ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先日テレビ東京で「関口宏の“人口減少時代”」を視聴しました。
文字通り少子化や非婚化を題材とした討論番組なのですが・・・
女性ゲストには西川史子、飯島愛といったバブル女を象徴
するような面子が集まってなかなかに面白かったです。
個人的に注目した点を幾つか・・・

女性が弱者男性(ブサメン貧乏人)を忌避し、イケメンや金持ち(その他強者)に
一極集中している傾向は森永卓郎、大竹まこと、勝谷誠彦といった男性陣の
殆どが指摘し、また女性側(西川、飯島)もそういった空気を認めていた。
更に言えば女性側はそういった空気に対して非常に肯定的な発言をしている。
「何で弱い男なんかと結婚しなくちゃならないの?(飯島)」
「(森永氏の顔だったら)年収一億以上はないとダメ(西川)」


女性側(西川、飯島)は恋愛をチラつかせて、男性から搾取する行為に肯定的。
森永氏の「例えばブサメンは女性がコンサートに行きたいといったら、
一生懸命チケットを取って、女性を車で会場まで送って、コンサートが終わるまで
外で待っててあげて、そういう事を繰り返しても最後は捨てられちゃうんですよ!!」
という発言に対して以下のような回答を真顔で返していた。
「女性に優しくしてあげれば捨てられても時々思い出してもらえるからw(飯島)」

女性側(西川、飯島)は一夫多妻制に肯定的であった。
「お金のあるかっこいい男性が子供を沢山作ればいいんですよね(西川)」
ちなみにこれに対する勝谷氏の回答は
「その通り、一夫多妻制を解禁すれば少子化問題は解決される!!」
そして、この考えに異論を唱えたのは男性である森永卓郎氏だけで、
女性は一切の否定的発言をとらなかった。



まあ喪男にとってみれば当たり前の内容ですね。
西川、飯島両名の発言は確かに慇懃無礼で不愉快ですが、誤解してはいけない。
彼女達は女性として非常に正直者であるという事です。
彼女達と世間の一般的女性の違いとはその醜い考えを腹の中に隠して
奇麗事を吐いているのか、或いは躊躇無く口に出してしまうかの違いでしかない。

そして喪男という恋愛弱者的立場からすれば、本当に害悪なのは
西川、飯島のような正直な毒吐き女ではなく、
上っ面の奇麗事を吐き出す蛇女です。
例として、非モテオタのkagami氏の発言をご覧下さい。

■現代日本における恋愛観 -恐怖と絶望
***************************************************************
若い女性代表として出演していた西川史子氏という女性の方の
発言が、凄く強烈で、これが女性なら、私は永遠にエロゲと
アニメの女性と付き合うことで良いと思ったよ…恐ろしかったorz

***************************************************************


この発言、一見すると西川の発言によって心を傷つけられたように
見えるでしょうが、裏を返せば「やっと女性に諦めがついた」のです。
そう、本心からの毒を吐きかけてもらうことによって、
自分が(現実での)恋愛ステージでは幸福を得られない
人間である事をやっとこさ確信する事が出来たのです。
これはとても幸福な事です。
鯛男(もてたい男)と喪男(恋愛放棄)、どちらの道を歩めばよいのかと
悶々として苦しんでいた一人の男が西川の一撃で未練を断ち切る事が出来た。
そう考えれば、西川はkagami氏の人生を救ったとも言えるのです。
これがもし、中途半端に恋愛に幻想を抱かせるような腐った発言だったら
恋愛という泥沼に足を取られ、多大な金銭と時間を無駄にしたかもしれない。

最近は、電車男に端を発してか「キモイ男性に辛く当たるのは悪」という
バブル期に反した気風を(男性側が)女性に求めているフシがあるでしょう。
私も喪男道を始めた頃は「少なくとも敬意を払った態度を取るべき」
考えていましたが、最近になってそれは間違いであったと考えます。
寧ろ女性には「これでもか」とキモメンに冷たく当たってもらうべきだと。
キモメンを露骨に差別し、露骨に避け、露骨に侮蔑する。
その北風こそがキモメンから惑いを取り除き、強化外骨格を纏わせ
気高くたくましい喪男へと成長させてくれるのです。

ただし、ここで注意して頂きたいのは私は何もこういった
侮蔑に対して無抵抗でいようとは微塵も思ってないことです。
こういった侮蔑を受けたなら、我々も思う存分に反撃すれば良い。
ただし、その反撃は「理不尽な侮蔑を止めるべき」等という
お上品な正論である必要は無い。

「メスブタ、あまり煩いと目玉をくり抜くぞ!!」

こういった罵倒で十分なのだと考えます。
なぜなら彼女らが仮に侮蔑を是正してしまっては困るからです。
本音が変わらず、上っ面だけソフトにされては惑わされるキモメンが増える。
そういった事態を避けるため「要求を提示しないクソの掛け合い」が適しているかと。
こういった適度な敵対、憎しみあいはエネルギーをも生み出し
それらが日々の仕事や創作を支える糧(人生の糧)ともなっています。
仮に自分が死んだときに、悲しむ人間よりもプギャーと笑う奴ら(敵対者)
の方が多いと考えると絶対に死にたくなくなりますからねw
和解せず、妥協せず、理解を求めず、ただ叩き合う。
侮蔑によって惑いを消し去れるし、反撃によって自尊心も満たされるし、
怒りによってエネルギーも沸くし、自らの行動を律する事にも繋がる。
結局、我々が救われるには理解してくれる女性よりも露骨な悪が必要なのです。
我々はその事を理解し、決して悪を滅ぼそうとしてはいけない。
無理に滅ぼそうとして、悪が潜伏化してしまう事だけは避けねばならない。
悪は常に可視化され、我々に見える形で存在してもらわないと困るのです。
もちろん悪が蔓延りすぎても問題ですが、彼等を潜伏化させてしまう事は
我々が我々で無くなってしまう危険も孕んでいる事を認識すべきでしょう。
だから悪を「生かさず殺さず」の状態に於いてそれを憎み続ける事により、
日々のエネルギーを適切に補給し続ける事が大切なのだと考えます。

つまり、我々喪男は現時点で既に救われていると言えるでしょう。
喪男仲間でつるんで、馬鹿にしてくる女や中絶女を叩いて遊び、
馬鹿にされる怒りをエネルギーに変換して仕事を頑張ったり、趣味を頑張ったり。
そうやって手に入れたお金で美味しい物を食べたりエロゲーを買ったりしてるんです。
寂しいときには友と語らい、ネコやワンコと触れ合って心を癒し、
チンコが猛り狂ったときはエロゲーで鎮める。
我々にはこれ以上求めるものなんて無い筈なのです。
もしもそれでも満たされないと言う人は、恐らく幸福というものを勘違いしている。
「心全てが満月の如く満ち足りた気持ちにあふれて全能感に浸る」
幸福と言うものをこんなものだと勘違いしていないでしょうか?
だとしたら、それは大きな間違いです。
そんな感情が心に訪れるのはおそらく「死の直前」だけでしょう。
たとえ不満感があろうとも、逼迫した状況が無く
のほほんとして居られる状況こそが既に幸福な状況なのです。
今ある幸福を認識できず、隣の芝生に目をやってしまった人間が
地獄への一歩を踏み出してしまうのはよくある事ですからね。



