ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はてな系喪男?サイトの一部で時々以下のような論旨を見かけます。

「喪男と女性が敵対するのはお互いの誤解が呼んだ不幸」
「DQNに萌えを教えれば、凶暴性を消す事が出来る」

上記の論旨に共通する観念を探っていくと、とどのつまりは
「DQN(或いは女性)と喪男の違いをキチンと考察し理解してあげよう」
こういう話になると思うのですが・・・実に胡散臭い
確かに「攻撃パターンを熟知する」「懐柔手法、手練手管を熟知する」などの
自衛のために相手の戦略を看破しようとするのは大切です。
そういった意味での理解(というか分析)は必要ですし、
実際に喪男道でもその手の記事は幾らでも書いています。
ですが我々が考えるべきはそこまでで十分。

そこから先・・・彼らがなぜDQNになったのか?
女性はどうして喪男をイジメるに至るのか?
なぜ女性はそういった行動に駆られるのか?

そういった敵側の(我々にとって不利益をもたらす)
行動のバックボーンに対してまで考慮をしてやる必要はないだろうと。
仮に彼らに何らかの「可哀そうな事情」があったとして、
それ故に我々をイジメてしまうのだとしても、
そんな事はイジメられる側の我々にとって歯糞ほどの価値も無い
奴らが我々を攻撃するという事実。
そして我々は自力でそれを防衛するしかないという現実。
これら「今、目の前にある直面した問題」から身を護る事こそが重要で、
その防衛戦の結果、仮に相手側が精神的或いは肉体的に
再起不能なほど傷ついたとしてもそんな事はどうだっていい。
私は私を護る事が最も大切で、侵略者を返り討ちにして殺したところで
そんな事に心を痛める余裕は無いし、そんな甘さも持ち合わせていない。
そもそも他人の人権に侵略してきた方が悪いんだから。

そして何より、相互理解したところで争いが無くなる訳が無い
争いが起こる原因とは、大半が「利害の不一致」によるものです。
例えば我々が「なぜ女性はキモメンをイジメるのか?」という理由を探り、
「キモメンのような劣悪な遺伝子を持つ雄と仲良くなって
交尾に至り、劣悪な子供を身篭ってしまうと、子育てのリスクを
負っている女性側としては恐怖を本能的に抱いてしまうから」

という原因を理解したとします。
これは本能的な要素ですから、当人に責任は無いと言えば無い。
ある意味で「本能的欲求に縛られている可哀そうな人」とも言えます。
だが、だからと言って攻撃を仕掛けてくることが容認できるだろうか?
そんなこと、出来るわけが無い!!
殴られれば殴り返したくなるし、悪口を言われれば言い返したい。
それが極普通の、極正常な神経なのです。

同じような事は相手側にも成り立つでしょう。
我々喪男がその醜い容姿のせいで、女性から酷い虐待を受けて
心身ともに傷ついてしまったという「可哀そうな過去」を持つ故に
性モラルや恋愛モラルに厳しくなり、女性を煩く糾弾してしまう。
仮に女性がこれを理解したところで、
「じゃあ、自身の性モラルを戒めよう」
「じゃあ、甘んじて糾弾を受け入れよう」
等と思うだろうか?
絶対に思うわけが無い!!
なぜなら、そう思ってしまったら自分が損をするから。
喪男のバックボーンに同情し、その正当性を認めたならイケメンと
浮気する事も出来なくなるし、アッシーメッシーを持つ事も出来なくなる。
自分自身の行動を「悪業」と認めなければならなくなる。
大抵の人間は相手の「可哀そうなバックボーン」に気が付いても、
相手の意見に含まれる「幾つかの正当性」に気が付いても、
それが自身の既得権益や尊厳を奪うものであるならば絶対に認めない。
何よりも誰よりも、自身の利得が奪われる事が嫌だから。。

だから、自分と利害が不一致する人間の考えや立場を
敢えて理解しないように目を瞑るし、仮に理解したとしても
理解していないように振舞う人々は少なくない。
そういった「確信犯達の自己正当化演技」を見て、
「ああ、彼らは相互理解できてないから誤解してるから争うんだ」
そう思うのはあまりに軽率すぎるのではないかと。


注目すべきは自身の利益不利益と、相手側の利益不利益、
そして相手側が我々に対してどういった行動を取り、
その行動が自身にどういった影響を及ぼすのか?
その影響に対して自身は協調を取るべきか、敵対をとるべきか?
どちらが「満足できる結果」を導き出せるのか?
ただそれだけを考えれば良いだけなんじゃないかと思うのです。
それ以上の理解は、自分の首を絞めるだけじゃないかなと。

ライオンは何も考えずにシマウマを殺して食うだけですし、
シマウマはライオンを蹴り殺す事か、逃げる事しか考えない。
シマウマがどんな生き方をして、何に笑い、何に悲しんでいるか?
そんな事はライオンにとってどうでも良いし、知ったところで
シマウマを食う事を止めるわけにはいかない(自分が餓死してしまう)
それはシマウマも同じ事でしょう。
仮にライオンがどんな事情を抱えていようが、黙って食われるわけにはいかない。
必要とあれば彼等をただ無感情に冷徹に蹴り殺すだけなのです。

もしも、ライオンの気持ちにシマウマが共感してしまったら・・・
そのシマウマはライオンに食い殺され、クソとしてヒリ出されて終わり

ま、こんな事はわざわざ記事にして掘り下げなくても
イスラエルのレバノン侵攻等を見れば簡単に理解できるでしょう。
スポンサーサイト



どういう訳か喜ばしいことに私の同期は約半分近くが喪男ではないのかと確信を持っていえます。

実際に彼らと話し、あるいは彼らから話しかけられ、どうも半数近くが喪男であると推定できました。

一人強い意志を持って喪男ジェダイ派に近い道を歩む頼もしい同士がいたものの、喪男のほとんどは鯛男まじりで護心を完成しきれていないもようです。かれらも早く気付けば良いんですけどね。私はただ見てることしかできないです。自分の道は自分で決めるものですから。


覚悟さん、熱い記事をありがとうございます。
【2006/08/07 22:42】 URL | 古巨人 #-[ 編集]
キモイと思うのは自由だけど、それと相手を攻撃する事は違うだろってこと。
以前覚悟氏が言ってた「保身・欲のための嘘」はあっても、自身と相手の尊厳を守るための「嘘」である「礼儀」がないってのはどういうことよ?
(まあそのキモイの基準すら、私には理解不能だけどさ)

>それが自身の既得権益や尊厳を奪うものであるならば絶対に認めない。
>何よりも誰よりも、自身の利得が奪われる事が嫌だから。。
こんなところに「尊厳」入れんで下さい。
無関係の人間を、容れ物だけで無意味に攻撃する輩に尊厳なんてないよ。自分からそれを貶めてるんだから。
【2006/08/08 17:56】 URL | DDT #t50BOgd.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。