ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


RSRさんから面白いニュースの報告が。


女子大生の性交体験率62パーセント
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20061111-115551.html
*****************************************************************
女子大学生の性交体験率が6年前より約10ポイント上昇して
62%に達し、横ばいの男子大学生とほぼ並んだことが11日、
「日本性教育協会」(東京都文京区)がまとめた全国調査で分かった。
大学生のキスや高校生の性交でも同様に男女差が縮まっている実態が判明。
学識者による調査委員会は「詳しい解析はこれからだが、1990年代以降の
性行動の低年齢化が、女子に担われている傾向がうかがえる」と話している。
協会は青少年の性行動などを約6年ごとに調査。
今回は昨年11月から今年3月にかけて、12都道府県の
中学、高校、大学(専門学校を含む)を対象に行い、
地域や学年などを考慮して計5510人分を分析した。
大学生の性交体験率は、74年の第一回調査の男子23%、
女子11%が、前回99年にはそれぞれ63パーセント、51パーセントに上昇。
今回は男子は63パーセントで変わらず、女子が62パーセントに急伸した。
高校生は女子が6ポイント伸びて30パーセントとなり、
前回と同じ27パーセントの男子を逆転した。
中学生は男女とも3-4パーセントでほぼ横ばい。
キス経験も女子の増加が目立ち、大学生では
前回の9ポイント差を埋めて男女同率の74パーセントに。
高校生は男子48パーセントに対して女子52パーセント
中学生は男子16パーセント対女子19パーセントで、
いずれも女子が男子を上回った。
調査委は「携帯電話のメールの頻度も女子が高い。情報化に適応して
異性との交際機会が増え、性行動も活発化しているのかもしれない」と分析している。
[2006年11月11日11時19分]

*****************************************************************



ここで注意しなければならないのは「童貞」と「処女」の非対称性でしょう。
現在過去を問わず、男性は「処女」に対しておおむね好意的な
イメージ(清純)を持ち、女性もそれを理解しています。
「処女膜再生手術」が年々増加傾向なのもそのせいでしょう。
逆に「童貞」というのは「欠陥人間」「キモオタ」などの
圧倒的な負のレッテルが強く、むしろ「恥ずべき事」となっています。
こういった「処女=清純」、「童貞=キモイ」というイメージがある以上、
「処女と嘘を付く女性」>「非処女と嘘を付く女性」
「非童貞と嘘をつく男性」>「童貞と嘘を付く男性」

こういった形となる場合が多いのでその点を考慮して
アンケート結果を受け止める必要があるでしょう。

女性の性体験率が上昇の一途を辿っているのに対し、
男性のそれが(非童貞と嘘を付く人が多いであろう上に)横ばいという事は
「一部のイケメン等が複数の女性と性行為に及んでいる」
恋愛の大部分はこういった形になっていることを示します。
実質的な「イケメンによるハーレム化」です。
これはこれで構わないのですが、現在の一夫一婦制と乖離します。
以前から何度も言っていますが、やはり「一夫多妻制」こそが、
こういった雌共を満足させ、なおかつ少子化も改善するための
唯一の方策であると思わざるをえないでしょう。
「性欲」よりも「道徳」を尊ぶ事が出来る人間は残念ながら少数派なのです。
そして世の中とは「多数派の幸福」を優先して紡がねばなりません。
スポンサーサイト



離婚とか一夫多妻制とか勝手にやってくれって感じですけど、それに伴う社会的損失をまじめな(社会道徳を守れる独身および既婚者)納税者の税金とかつかわんでくれよ。
一夫多妻制はまず㍉だから、婚期を逃した女性から遠ざかり幸せな老後を送りましょう。
【2006/11/12 22:16】 URL | 冷凍みかん #mQQEfdr.[ 編集]
>一夫多妻制はまず㍉

無理ではありません、女性たちが頑張ればきっと実現できますw
現にいままでいくつもの伝統や慣例を女性たちは
その手で破壊し続けて来たではありませんか?