※追記※
悪が必要とは書きましたが、例えば身勝手な中絶をする鬼畜や
性病を撒き散らす国賊などは出来る限り殲滅した方が好ましいでしょうね。
(実際に人生を台無しにされる犠牲者が生まれるので洒落にならない)
つまるところ喪男にとってどんな性格の女性が好ましいかと言うと、

1、キモメンに厳しく、イケメンや金持ちに女が殺到する事を当然と公言し
  「弱い男を嫌って何が悪い!!」と悪びれもしない。
  奇麗事で自らの精神まで着飾る事を極端に嫌う。

2、ただし性病や中絶、浮気などの性モラル違反行動に対しては厳しく
  そういった事を行う人間には同性異性関係無く非常に辛辣。

3、家事育児などの「母親としての責務」に対して非常に真摯な態度を取る。
  イケメンや金持ちを夫に持つ事を強く望みながらも、家に入ったからには
  妻として母としての責務を十二分に果たさねばならないと思っている。


こういった価値観を持った女性こそが、喪男にとってあり難く、
なおかつ尊敬できる最良の女性であると私は考えます。
ま、平たくいいますと「細木数子」こそが我々の理想なのです。
(どーも細木数子には私生活で黒い噂がある人物らしいので、
あくまでテレビ上での細木数子を指していると考えて下さい)
スポンサーサイト



このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/23 20:13】 | #[ 編集]
サラっと読んだ印象では 「悪」というより「敵」が必要というのが、主張ではないかと感じました。

記事の感想と別に番組の雑感を雑然と...

西川女史って、'71年の生まれだから、もうすでに「若くは無い」世代だよな。
私立医大通うくらいには富裕層の出でバブル期に20歳前後だから、
感覚が一般層とズレててもフシギが無い。
出自がアレだからあのキャラで売れるんだろう。

男の「並」基準と女が男に突きつけてる「並」基準の格差が
バブル以降の結婚難の特徴のひとつで
若年層の経済的基盤弱体化でより深刻になっている。

モリタク師の世代には「ごく若いころからの恋愛放棄」ってのがピンとこないんだと思う。
40代前半の小生にもあまりよくわからん。
30前後の鯛の頃には結婚情報サービスその他で大枚の浪費をしたこともある。
【2006/07/23 21:32】 URL | ポチ朗 #YG9ONXHE[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/23 21:40】 | #[ 編集]

>若い女性代表として出演していた西川史子氏という女性の方の
>発言が、凄く強烈で、これが女性なら、私は永遠にエロゲと
>アニメの女性と付き合うことで良いと思ったよ…恐ろしかったorz

西川・飯島の発言がすべての女性に当てはまるとは思えませんが
(あれは極端すぎw)
多かれ少なかれ、今の生活レベル落としてまで結婚したくない、
と思っている方は多いかもしれませんね。


それから個人的には、以下の3点に加えて、

>1.キモメンに厳しく、イケメンや金持ちに女が殺到する事を当然と公言し
>「弱い男を嫌って何が悪い!!」と悪びれもしない。
>奇麗事で自らの精神まで着飾る事を極端に嫌う。
>2.ただし性病や中絶、浮気などの性モラル違反行動に対しては厳しく
>そういった事を行う人間には同性異性関係無く非常に辛辣。
>3.家事育児などの「母親としての責務」に対して非常に真摯な態度を取る。
>イケメンや金持ちを夫に持つ事を強く望みながらも、家に入ったからには
>妻として母としての責務を十二分に果たさねばならないと思っている。


>女性側(西川、飯島)は恋愛をチラつかせて、男性から搾取する行為に肯定的。
→きっぱり断る女でなきゃダメですねw。

きっぱり叩いて断ってくれる女のほうが、
恋愛は全く期待しちゃいないがたまには食事おごろうかな、
とかって、こっちも気前よくなれるところある。
【2006/07/23 23:24】 URL | ティーナ #wZCIoUmc[ 編集]
放送見逃したので、kagami氏のブログでの判断ですが、
めでたく?一夫多妻の世の中になってもこういう女性は
子供を欲しがるんでしょうか?
【2006/07/23 23:32】 URL | タコスケ #-[ 編集]
大奥状態になり子供は欲しいという状態にはなるだろうね。
その結果に大奥同様、刑事事件に発展しそうだけどw

ライバルやガキは殺され、イケメン金持ちの会社はトップ不振で倒産になるかもな。

【2006/07/24 00:18】 URL | #-[ 編集]
4.仮にイケメン・金持ちを追い続けた結果売れ残っても、「良い男が減ったから」等、男のせいにしない。

この項目が欲しいですねぇ。個人的に。
言いたい放題、やりたい放題の事をやって売れ残った結果
「良い男が減ったから」「男が弱くなったから」「男にワイルド
さが足りなくなった」etc.責任転嫁する勘違い女が多すぎなので…
【2006/07/24 00:19】 URL | WATA #3/VKSDZ2[ 編集]
個人的には自分(もしくは喪男)を放っておいてくれる女性
ならあとはどうでも良いですねw

自分達の責任をこっちに押し付けてくるようなカスには
容赦しませんが。
【2006/07/24 00:31】 URL | #-[ 編集]
>お金のあるかっこいい男性が子供を沢山作ればいい
そんな香具師が何人居るのやら。
そして社会が(メスブタどもが生きてるうちに)
崩壊しない為には果たしてイケメン金持ちさんは
一人頭何人の子供を作らなきゃいけないのかな?
一夫多妻に賛成してるメスブタチャン達は分かってるのかな
そして、最も重要なのは「やり捨て御免」のイケメンさん達が
自分たちに不利な一夫多妻を飲むと思っているのかな?
飯島や西川は分かって言ってるのか聞いてみたい。
【2006/07/24 05:33】 URL | 和泉 #-[ 編集]
 ああいうのは、女性として素直なのではなく、人間として下劣ではないかと思います。
 あんなメスザルを、どうして自分と同じ程度の人間と思うのでしょうか?
 こういっちゃ悪いですが、あんなメスザルに比べれば、風俗の売れっ子ネーサンのほうが上っ面でも整えているだけましですよ。
 というか、上っ面というか、建前の意味もわからない程度の低い女の数はたぶん増えているのでしょうが、それは女じゃなくてメスザルです。間違えてはいけません。
 
 そもそもイケメンに殺到するメスは、女として程度が低いと思います。
 顔に拘らないというのは、綺麗事ではなくて、世間知や対人観察力、その人の知性、コンプレックスからの解放を表わす良い指標だと思いますが?

