ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本日、喪男道主催「水子供養OFF会」を上野の両大師(開山堂)で行いました。
hirasaka氏めかちゅーん氏古巨人氏太田氏、そして私の計5名にて、
お地蔵様および周辺の掃き掃除、水拭き等を行い綺麗にしました。
そして各自が持参したお気に入りのお菓子やお線香をお供えして、
最後はめかちゅーん氏の読経と全員での黙祷にて終了。

地蔵様


古巨人氏と太田氏は丁寧な水拭きを、めかちゅーん氏は難解な読経を、
hirasaka氏は掃き掃除および水汲み等を・・・と
蒸し暑く小雨も振る中で汗だくになりながら皆様一生懸命に
水子供養を頑張ってくれたことに深く感謝致します。

(こういう事を一生懸命に出来るのが喪男の良い所!!)
水子供養が終わった後は上野駅近くのレストランにて食事をしながら、
各々喪男話に華を咲かせて、最後は古巨人さんのリクエストにより
カラオケにて盛り上がって二次会、三次会も終了となりました。
(太田氏は都合により2次会にて残念ながら退席)


※追記1※
以前にも言いましたが、所詮供養などをしたところで何の意味もありません。
死んだ人間は泣きも、苦しみも悲しみもしませんから。
殺した時点で如何なる供養も救いには成らないし、赦しにも成らない。
供養は今生きている人間が悲しみを誤魔化す為、
今生きている己を省みて、引き締めるためにするもの。
当然、物質的な利益など発生しませんし、それによって
名誉や賞賛を貰う事も無く、それどころか殆どの人間
(特にクソ女共)からはキモがられるだけ。
一部の喪男から尊敬を受けるかも知れませんが・・・
ですが、そういった「明らかに無駄」という事を覚悟して
その上で敢えて時間を割いて集まり、懸命に供養する。
こういった「無駄」に労力を割く事が出来る愚かさこそが
喪男らしさであり、我々らしさなのだと思うのです。
私は誰に馬鹿にされようが、誰にキモがられようが
この愚かさを絶対に捨てない事を己のプライドに誓います。



※追記2※
三次会のカラオケはなかなかに壮観なモノでしたw
古巨人さんの残酷な天使のテーゼを皮切りに、
hirasakaさんのダイナマンが爆発し
私の「君と出"アーッ"ってから~」がウホッな空気を醸し
最後はめかちゅーん氏の宇宙船サジタリウスで〆。
最初から最後まで極めて喪度の高いOFF会でしたw
スポンサーサイト



覚悟さん、幹事お疲れ様でした。

初のオフ会でしたが、初対面の方々とあそこまで楽しめるとは思いませんでした。モテどもは浜で戯れて居る中、水子を作り出すこととは無縁の我々が供養するわけですが、我々は我々の道を行こうという強固な意志がさらに固まるオフ会でした。

「心のきれいな人ほど恋愛はしない」
私の少し偏見に満ちた意見ですが、私は揺らぎかけたときこの言葉を思っています。

強固な護心を完成させ、更なる高みへ踏み出せるように・・・
【2006/07/29 21:39】 URL | 古巨人 #-[ 編集]
オフ会お疲れ様でした。

私から追記すると、めかちゅーんさんは
雑巾で拭き掃除もやってましたね。
幹事の覚悟さんは写真(画像)で言うと白っぽい部分の
掃き掃除をしており、土ぼこりと格闘していましたね。
たまにはああいう汗かいての作業、行事は良いですね。

カラオケも楽しかったです。
ダイナマンを歌って喜んでもらえたカラオケは始めてでした(笑
皆さん色々な売りを持っていて驚きです。

また次回がありましたら、是非参加するので宜しくお願いします。
それでは。
【2006/07/29 21:42】 URL | hirasaka #mQop/nM.[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/29 22:35】 | #[ 編集]
私も初のオフ会だったので内心ビビっていたのですが、気さくに接してくれてうれしかったです。
カラオケ盛り上がったみたいですね。うーん、出れなくてちょっと残念でした。
でも、写真を見ると頑張ってキレイにして、お供え物もいっぱいあげて、なんか「やったな」と達成感が感じられますね。
【2006/07/30 00:05】 URL | 太田卓男 #9L.cY0cg[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/30 00:19】 | #[ 編集]
暑いさなかお疲れ様でした。無事ご供養を終えられたようでなによりです。
私は旦那の貴重な有給に、慰安旅行じゃなく供養に佐渡島に行きたいと申し出たところ、快く応じてもらえたので、後日行く予定です(お盆とはズレちゃいますが)。
【2006/07/31 08:45】 URL | DDT #t50BOgd.[ 編集]
幹事の覚悟さん、参加者の皆さん、おつかれさまでした。
ひと夏のアバンチュールなぞどこ吹く風、とばかりの良い供養だったのではないでしょうか。
とにかく、いくらモテても外道であっては人としては至極低レベルです。正道を歩み「喪」を通しましょう。

hirasakaさん。追記の件、ありがとうございます。
【2006/07/31 17:46】 URL | めかちゅーん #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。