませんよ。
頑張ってくださいね。

それに社会史にもそれはそれはお詳しいようなのに
まさか言うだけ書くだけなんてスタンスは可笑しいような?
ケツ汚せとも誰か言ってませんでした?言ってないか。

以上、ぶっちゃけ煽りたいだけの無責任な外野からでした。
【2007/03/14 03:55】 URL | 名無しさん #-[ 編集]
>>墨東

あんたの主観的立場がどうかは知らないけど、
こっちはアンタを革命的非モテ同盟の支持者の一人として
扱わせてもらうので覚悟してください。

古澤氏がどういう対応をとるかによりますが、
場合によってはあんたへの批判文にからめて、
革命的非モテ同盟の(あまり外に出したくない)内部事情を
リークするようなことも考慮してますので。
【2007/03/14 22:57】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
経済開発協力機構職員とは、経済開発協力機構(OECD)で働く職員のこと http://dairymaid.markjacobsesq.com/
【2008/11/03 17:22】 URL | #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/07/05 15:33】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/05/20 02:39】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



管理人の承認後に表示されます【2012/10/27 01:18】
管理人の承認後に表示されます【2012/10/27 01:18】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。