 綺麗事は、自分の身を守るためにもあるんです。
 例えば「男は顔よ」と公言する女に、「てめえの不細工な顔を男の顔で隠すためか?」と返せば、身も蓋もなくなります。本音の救いの無さです。
 そう言うところを世間知や知性から演繹や想像できない人間は、人間ではなくサルです。
 ましてや弱い男は死ねなどと公言する女は、ブスババアになったら自分もゴミであることに同意しているも同然と思います。そういう想像力が無く、単に自分の近視眼的な価値観を素直に出す女が、喪男に良いとも思いません。

 建前や綺麗事は、確かに人を苦しめますけど、本音だらけにしてしまうと余計に苦しいですよ。
 そういうことを考えたり経験したりする知性や人生経験も無く、そして言葉が与える影響も省みない下劣さというか、人としての未成熟さを素直だと賞賛してはいけないと思います。それはサルの行動です。
 
 まあ、女の綺麗事には泣かされるのですがね。
【2006/07/24 05:58】 URL | エイプハンター #JalddpaA[ 編集]
>エイプハンターさん
建前が必要な場面があるのは理解しますが、生涯連れ添う伴侶を探す場合には、
立派な建前よりも、受け入れられる本音のほうが大事だと思いますよ。
あと、見苦しい本音を言ってくれるほうが、
恋愛放棄派にとっては自身の肯定に繋がり、遠慮なく恋愛放棄出来ますし、
鯛男にとっては努力すべき方向がわかりやすくなっていいのではないでしょうか?

余談ですが、人が仲間を騙すために言葉を使うのなら、
弱肉強食の世界でも、自分の仲間なら助け合える動物のほうがマシですよ。
【2006/07/24 08:52】 URL | 武士道精神 #-[ 編集]
大変共感できます。

女が長い間、隠し通してきた自らの醜態を正しく認識し、
恋愛市場から撤退することを決断することが喪男の王道です。

その際、大切なのは「女の本心は本当に醜いかどうか」を証明することです。
その証明ができなければ、撤退すべきかどうかの合理的な判断はできません。
今回の西川らの発言は、いわば「自白」です。これは女という生き物を正しく認識するための最有力な証拠となりえます。

そういう意味では、[見苦しい本音を言ってくれる女]は貴重な存在です。
覚悟さんはそういう意味で、好ましい女性だといっているんだと思います。

エイプハンターさん、やつらは醜いですが、

だからこそ、

我々は恋愛放棄が正しいことを確信して生きてゆけるのです。
【2006/07/24 13:28】 URL | 陸王 #-[ 編集]
男も
「なんでお前みたいなブスと結婚しなくちゃいけねーんだよ!」
と、言える世の中になればいい。
【2006/07/24 19:55】 URL | #-[ 編集]
武士道精神さん
 本当に伴侶には本音の方が大事だと思いますか?
 ならば、亭主元気で留守が良いとか
 濡れ落ち葉とかを許容しなければなりませんよ。あれは、身も蓋もない本音ですから。

 そうではなく、二人で夫婦や恋人としての建前をきっちりたてないからこそ、安易な猿のような結婚や恋愛がのさばると思いますよ。
 本音なんか好き放題にSEXしたい、金が欲しい、楽が良い、ちやほやされたいって、それしかないでしょ?
 だけどそう言うものに安易に流されず、自分の役割をきちっと果たして、互いに尊重する、これは必要ですけど建前でしょ?
 夫婦が互いを理解し合うのは本音だけじゃないです。
 相手の建前と本音と生き方を複眼的重層的に理解することが、夫婦の理解だと思いますよ。

 どうも本音を話す=本音が大事=本音を話す奴は信用できるという根拠のないものを信じておられるようだが、
 あのHIVばらまき生物兵器女も本音で生きていましたけど、あの本音を許容できますか? あたしHIVだけどもっともっとSEXしたいっていう危険な本音ですけどね。

 人は、嘘をつくからこそ殺し合わずに生きていけるのですよ。優しい嘘や必要な嘘、言うべきではない本音というものを理解しないものは、動物です。猿です。
 通りすがりの男にキモイなんて声に出す女に、言われた男が本音で行動したらどうなるか?
 そういう想像力がないからこそ、僕はそういう女達を猿と罵っています。
 本音を言うリスク知らず、強さも実績も無い癖に、なにか自分の本音が尊いものとでも思っているかのように勘違いしている。とんだ夜郎自大だと思いますよ。
 そう言う奴に限って、こっちが本音を言うといっちょまえに傷ついて、怒ったり泣いたりする。
 未熟な自我をまき散らすことを本音で話すと勘違いして、自分は正直者で正しいとふんぞり返りますね。
 単に、上手に嘘もつけない猿なだけです。
 そして女の嘘が雑になって、下手くそな化粧のように僕たちをげんなりさせているのが、現代でしょう?

 もう一つ、猿に近づかない事を恋愛放棄などと威張らない方が良い。メスザルとやるのは恋愛じゃなくて、単なる本能による求愛行動です。動物がやっている「それ」ですよ。
 より動物に近づいた方が求愛行動はうまくいくんだからDQNがもてるのは当たり前。でもそれは恋愛じゃなくて、本能に基づく行動に過ぎないでしょ。
 それでも求愛行動していると金も使うし子供もできるから、企業と国が恋愛であることにして良い物にしているだけですよ。

 本当の恋愛ってのは、一種の精神異常ですよ。放棄もなにも無い、呪いの一種です。ほんとうにどうしようもない。
 たいてい、悲しみと苦しみしかない。そういったものです。
 だからDQNの求愛行動を真似しないことを恋愛放棄なんていきがっていてはいけません。そんなのあたりまえ。
 恋愛放棄で自分を肯定するのではなく、本当に突き詰めて自分がやりたいこと、やらねばならないことを考えることが重要ですよ。
 そのためには周囲のどうでもいい連中なんかには適当に嘘をついて、彼らのみたいものをみせてやって、自分は自分のやりたいことをやる。
 猿がウッキーっとやってきて、そんな連中に本気になって理解を求める方が馬鹿でしょう?
 猿には猿への対応が、人には人への対応があります。 
 
 人間は平等じゃなくて、SEXと食うことと買うことしかできない猿並みの連中がごまんといます。
 そういう猿の惑星の中に僕たちはいるんだということをちっとは自覚した方がいいですよ。
 そういう猿たちをろくに騙せないのも、やっぱり人ではなく猿ですよ。
 あなたは人でいたいですか? 猿になりたいですか?
【2006/07/24 20:46】 URL | エイプハンター #JalddpaA[ 編集]
エイプハンターさんは女に対して猿に例えてますが、
猿でも子育てはしますし、猿の世界は強さによる順位が第一です。
女の場合、子育てが出来ない所か殺しますし、猿と違い強さだけでは判断しません。
よって、比較の対象に対し比較の方法が不適切と思います。

>ならば、亭主元気で留守が良いとか
>濡れ落ち葉とかを許容しなければなりませんよ。あれは、身も蓋もない本音ですから。
に関しては、多かれ少なかれ女の本音だとは思いますが、
女全ての本音と断言出来る根拠がありません。
よって、許容出来る本音を持つ女を探せばいいだけの話です。

>本音なんか好き放題にSEXしたい、金が欲しい、楽が良い、ちやほやされたいって、それしかないでしょ?
それしかないとは断言出来ません。
しかし、身内であろうが他人であろうが、人に迷惑を掛けずに出来る人ならすればいいと思いますよ。

>だけどそう言うものに安易に流されず、自分の役割をきちっと果たして、互いに尊重する、これは必要ですけど建前でしょ?
建前で終わる人と本音で言える(実行できる)人もいると思いますよ。断言は出来ませんが。

