ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本田透著の「喪男の哲学史」を読みました。
内容としては、難しく捉えられがちな哲学を簡単にかいつまみ、
哲学の勃興から衰退までを分かり易く説明していました。
喪男的なネタ解釈も結構あったものの、比較的素直な本かなあと。
ただ、一点気になったのが「ナチス」「キリスト教」を例として、
喪男の集団化、組織化を過剰とも取れるほど危惧していた点です。
(この本の中で語られている喪男は厳密な意味での喪男ではなく、
世の中に順応できないいじめられっ子系を指していると思われるが)

要は喪男が集団化して権力を手にすると暴走するから徒党を組むなという話。
私はこの部分を見て少し嫌な予感がしました。
こういった部分を過剰解釈する人がでるんじゃないかなぁと。

で、実際に過剰解釈してしまっている人の感想がこちら。
http://mazoero.hp.infoseek.co.jp/philosophia.html

基本的には良い書評であるとは思うのですが・・・
喪男(社会的マイノリティ)の組織化を極端に否定している点は頂けない。
氏は確かに"過剰な組織化"を否定してますが、同書内でこんな事も書いています。
「集団化がダメとはいっても、瞑想している間に首を刎ねられたら
お終いですから、身の安全が保障されるぐらいには(集団化は)必要」
と。
そう、つまり本田氏が否定しているのは喪男が集団化して
「国家転覆」や「世界征服」を狙う事であって、弾圧や迫害などから
身を守るための「防衛のための集団化」は認めているのです。

もっと身近な話で言うと、喪男が集団化、組織化することによって
現在のイケメンとキモメンの美的基準を90度逆転させたりなどの、
「喪男のモテ化」を狙う事はダメであっても、
「喪男なんてキモイんだよ、侮蔑差別されて当然」などという
クソアマやDQN達から自分達の人権を守るために必要な
集団化、組織化は許容範囲内だという事です。
この点をスルーして、馬鹿の一つ覚えのように「集団化は悪い」
「組織化は悪い」等と上っ面の理想論を語るのは片手落ちです。

そして何より、モテ側(強者の側)が一方的に社会を支配した世の中は
喪男思想が支配した世の中より幸せだったのだろうかと。
資本主義勃興直後のイギリスがそれに近い状況だったと思われますが、
あまりにも貧富の差が激しすぎて、地獄にも似たような状況でしたよね。
結局、喪男側にしろモテ側にしろ一方が圧倒しすぎると歪な社会になるのです。

私個人として、喪男側とモテ側の関係で最も好ましいと考えるのは、
かつてのソ連とアメリカのような「拮抗した武力による冷戦状態」です。
アメリカはソ連が大嫌いだが、ヘタに手を出したら自分も大怪我するので手が出せない。
ソ連もアメリカが大嫌いだが、自分と同じぐらい強いのでにらみ合うしか無い。
こういった「力による拮抗」によってもたらされる安全が最も好ましいのではと。
実際は、喪男がモテと対等の力をつけるに至るのは難しいし、
喪男側が完全に統一された組織を結成するのも困難。
でも、小規模な喪男集団が各団体ごとで独自にモテ側を
突っつきまわす事で、ある程度の牽制効果はあると考えます。
だから私は喪男が喪男として何のリスクもなく生きられる社会となるまで、
ある程度の集団化、組織化はやむを得ないと思うし、当然の流れだと思います。

そもそも、ナチスドイツにしろ、彼らが喪男的思想を元に過剰な組織化
集団化へと走ったのは第一次世界大戦戦勝国が調子に乗って、
ドイツから尻の毛まで毟るような暴挙を行ったからです。
結果としてドイツはヨーロッパの中でも随一の武闘派国家となり、周囲を席巻した。
イジメっ子が度を越したイジメをして、いじめられっ子に逆に刺されたようなもの。
彼らは「暴走せざるを得ないほどに追い詰められていた」のです。
それを「喪男側(いじめられっ子側)だけの罪」と切り捨てるべきではない。
本当に無慈悲で本当に悪辣なのは、彼らをそこまでの状況までに追い詰めて、
尚且つ相手がキレて手に負えなくなったら今度は被害者面してる奴らでは?
はっきり言って、そんな奴らは自業自得だし同情する気はさらさらありません。
つーか、ザマーミロって感じですか。


※追記※
侵略のための集団化、武装化を認めないが自衛のそれは認めるという点で、
「墨子」の思想は喪男に合うかもなぁと感じ、最近勉強しています。
彼らの思想は芸術的なものに厳しい側面がありますが、中々面白いです。
単純に平等や平和を訴えるだけでなく、武力も併せ持って、
大国が小国を侵略しようとしている時に、武装集団を派遣して侵略を邪魔する
という彼らのスタイルには、色々と共感させられたりします。
私も喪男としての行き方、喪男としての人権を墨守したいと思います。
スポンサーサイト