イケメン夫を女性側が「共働き」で共有すると言う形なら
金銭的にも破綻はありませんし、ホリエモンが囲うなら言うに及ばず。
「社会道徳」という点での問題さえ解決できれば可能でしょう。
そして「社会道徳」を破壊するのは女性の十八番ですからね。
【2006/11/12 23:10】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
そしてもう一つ、一夫多妻制という制度を施行すれば
「女性の本性」が男性側から可視化できるという点です。

現在は上辺だけは一夫一婦という形をとっているため、
「優れた一部のオスに女性は恥も外聞もなく群がっている」という
実態が隠されがちであり、それ故に幻想を抱いて
より不幸へと堕ちていく男性が無視できないほどに存在します。
そういった男性に「女性の本質」を見えるようにしてやれば
「分相応な生き方(喪男としての生き方)」をしてくれると思うのです。
【2006/11/12 23:14】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
> 「処女と嘘を付く女性」>「非処女と嘘を付く女性」
> 「非童貞と嘘をつく男性」>「童貞と嘘を付く男性」

コレに関しては夏の葬列11/12からのコピペ(まぁ夏葬もコピペだから実際はコピペのコピペ)が的確に物語っている。

++++++++++++++++++++

>男は見栄を張るから、本当はもっと少ない。
>女を嘘をつくから、本当はもっと多い。

++++++++++++++++++++
【2006/11/13 00:28】 URL | #mQop/nM.[ 編集]
実際はこうかな?
男の非童貞率
「本当にやった」+「実は嘘でーす」+「風俗のみ経験あり」
となり、女との差は益々開き、イケメンに集中説はさらに信憑性をますのでありましたとさ。めでたくなし、めでたくなし。

>一夫多妻はまず㍉

大変不敬な話で恐縮ですが、皇室における側室制度復活はいかがでしょうか。側室制度復活となれば国民の一夫多妻制度への心理的障壁は一気に崩れるでしょう。ついでに皇室の男系男子存続にも一役買えるかも。
宮様方が良しとしなければそれまでですが。

あと、一夫多妻制には、姦通罪の復活もお忘れなく。



【2006/11/13 18:38】 URL | めかちゅーん #-[ 編集]
皆さん、こんばんは。
童貞と処女、私にとってはどちらも大切です。
主人と私は結婚して4年過ぎても童貞と処女ですよ。
貞操は何よりも何よりも大事ですからね。
私が交際した男性で、婚前交渉を求めなかった人は主人だけ。
その真面目さに惹かれました。
一生貞操を守りたいという私の気持ちを結婚前に理解してくれた優しい主人には、とても感謝しています。
でも、このまま主人の優しさに甘えていてはいけませんよね。
何とかセックス嫌悪症を治したいです。


【2006/11/14 00:36】 URL | し~ #-[ 編集]
し~さん
そのまま童貞と処女の関係で良いではありませんか。
絶対に無くしてはいけません。
無くした所で人生が変るとは限りませんし。
私もそう言う恋愛は良いと思います。
でも私がそうすると純情喪男ではなくなるのでしませんけど。
せめてここにコメントしてる人が全員童貞や処女なら言う事無しなのですが。
【2006/11/14 00:49】 URL | 純情喪男 #-[ 編集]
一夫多妻制が実現すれば皇室の男系維持も簡単なんですけどね・・・
でも、フェミニストはほとんどが朝日系だから矛盾が生じてしまう。
一般は良し、皇室はダメじゃ意味無いしね。
両方良しで万事OK
【2006/11/15 19:11】 URL | 冷凍みかん #-[ 編集]
純情喪男様 

夫婦の場合、生殖のユニットという側面もありますので
単純に「いいではありませんか」とは言えんと思います。

小生は子供を持たない夫婦もアリだと思っておりますが
し~さんと配偶者さんが子供を望んでいるのであれば
『克服せねばならん課題』となると思います。
【2006/11/15 19:30】 URL | 通りすがり #QMnOeBKU[ 編集]
純情喪男さん、通りすがり さん、レスありがとうございます。
貞操は何より大事ですが、結婚してからも貞操にこだわっている私は異常なんでしょうね。
因みに、私達は子供がいなくてもいいと思っています。
幸い、主人の家族や私の家族など、周囲は理解してくれています。

男女共に一番大切な事は、婚前交渉をしない事ではないでしょうか。
結婚前に童貞と処女は当たり前だと思います。
【2006/11/15 20:15】 URL | し~ #-[ 編集]
通りすがりさん、し~さん
私には何の縁も無い話ですのでそう言う事を書いてしまったのですが結婚してたらそう言う事考えるのが普通ですよね。
私は今迄女と言う生き物と関った事が皆無に等しいのでそう言う問題には全くの無縁だと確信してました。
ちなみに通りすがりさんは童貞ですか?
私は喪男中の喪男だと言う自信があります。
【2006/11/16 01:17】 URL | 純情喪男 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。