>どうも本音を話す=本音が大事=本音を話す奴は信用できるという根拠のないものを信じておられるようだが、
>あのHIVばらまき生物兵器女も本音で生きていましたけど、あの本音を許容できますか? あたしHIVだけどもっともっとSEXしたいっていう危険な本音ですけどね。
生涯の伴侶として愛せる人ならご自由にだし、
安易にSEXする馬鹿を殺してくれるならありがたい。
ただし、人としてHIVをばら撒いていいとは公に言うべきではないと思う。
これが必要な建前と認識します。
【2006/07/24 21:47】 URL | 武士道精神 #-[ 編集]
エイプハンターさんの意見を見て思った事を。

「本心を隠す」ことに於いては二通りの隠し方?があります。
一つはあくまでも体裁を保つため(利益を保つため)に、
表面的な嘘として隠す場合。
二つめとして、「人はこうあるべきだ」という思想をバックボーンとして
醜い欲望を抑圧、或いは克服して自らを改定する場合です。

例えば、にんじんが嫌いな子供が居たとして、それを親から注意される。
ある子供はにんじんを食べたフリをして、裏でにんじんを捨てる。
ある子供は「にんじんは体に良いんだ!!」と自らに言い聞かせ(本音に嘘をついて)、
無理やりにんじんを食べ続けて結果としてにんじん嫌いを克服する。


私は同じ嘘を付くにしても後者の克服を伴った嘘は大切だと思いますが、
前者の「騙すための嘘」は少なくとも喪男にとっては害悪以外の何者でもないでしょう。
喪男以外の人にとってはどうであるかは知りませんが。
ですが、本ブログで追求しているのは基本的に「喪男にとっての幸福」のみなのです。
【2006/07/24 23:18】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
嘘(建前)が大切というのも確かに一理あります。
ですが、それは建前をキッチリ守るという前提があってこそ意味がある。

浮気をしてはいけないという建前があるとして、
本心では浮気したかったのを「浮気してはいけない」と
本心に嘘を付き、浮気を我慢し通した。
これなら問題は無いのです。

我々が困っているのは「浮気をしてはいけない」という
建前だけを口で吐き、それを隠れ蓑として
本当はちゃっかり浮気しちゃってる、
こういう嘘が大半を占めているからなのです。

嘘の最も恐ろしい点はそれによって相手の未来予測を狂わせてしまう事です。
前者の嘘は実際に建前は守り通せたわけですから、
仮に本心に嘘を付いたとしても伴侶の未来設計は狂いません。
ですが、後者の嘘は明らかに伴侶の未来設計を狂わせますよね?
この場合は醜い真実を正直に語ってもらった方が助かります。
なぜなら、後者の場合は真実を打ち明けてもらえれば、
「浮気妻と離婚して人生を仕切りなおす」という
正しい人生設計を計画し直す事が可能になるからです。

大切なのは「相手の人生設計を狂わせる行動を取るのか否か」という結果。
あるべき結果を守り通せる事が前提ならば、嘘も人や社会を幸せにするでしょう。
ですが、悪しき結果を選ぶつもりなら(結果として選んでしまったなら)
醜くとも真実を忌憚無く述べてもらった方が周囲は未来予測を誤らずに済むのです。

つまり状況や立場によって、本音を言った方が人を幸せにする場合もありますし、
嘘を言った(真実を隠した)方が人を幸せにする状況もあります。
そして今回の件、喪男(恋愛放棄者)という立場から
恋愛という事象を見た場合に関しては
真実を語ってもらった方が幸せなのです。
エイプハンターさんがそう感じないと言う事はそれは
エイプハンターさんの立場と状況が我々と
異なるところにあるからではないでしょうか?
【2006/07/24 23:55】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
 たまたま、チャンネルを回していたら西川先生のご発言に遭遇し、拍手喝采をした者です。
 わたしは多夫多妻制(フェミがうるさいでしょうからそこを突破するための戦術として一夫多妻とは書きません。わたしは本気で実現して欲しいからこのような書き方をしているのです)になり、天から選ばれた金持ちのイケメン「のみ」が恋愛や結婚や小作りをするのが当たり前の風潮になれば、「みんなに恋愛があって当たり前」(実際はそんなことはあり得ない)という恋愛資本主義によってばらまかれている洗脳が解かれ、我々全般は生きやすくなるのではないこと考えています。
 世の中は子供の頃から我々に「ブサイクはどんなに金持ちになっても、おまえの持っている金に恋愛(発情)する人間は現れても、おまえ自身と恋愛しようだなんて人間は終生現れないよ。ああいうものは我々と違う世界のことである」と周知徹底させていただくことができれば、我々は最初から人的なりソースを他のことに費やすことができるのではないでしょうか?(当然これらのことは私的な経験によって子供の頃から周知徹底しているはずなのですが、その現実と乖離した洗脳があまりに多すぎるのです。私的体験と世の中の風潮(洗脳)をあわせて欲しい。と、いった意味です)
 私的経験においても、外界の洗脳においても一致した見解であれば、我々は恋愛という存在を完全に認識し得なくなります。
 認識し得ないもの、存在を知覚し得ないものについて、人間はあれこれ思い悩むことはあり得ません。
 一般的な人間が、U873恒星系(存在しないものの例示)にいけないことを残念に思うでしょうか?
 恋愛というものが最初から存在しなければ、他のことをやっているのです。
 我々は精神的に完全なる解放をみるのです。
 多夫多妻になり、イケメンの金持ち「だけ」が結婚し子供を産むようになり、世の中はそれが当たり前の風潮になれば、洗脳が解けて我々が恋愛世界においてらち外であることが世の中にも周知され、世の中は我々のことをそっとしておいてくれるはずです。
 能力と意欲にあふれた人の制限を取り外せば(一夫一妻は意欲と能力両方を備えている人を制限することです)、出生率の問題も解決しますし、経済力のある人たちのやることですから、母子家庭対策など福祉関係費用も圧縮が期待できます。
 金持ちの優しいイケメンと結婚して満ち足りた生活をしている人が増えれば、我々のことを叩く人間も減るはずです。満ち足りた人間は幸福を味わうことに忙しくて、わざわざスケープゴートを探してきて叩く暇はないからです。
 まさに三方丸儲け、いいことずくめ。
 是非西川先生には、そのすばらしい美貌と、医師国家試験に合格なされた優秀なる知能を活用していただきまして、国会議員になるなり、寝床政治(年寄りを籠絡するぐらいなんてことないでしょう)をしていただくなりして、多夫多妻制を実現していただきたいものです。
 西川先生は我々の救世主です。
【2006/07/25 01:25】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]
まあ一夫多妻とか女の本音とかの最大の問題は

イケメン・金持の方は別に西川女史のような女を必要としていない

ということだな。
イケメン・金持ちの方は、ブスが何十人いたところで嬉しくないし、自分に寄ってきた女のうちでもっとも美人一人で十分なわけで(普通の人間は複数の家庭を持つほどの気力も体力も性欲も無い)。
あるいはもっと育ちが良くて親のコネがある、お嬢様育ちの(所詮本音は大差ないとは言え)おっとりした女の子を選ぶ。