集団・組織は必ず腐ります。
そこに男も女もDQNも喪男もないと思います。
【2007/02/06 02:51】 URL | イルカ #-[ 編集]
はじめまして群青と申します。
喪男道は以前から読ませていただいておりました。
今回、はじめてコメントいたします。

私は大学時代ニーチェを専攻していました。
もうほとんどをを忘れていますが。

本田氏のおっしゃるとおり「過度な」集団化は危険だと思います。それがますます喪男の首を絞めかねないかもしれません。

しかし今の時代、喪男が現実的に過度な集団化をすることはありえないでしょう。喪男というムーブメント自体がまだまだ小さいですし。
集団は確かに腐ります。しかし腐り方もいろいろあります。(ナチス、全共闘、各労組、etc)

集団化というよりも個人が孤立していたとしても、いくつかの同じベクトルを共有している状態が望ましいのではないかと思います。

こういう風に毒にも薬にもならない意見を持ちつつも、喪男ムーブメントが現実的に大きくなり、どんな結果を現実に刻みつけるのかと暗くわくわく想像したりもします。

ネット社会ゆえのunitedがあるのかもしれません。
If the 喪男s are united
わかりづらい文章で申し訳ありません。

これからもがんばってください。
【2007/02/06 03:31】 URL | 群青 #-[ 編集]
この本田透って人も毒電波発してますね。
色んな物事を、人目が引くような事に当てはめて本が売れるよ
うに工夫してますね。
ライターとしては大したもんです。

でも、歴史的事実からしてみればナチスについては、ドイツは統
一国家となるのが遅れたのと、とても貧しかったのも原因の一
つです。
30年戦争の時代、ドイツは宗教を発端とした戦争で30年に渡
って徹底的に破壊しつくされ、人口が60%以上も消滅したんで
す。
日本は、第2次大戦で失った人口は約6%くらいなんですね。
そして、ナポレオンとの戦いがあり、その後ようやく国内統一し
第一次世界大戦で敗北し、ヴェルサイユ条約のせいで過酷な
苦しみを経験したのが、ナチスの生まれる一因だったんですよ。
「国家萌え」などではないです。

ユンカーと呼ばれる貴族階級だって、一部の人間除けば、貧乏
でした。
屋敷は藁葺きで、小さい池がある。自慢出来る財産は石作りの
暖炉だけ。現金収入があまりにも少なくて、屋敷は売られてしま
うし、貴族の母親が男の子を商人の小僧にするか、軍人として
食っていくかくらいしか生きる道なかったんですよ。
後は農奴でした。だから共産主義のマルクス生まれてくるんで
すね。
ブラックラグーンの双子みたいな世界が日常だった不幸な歴史
あるんですよ。
軍隊だって、貧乏貴族の生計手段であり、特別の軍事教育を与
えて食わしてくれるのが国王の義務の一つだったくらいで。
【2007/02/10 17:06】 URL | ヴァン #-[ 編集]
あと、イケメンだって油断できません。
http://blog.livedoor.jp/parumo_zaeega/archives/11604353.html
http://x51.org/x/05/02/2501.php

油断すれば、悪い女にケツの毛まで毟られる時代です。
他にも、本田透って人はヤリチンもネットワーク持って
彼らなりに色々研究してるの知ってるんでしょうか?
http://nanpalife.com/
http://eedeai.blog51.fc2.com/
【2007/02/10 17:22】 URL | ヴァン #-[ 編集]
【2007/02/10 17:28】 URL | ヴァン #-[ 編集]
結局は、モテ側(強者側)にとって集団化、組織化なんてのは
私腹を肥やすための極日常の行為なんですよね。
当然ながら、それに対応する形で弱者も集団化せざるをえない。
部落解放運動、人種差別運動、労働組合、どれもうそうです。
集団化しないと、一方的に食われてしまいますからね。
まぁ、もっともそういった集団の中には、弱者特権をふりまわし、
節度を越えて、「横暴な強者」にまで成り下がった奴らもいますが。
モテ、喪男問わず、全体的な集団化組織化の解体を思考するなら兎も角、
ある一方に対してだけ、集団化の解体を訴えても、それは
「捕食者の餌食になれ」と自殺を訴えかけてるようなものですから。

結局は「さじ加減」の問題に帰結する話であり、
集団化、組織化そのものの否定というのは間違いだと考えます。
【2007/02/12 10:59】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。