例え一夫多妻になっても、やたら気の強い女、要求水準が高い女、傲慢な女、不美人な女、30歳以上の年増女、等がイケメン・金持ちに伴侶として選んでもらえる事は無い、つーことだな。イケメンにとってメリット無いから。
【2006/07/25 16:06】 URL | hot #EBUSheBA[ 編集]
>イケメン・金持の方は別に西川女史のような女を必要としていない

ああ、モリタク先生がそこまで言ってくれたら
西川女史の火病が見れたのに……
モリタク先生のブログのURL貼っておきますね。

http://blog.goo.ne.jp/moritaku_goo/
【2006/07/25 20:31】 URL | たいら #yTXj/oD.[ 編集]
下の毛に白髪が生えるような傲慢西川おばさんはイケメンからは相手にされないでしょう、あの人は一生独身で終わります
【2006/07/26 00:09】 URL | XYZ #-[ 編集]
>イケメン・金持の方は別に西川女史のような女を必要としていない
 
 わたくしイケメンではありませんので、判断できる権能を有しておりませんが。
 喪としての立場から言えることがあります。
 多夫多妻は我々の福祉のために有益であり、その実現のためならば、どのような「手段」や「道具」が使われたところで斟酌しません。
 その文脈において、西川先生にはご尽力頂かねばならず。
 そのモチベーションの維持のために我々ができることといえば、先生の幸福を祈ることなのであります。(重ねて書きますが、わたしはイケメンではないので現実の金持ちでイケメンの優しい人が西川先生必要としているか必要としていないかなんてわからないですし、交友先にもそのようなひとはいないので知りません。実際を知りようがありませんが、幸福を祈ることならばできます)
 ついでに結婚可能な年齢を出産可能な年齢の下限ぐらいに引き下げてあげれば、さらに金持ちの優しいイケメンへの集中がさらに進んで、若者への精神汚染が防げるものと思います。

多夫多妻制の利点
・「誰でも恋愛できる」という恋愛資本主義の洗脳が砕ける
・「誰でもできる」幻想が砕けるので「努力が足りない」といった心ない恋愛資本主義側からの攻撃が緩和される。(翼のついていない人間に誰が「飛べ」と言えようか?また、仮に言う人間がいたとしても、それは世間から「暴力」とハッキリ認知される程度にはコンセンサスができあがっている。と、いうことを意味します)
・「誰でもできる」という幻想から解き放たれるので「(誰でもできるのに)何で俺はできないのだろう」という若者の苦悩が一つ減り、若さを他のことに有益に使える。
・最初から存在を認知し得ないものになれば、そのことについてあれこれ考える可能性は抹消される。
・精神的に解放される。
・いまと比べれば、満たされた女性の絶対数が増えるので確実に我々を叩いてくる人間の数は減る。(満ち足りた人間は幸福を味わうことに忙しくて、わざわざスケープゴートを探してきて叩く暇はないから)
世の中的に
・能力と意欲を兼ね備えた人間から規制を取り外すことにより少子化解消。
・金持ちのやることだから、母子家庭対策など福祉関係費用の削減につながる

 我々にとっての多夫多妻の有益性、必要性を考えれば、西川先生のことをイケメンの金持ちで優しい人が必要としているか必要としていないかなんてとるに足らない問題です。(実際にイケメンではないのでわかりようもないし)
 西川先生にはがんばっていただかなければならないのであります。
 西川先生は我々喪男の救世主です。

 民主制の世の中ですから、多夫多妻制度実現のためには、制度の利点への理解を広め、賛同者を増やしていかねばならないでしょう。
【2006/07/26 01:05】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]
覚悟さん
 喪男の幸福を追求するなら、それは女の正直さや頼る時点で間違いです。

 喪男は、女性の嘘を見抜く力が弱いと考えていた方が無難です。少なくとも嘘を見破る力があると過信するよりマシでしょう。
 その上で、私は正直に言っていると女性が言ったときにそれをどう解釈するのでしょう?
 それこそ嘘つき村の村人パラドックスです。

 そもそもに、女性が喪男に真実を話すメリットがありません。つまり女性は喪男に自分の状態によって適当に、思うことをそのまま罵ったり、適当に嘘をついたりしてすることに何ら不利益はありません。
 さらに女性の精神的特徴として、過去の発言や行動との整合性を考えない発言と行動をする傾向があります。そして女性自身はいつでも現在においては、過去と矛盾しててもそれが真実と思いこむ傾向があります。

 つまり昨日は喪男をキモイと罵っても、明日、喪男が大金持ちになれば、適当な理由をつけて媚びをみせることを、女性はなんら悪いことと思いませんし、ためらいません。
 その時の自分に正直であったとむしろ悪びれないでしょう。

 そういう生き物を相手に喪男に真実を語ってくれるのが望ましい女であるなどというのは、馬鹿も良いところです。
 そもそもに女性の多くは、男性を正しく鑑定する能力を持ちません。ただ自己保身の共感能力だけに頼って、快不快と周囲の評判だけによって、適当に自分の印象を喪男に投げつけているだけにすぎません。
 そんなものが投げかけるものを、真実だといってありがたがるなどどうかしています。

 覚悟氏他のいう喪男に厳しいことをいう女なんて、意見の内容をよく吟味すれば、単に周りがそう言っているからそれに同調して、庇っても自分の利益にならないし、適当に安全そうな喪男を罵って、優位感を味わっているだけに過ぎないでしょう。

 そんな自分なりの価値観も考える頭も無い、単に近視眼的で、自己保身と同調圧力によって出てきた身も蓋もない本音をありがたがって、なにか世間の真実を告げてもらったかのように感じて、それで恋愛放棄だというなんて、マゾも良いところでしょう?
 それは馬鹿だから率直であるしかない若い女をチヤホヤありがかたがる団塊ジジイどもとどこも違いやしませんよ。

 喪男にとって好ましい女とは、人間としてまっとうな女です。
 どうしようもない本音やくだらない価値観を、恋人でも家族でもない異性に無遠慮にぶつけて、それを正直であると勘違いするような女ではありません。
 
 喪男が恋愛をあきらめ友人としてでも大切にすべきなのは、
 イケメンや金持ちに他の女達が殺到する現実は理解しても、自分は自分の価値観と他人への尊重を考える女であり、
男を弱い強いや利益不利益ではなく、美質で捉える女であり、綺麗事を誠実さをあわせて大切にする女です。

 そしてこういう女からしか、責務に対して真摯な女は生まれないでしょう。 
 
 あえて言いますが、ジェダイ派喪男は、頭の悪い猿のような女を罵りすぎて、それに囚われてしまっていませんか?
 深淵を見つめるものは、また深淵から見られているのです。

 私は現実の女と恋愛をしろとか、そんな事は言いません。
 
 喪男はそもそも恋愛放棄などと言う必要はないのではないかと思います。
 喪男は、そもそも恋愛や異性をそんな切実に必要とはしない生き方が出来る男達だと思います。
 もっというなら、男の存在意義は女と恋愛をしたり、SEXしたりするだけではないと、女のパートナーになるだけが、男の役割ではないと思います。なぜなら、男は複数の女を妊娠させられるからです。つまり、男は必然的に女に対しあぶれるように作られているのです。
 もし本当に心から女を愛していれば、どんなにブサメンでも鯛男でいて、女にアタックし続けるでしょう。
 喪男になる時点で、その男には女のパートナー以外の役割が、肉体的にも精神傾向でも振られていると思うわけです。

 だから喪男は、そもそも恋愛や結婚から自由なわけで、恋愛放棄などと力説する限り恋愛にしばられているのです。

 なぜ最良の女性などを決めなければならないのですか?
 女性がどうであろうと喪男は喪男。
 いやもてようがもてなかろうが、性や愛を人生の主軸に置いた生活は出来ないわけです。
 そんなものに拘っている暇は無いと。

 最良の女性は、自分に不干渉な女。
 なぜ、それ以外の注文がでるのですか?
 なぜ女に正直さを求め、嘘をとがめるのです?
 嘘の定義さえ異なる生き物ですのに。
【2006/07/26 02:15】 URL | エイプハンター #JalddpaA[ 編集]
>エイプハンターさん
 おっしゃることには基本的に肯定です。

 しかし、
>男を弱い強いや利益不利益ではなく、美質で捉える女であり、綺麗事を誠実さをあわせて大切にする女です。
 この点においては頷首しかねます。
 人間も含めた動物は自然界の適者生存の課程で、メスは餌を捕ってくる能力or美しさor身体的能力でオスを選ぶようにできているわけで。
 これは種の存続のための当然な本能、自然の掟であって我々がとやかく言う筋合いの話ではないと考えます。

>喪男はそもそも恋愛放棄などと言う必要はないのではないかと思います。
 我々の人生の過去現在未来において現実としては存在しないモノなのですから、そんなことを声高に言うことは確かにおかしなことです。(持っていないものを放棄しようがありません)
> 喪男は、そもそも恋愛や異性をそんな切実に必要とはしない生き方が出来る男達だと思います。
> もっというなら、男の存在意義は女と恋愛をしたり、SEXしたりするだけではないと、女のパートナーになるだけが、男の役割ではないと思います。
 この理想状態に全ての喪男を持っていくには、この世の中には「みんな恋愛ができるのだから、恋愛をするために金を使え。恋愛ができないのは努力不足」という恋愛資本主義による洗脳というノイズが多すぎます。
 そのノイズに抗するために、わざわざ恋愛放棄なんて言葉遣いをしているものとわたしは理解します。
 厳密な言い方をすれば、恋愛資本主義の洗脳によって染み付いてしまった我々を苦しめるだけの「幻想を放棄」したいのです。
 このノイズをカットし、我々には最初から恋愛というモノが認知できない状態にすれば、存在しないモノ認識できないことについてとやかく考える人間などいないのですから、我々の精神は完全に解放されるのです。
 そのためには「みんなが恋愛できる」という幻想を徹底的に破壊する必要があります。
 「みんなが恋愛できる」の反対の状態は「意欲と能力を十全に兼ね備えた者"のみ”が全てを独占する」です。
 人間も含めた動物の雌は強くて美しく餌をとってくる能力の高い個体を選ぶ性質を持っていますから(それがないと種が滅びてしまう)多夫多妻制になれば、意欲と能力を十全に兼ね備えたものにフリーハンドを与えることになり、全ての恋愛を独占してくれるはずです。
 時間が経過しその状態が恒常化し、世間的に「当たり前という空気」になったとき、我々は解放されるものと確信します。

多夫多妻制の利点
・「誰でも恋愛できる」という恋愛資本主義の洗脳が砕ける
・「誰でもできる」幻想が砕けるので「努力が足りない」といった心ない恋愛資本主義側からの攻撃が緩和される。(翼のついていない人間に誰が「飛べ」と言えようか?また、仮に言う人間がいたとしても、それは世間から「暴力」とハッキリ認知される程度にはコンセンサスができあがっている。と、いうことを意味します)
・「誰でもできる」という幻想から解き放たれるので「(誰でもできるのに)何で俺はできないのだろう」という若者の苦悩が一つ減り、若さを他のことに有益に使える。
・最初から存在を認知し得ないものになれば、そのことについてあれこれ考える可能性は抹消される。
・精神的に解放される。
・いまと比べれば、満たされた女性の絶対数が増えるので確実に我々を叩いてくる人間の数は減る。(満ち足りた人間は幸福を味わうことに忙しくて、わざわざスケープゴートを探してきて叩く暇はないから)
世の中的に
・能力と意欲を兼ね備えた人間から規制を取り外すことにより少子化解消。
・金持ちのやることだから、母子家庭対策など福祉関係費用の削減につながる
【2006/07/26 06:16】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]
エイプハンターさんが何を主張し、何を知りたいのかわかりませんが、
書き込みを見る限り前提条件に大量の見落としがあるので、一部同意はしますが、
完全な理解と肯定が出来ません。
出来ればもう少しわかり易くお願いします。
【2006/07/26 08:28】 URL | 武士道精神 #-[ 編集]
> 隊長@八玉子煩悩隊さん

別に俺は一夫多妻制でも結婚制度自体の廃止でも特に反対しないけど、喪男救済という観点では、まあ無駄だよ。
別に顔で、男としての本能的欲求が変化するわけじゃないので、ブ男でもイケメンの気持ちくらい察せられるだろw

女はイケメンに殺到するかもしれないが、イケメンが伴侶として選ぶ女は今までと変わらないので、西川女子のごときは天地がひっくり返ってもやはり売れ残る。だから現在と状況は変わらない。
【2006/07/26 21:16】 URL | hot #EBUSheBA[ 編集]
>hotさん
 あのー、女はイケメンの金持ちの前と、我々の前では別の生き物であるということはすでにご存知かと?
 テレビカメラらの前とイケメンの前でも別の生物でしょう。
 我々の前とイケメンの前では別の生き物なんですから、イケメンでなければ判断ができない。と、わたくしは考えています。
 少なくとも、西川先生のような「類の動物」は経験上、豹変の度合いが大きいと考察しますが、個体としての西川先生はテレビモニターでしか拝見したことがないので存じません。
 そして肝心なことは、西川先生という個体がどのような結果になろうと、大勢として多夫多妻制は我々の福祉にとって有益であるという事実に揺らぎが生じないということです。
 ご理解いただきたいのは、西川先生のご尽力により、多夫多妻が実現し、我々の精神が解放されるという「結果」が欲しいのです。
 その過程で我々にとって利益を超える直接的な損害がない限り、我々は「結果」として欲しい利益の実現のためには過程には眼をつぶることが合理的な行動だということです。
 民主制の世の中の制度を動かすのですから、世の中の広い範囲から賛同を得られなくてはなりません。
 利益を実現するには、利益を共通とする部分においては「誰とでも」共闘の余地はあるものと考えます。
 折角、少なくともわたしよりも知名度の高い人が、一夫多妻に賛同してくれている人がいるのですから、一夫多妻がもたらす利益の実現に一歩でも近づくために、一夫多妻の部分「だけ」は賛同を示し。
 具体的に、どの程度の行動が将来的にとれるかわかりませんが、今現在できる範囲内では利益実現のために、一人でも多くの賛同者を得ようとこうしてテキストを書いているのです。

多夫多妻制の利点
・「誰でも恋愛できる」という恋愛資本主義の洗脳が砕ける
・「誰でもできる」幻想が砕けるので「努力が足りない」といった心ない恋愛資本主義側からの攻撃が緩和される。(翼のついていない人間に誰が「飛べ」と言えようか?また、仮に言う人間がいたとしても、それは世間から「暴力」とハッキリ認知される程度にはコンセンサスができあがっている。と、いうことを意味します)
・「誰でもできる」という幻想から解き放たれるので「(誰でもできるのに)何で俺はできないのだろう」という若者の苦悩が一つ減り、若さを他のことに有益に使える。
・最初から存在を認知し得ないものになれば、そのことについてあれこれ考える可能性は抹消される。
・精神的に解放される。
・いまと比べれば、満たされた女性の絶対数が増えるので確実に我々を叩いてくる人間の数は減る。(満ち足りた人間は幸福を味わうことに忙しくて、わざわざスケープゴートを探してきて叩く暇はないから)
世の中的に
・能力と意欲を兼ね備えた人間から規制を取り外すことにより少子化解消。
・金持ちのやることだから、母子家庭対策など福祉関係費用の削減につながる
【2006/07/27 00:51】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]
エイプハンターさんは女性に対する怒りや憎しみを放棄するというお考えでしょうか?

私はそういった考えには同意できません。

なぜなら私のスタイルは女性への憎しみのエネルギーを護身へと転化するタイプだからです。
そして女性の醜さをあげつらい、それを持ってまた自身の行動を律するエネルギーにも使っています。
私だって私利私欲にかられて負うべき責任を放棄しそうになりますし、
そういったときに「あの醜い女と同じ事をするのか?」と自分の欲望をセーブするストッパーに使ってます。
また、暴言などを沈黙する事(我慢する事)によりあまりに憎しみが溜まり過ぎると、
現実世界で女を殴りたくなってしまうという困った現象もあります。
例えば、怒りが50以下で護身力が低下し、100で暴走するとしたら
私は怒りを常に80前後でキープできるように調節しています。
ま、ストレス発散として女を馬鹿にしている面は否定しません。
ですが、女も我々喪男を侮蔑してストレス発散してるのですから、
いまさらこちらだけが律儀に紳士でいる義理も無いでしょうw

まあ、これは人のスタイルによりますし、なんとも言えませんが、
少なくともそれが喪男道に於いての「不退転の正解」であり、
喪男道のその点に於いて以下に口出しされようともその点を改めるつもりは毛頭ありません。
憎しみを燃やし、相手が「リアル女性である」というだけで嫌悪の対象とみなせば、騙される事などありません。

なぜなら私を騙そうと思って女性が嘘の好意等を訴えたとしても
「女だから」という理由だけで私はそれを嘘と一方的に判断するだけだからです。
真実か否かなどを推察する余地は一切挟みません。
一切の例外なく絶対的にそれは嘘なのです。
そしてそこまでの偏見にも等しい価値観を養うためには
私は憎しみと怒り以外にありえないと考えるのです。

エイプハンターさんのスタイルは竹熊氏の「柳に風」に近いですが、
私の過去の経験から言いますと、こういったタイプは
いざと言うときに「流れに乗ってしまう」可能性が高いです。
「こだわり」や「意地」といった己を頑なにする何かが介在しにくい思考パターンだからです。
エイプハンターさんがその形を理想とするのは勝手ですが、
そういった考えを正解として押し通したいというなら
自前のブログで思う存分に語っていただければと思います。
【2006/07/27 02:54】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
日本の(しょぼい)金持ちの財産だけで
欲深なメス豚どもを満足させられるのかな?
99%の富を1%の金持ちが持ってるアメリカとかなら兎も角

待てよ、アメリカの金持ちにメス豚を押し付ければいいのか
【2006/07/27 06:22】 URL | 和泉 #-[ 編集]
> 隊長@八玉子煩悩隊さん

なんかものすごい勘違いをされてるようだが、もう一度よーく読み直してくれ。
男としての本能的欲求が変化するわけじゃないので、ブ男でもイケメンの気持ちくらい察せられるだろw
女がどう豹変するかではなく、どんな可愛い女でも、普通の人間は複数の家庭を持つほどの気力も体力も性欲も無いから、結局1人のイケメン・金持ちが救済できるのはせいぜい2,3人(それも上位層の美人だけ)ということ。

一夫多妻制で喪男救済という結果は得られない事は明白だから無駄

>和泉さん

>アメリカの金持ちにメス豚を押し付ければいいのか

アメリカの金持ちも受取拒否するだろう。無理
【2006/07/28 09:25】 URL | hot #EBUSheBA[ 編集]
>アメリカの金持ちにメス豚を押し付ければいいのか
牛肉を輸入してメス豚を輸出すればいいジャマイカ
うはwww俺って天才www
【2006/07/28 12:42】 URL | 顔面障害者 #-[ 編集]
一番恐れてる事態は
「イケメン金持ちの金だけじゃ足りないから
 喪男から何とかして合法的に金だけせしめよう」
とかバカ女が考えること。
猪口あたりは本気で考えてそうだ・・・
【2006/07/28 19:37】 URL | 和泉 #-[ 編集]
笑えんか…。

世界一モテる日本女様wを複数所有できるなら、
世界中の金持ち(=高額納税者)が日本に殺到してくれるハズだ(笑)

まぁ西川&飯島=正直には同意。
むしろモテない男が結婚したがってると思ってるモリタクの方が、
「わかってねー」と感じる番組だったな。

とりあえず猪口は余計な事するな…
【2006/07/29 07:27】 URL | 惨型糊 #-[ 編集]
先日2chにも同じようなこと書いたけど
モリタク先生の世代には
「20代くらいの若い時期からの恋愛放棄」ってのが
感覚的にわからんのだと思うよ。

番組中に例にあげてた「投資がぜんぜん回収できなかった男たち」も、
現在30代中盤以降くらいの「バブル期に若者だった世代」に典
型的なハナシだし...

現在40代以上の世代が思春期だった頃は
容姿だけで見ず知らずの相手を指して
公然と「キモい」などといってはいけない、という
タテマエがまだそれなりに生きてた時代だからなぁ...

顔見知りとか同じ学校とかの範疇の相手から
態度なり発言なりで
不気味な奴呼ばわりはされてる奴はいたが('A`)

個人的にはエイプハンターさんの意見に一部同意
「タテマエの存在が本音の堕落の進行を多少なりとも食い止める」という効果は
やはり存在すると思う。
【2006/07/29 12:10】 URL | ポチ朗 #YG9ONXHE[ 編集]
>hotさん
 我々に容姿と性格を兼ね合わせた同年代の異性を認識できるのでしょうか?
 すくなくとも、わたしは29年生きてきてただの1度も見たことがありません。
 犬などの動物は自分より弱い相手にはなめて吠え掛かったり牙をむき威嚇したりしますが、自分より強い相手には服従の証として腹を見せます。
 人間もまた動物の一種であり、相手によって態度が違う。と、いうのは極当たり前のことであると考察します。
 我々から見れば「こんな女誰と結婚するんだ?」と、いう人間は我々を侮り忌避しているからあのような態度なのです。
 外見は程度にもよりますが骨格障害など医療技術的にどうにもならないもの以外ならどうとでも変えられます。(余談ですがわたしは現代の医学ではどうしようもないレベルの骨格障害もちです)
 外見も違えば、内面も違うものを同じ生物と呼べるでしょうか?
 イケメンにとって「かわいい女」が我々にとって「こいつと誰が結婚するんだ?」というのと同一の個体であることは往々にしてありえます。
 世の中の標準偏差の中間層65%を「普通の人」と規定すれば。
 わたしの父やわたしの父の交友先は、わたしの目から見て明らかに金持ちのモテに属する人たちでした。(なにしろ世間一般人はヨボヨボになっている年頃になっても、自分の娘ぐらいの歳(母方の祖父とわたしの父は2歳しか歳が離れていません)の人間とわたしという子供を作るぐらいですから)
 お友達の話として父がわたしに話してくれたことの一つに「"結婚"するならブスとせよ」というのがあります。(母を見る限り父は友人の忠告は守っていないようですが。つーか、自分のやっていないことを息子に話すのもどうかと思いますが)
 なんでも、父のお友達によると、美人は気取ったところが抜けないが、ブスは必死に尽くすから"結婚生活用"には向くそうです。
 我々からすれば「そんなのはウソだ」ということに経験則上なりますが、"向こう側"の人たちには事情が違うようです。(少なくとも昔の向こう側の人たちにとっては。まぁ、もっとも向こう側から見てどこから下をブスというのかはわかったものではありませんが)
 で、何がいいたいかというと、昔から女というものは我々とモテの金持ちの間では「違う生物」なのだから、我々の尺度は当てにならず、結局はイケメン当人でなければ判断できないのではないか?と、いうことです。

 それとあなたが何をもって「普通の人」としているかは存じませんが、標準偏差中位65%を「普通の人」と規定すれば、イケメンというだけで普通の人ではありませんし、金持ちというだけで普通の人ではありません。両方を兼ね備えていたら、もっと普通の人ではありません。
 更に、現代の女性のいう「やさしい人」というのを兼ね備えているのはもっと普通の人ではありません。(ちなみにわたしは両親からそのようなナンパな人間はクズであると仕込まれて育ったので、所謂「やさしい人」の対極です。容姿も内面も適合性が皆無の人間です)
 普通の人でも及びの付かない人間なのですから、恋愛という分野では下位層に属する我々の想像の範囲外であることは容易にわかることかと考えます。
 いうなれば、彼らは我々の考え得る人間ではないのです。
 規制を無くせば、意欲と実力を兼ね備えた人間は、意欲と実力両方を持たない人間の想像し得ないとんでもないことをしてくれるものと確信します。
 規制をはずせば人類の可能性は無限大です。

 そして、それでも十分に「誰でも恋愛できる」という大衆消費という文脈の中で恋愛資本主義が作り出してきた「幻想」を打ち砕ける。と、いうことです。
 イケメンの金持ちの前ですら繕えない様な女が一体誰と恋愛できるのでしょうか?
 女性の金持ちのイケメンとなら恋愛が可能な層は上位2割~3割ほどの男性が寡占し、恋愛不可能な層はそもそもメリットが見出せない。
 そのようになれば「誰でも恋愛できる」といった「幻想」は砕けた状態が世の中のコンセンサスを占めます。
 「幻想」を砕くという効果が多夫多妻から期待できる成果と考えます。
 「幻想」が砕ければ、我々の精神は解放されると確信します。

 多夫多妻になっても、我々の救済にならないという根拠は何でしょうか?
 「恋愛は誰でもできる」という「幻想」が生き延びられる余地があるのでしょうか?
 金持ちのイケメンの前ですら、繕えない人間と誰が恋愛のメリットを見出せます?
(金持ちのモテ層では(ブスのほうが必死に尽くすから)「ブスと結婚したほうがよい」という言説すらあるのにですよ?→まぁ、もっとも今はどうか知りませんが。ただ、動物の性質がそんなに簡単に変わるとは思えませんけどね)
 その意味で「恋愛は誰でもできる」という「幻想」は砕けます。

多夫多妻制の利点
・「誰でも恋愛できる」という恋愛資本主義の洗脳が砕ける
・「誰でもできる」幻想が砕けるので「努力が足りない」といった心ない恋愛資本主義側からの攻撃が緩和される。(翼のついていない人間に誰が「飛べ」と言えようか?また、仮に言う人間がいたとしても、それは世間から「暴力」とハッキリ認知される程度にはコンセンサスができあがっている。と、いうことを意味します)
・「誰でもできる」という幻想から解き放たれるので「(誰でもできるのに)何で俺はできないのだろう」という若者の苦悩が一つ減り、若さを他のことに有益に使える。
・最初から存在を認知し得ないものになれば、そのことについてあれこれ考える可能性は抹消される。
・精神的に解放される。
・いまと比べれば、満たされた女性の絶対数が増えるので確実に我々を叩いてくる人間の数は減る。(満ち足りた人間は幸福を味わうことに忙しくて、わざわざスケープゴートを探してきて叩く暇はないから)
世の中的に
・能力と意欲を兼ね備えた人間から規制を取り外すことにより少子化解消。
・金持ちのやることだから、母子家庭対策など福祉関係費用の削減につながる
【2006/07/29 14:31】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]
>惨型糊さん
 同意です。
 あの番組におけるモリタクさんは「モテナイというだけで、3次元に対してあんな必死な人間と同類に見られるなんていやだなぁ」と思わせる人でした。
 はやく、3次元から解脱した喪男像がパブリックイメージとなって欲しいものです。
 そのためには、解脱した喪男がもっと世間の露出の激しいところに積極的に攻めていく。って、ことでしょうけどね。
【2006/07/29 14:43】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]
おお
【2006/07/29 15:28】 URL | #-[ 編集]
精神的に救われても財産的にたかられたら嫌だなあ。
モリタク君は経済学者だから
イケメン金持ちの財布だけでは最低限のガキの数を養うことすら
不可能なのを知ってたからあんな事言ったんだったりして。
【2006/07/29 15:30】 URL | 和泉 #-[ 編集]
処女でもブスはいやだ。なんでかいうたら
人前で恥かくしな。ワシは男やし結婚が
全てじゃない。それらを含めて社会と関わりあい
ながら生きとる。コンセサスを得られへん処女ブスは
いらん。
【2006/07/29 15:32】 URL | #-[ 編集]
女は自然に子供のことを考えるようにできてるらしいですから。

でも、公然と人を罵り侮蔑しあげくに金を搾取する
そんなメス猿と一緒にされたくないものですね。
【2006/07/29 18:31】 URL | #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/07/29 22:33】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



Mr.団藤の「20代男性の3人に1人は生涯未婚の恐れ」という記事に寄せられていたコメントのうち「覚悟さん」が文中で良いことを書いていた。~~真のコミュニケーション能力とは初対面の人と直に仲良くできるような能力ではなく、ある人間関係を健全に長続きさせるため、或い nakao312EXblog ★明日死ぬと思って生きろ!永遠に生きると思って学べ!!★【2006/08/29 23:34】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。