ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんな映像を見つけました。
http://www.badmutsen.nl/archives/2006/06/liefde_maakt_bl.php#more

これは海外のドキュメンタリー?番組で、最近問題になってる
「女性が浮気して出来た子供を黙って産んで夫に養育させる」
というカッコウ婚を取り上げたものです。
ここで夫は妻から息子が浮気によって出来た種違いの
子供である事を告げられて夫が半狂乱になるシーンです。
ここで注目すべきは男性側の取り乱しぶり
女性がかなりのデブサイクであるという点です。

ハッキリ言えばこの男性はまだ冷静な方でしょう。
仮に私が同じ立場だったらその場で妻を絞め殺そうとします
イスラエルでは同じような状況で、妻に対戦車バズーカを打ち込んだり、
対物ライフルで射殺したりなどという事例もあるくらいです。

DNA検査をしない限り、妻の産んだ子が本当の我が子と
証明できない男性にとっては上記のカッコウは結婚恋愛関係において
最も許しがたき最低最悪最強の裏切り行為ですからね。
これ以上の裏切りはありえないというぐらいの行為です。
(これだったら保険金を掛けられて殺される方がまだマシ)
ま、女性としては精子はより良い物を欲しがる本能があるのでしょうから、
それがどれほど他者を傷つける行為と分かっても止められないでしょう。
が!!バレた時には数十箇所を滅多刺しにされて殺されるとか、
生き埋めにされて殺されるとか、そのぐらいは覚悟して欲しいところです。
カッコウとはそうされても文句が言えない程の罪深き悪業なのですから。

そして第2に、女性がデブサイクであるという点。
女はどんなにブスでも「穴さえあれば良い」という射精男が
少なからず居る以上はセックスにありつくのは実に容易い事です。
(逆に言えばどんなブスでもやる気さえあればヤリマンに
成れるのですから、性経験の豊富さなんて糞の自慢にもなりません。
女なら誰でもそうなる事が容易いのですからねぇ。
だったら勝ち組夫を捕まえたと自慢した方がよっぽど正しい)

そして、ブスの心がキレイなんてのはまったくの嘘
美人もブスも精神の貴賎には歯糞ほどの関係もありません。
美人の方が周囲から愛情を注がれるから、性格が良くなる
という研究結果もあるようですが、これは周囲から
チヤホヤされる事により「ある意味で周囲を見下す」事から
生まれる余裕です(その舐めた態度が見方を変えれば性格が良いと映る)
優越感があるからこそ「表面的に」丸い態度を取る事ができるだけで、
逼迫した状況などに置かれてその仮面が剥がれればブスも美人も同じ。
腹の中の醜い考えを、表に出すか腹の中に隠す余裕があるのか程度

美人は性格も良いみたいな「美人幻想」があるとしたら、
「ブスはイジメられてきたから他人を思いやる事が出来るだろう」
「ブスは身の程を知っているから慎ましやかにしてくれるだろう」

こんな浅はかな考えも幻想なのです。
喪男にとって、この世には女は2通りしか存在しません。
美人で(喪男に対して)性格の悪い女か、
ブスで(喪男に対して)性格の悪い女か。


その事を常々頭のど真ん中に置いておく必要があるでしょう。
スポンサーサイト



この映像なんか見たら絶対結婚できないですよね・・・
外国人基準なんで判らないですけど充分いい男の部類に入ると思うんですが、あれでも満足しないんですね・・・
【2006/07/05 23:48】 URL | deep_one #RIfSKKuo[ 編集]
つか子供産むくらい惚れた相手がいるんなら、何故そっちとくっつかんの?それが無理でも、子供産むくらい惚れた相手がいる状態で、何故別の男と結婚する気になれるのか??カンペキに理解不能ですボスケテ

まあここまで酷い例じゃないですけど、今週号の「SPA」読むと今の若い女性が結婚のことどう考えてるのかの一例が出てます。
正直おまいら結婚をなんだと思ってるのかと。
惚れた男と一緒に暮らせて、後ろ暗くないセクースできて、惚れた男の子供が産めて、それが社会的に容認される、お天道様に恥じない形で堂々とできるってだけで、結婚の価値としては十分じゃないかと私なんかは思うんだけどね。正直理解できない価値観ですよ。
【2006/07/06 16:28】 URL | DDT #t50BOgd.[ 編集]
映像見てみましたが、これは自分の子じゃないという疑いもなかったのですかね。
ぜんぜん父親に似てない、すこしあざ黒くて黒人が父親のようにもみえますが。
【2006/07/08 01:55】 URL | #-[ 編集]
 かっこうはひどい話であります。
 偽って他人の子供を育てさせるのは詐欺であり、その意味でデブスを非難します。
 ですが、あの映像に限っていえば、別の要素があまりに悲惨すぎてそちらに逸れてしまいそうに感じます。
 あの泣いていたかわいそうなお兄さん。一応、それまでは自分の子供だと思っていた材料、すなわち思い当たる節のある行為を行っていたんですよねぇ?
 あのデブスと。
 いったいどういう事情があれば、あのデブスとそんな行為をしなければならない羽目になるのでしょうか?
 もちろん、カッコウはひどいです。デブスはひどいです。
 しかし、あのお兄さんがあそこまでのデブスとそんな行為をしなければならなかった「事情」がわたしには一番ひどく感じてしまいます。
 いったい何が彼をそこまで追いつめたのでしょう?
 あのお兄さんのそれまでに至る過程でどこか逃げ口はなかったのでしょうか?
 エロマンガでもいいです、陶芸でもいいです、仕事にうちこむでもいいです、リアルドールでもいいです。
 どこかで「あなたにも恋愛はできる」「家庭を持つのが当たり前」といった世の中にありふれた同調圧力を逸らすものはなかったのでしょうか?


 誤解の無いように書いておきますが、わたくしは女性が容姿やお金で男性を選ぶことに対しては本能であると解釈しており、否定的な考えを持っていません。我々も含めた動物というモノはそのようにできているのです。メスがオスを選ぶ基準は狩りの(統率)能力が優れている(強いと言い換えることもできる)or美しいのどちらかなのです。もちろん両方備えているにこしたことはありませんが。(モテ無いこと自体は肯定派)
 わたくしは容姿も不適合ですし、性格も不適合です。
 でも、よいではありませんか。向かないことは向かないで。
 世の中大抵のことはそれでも許されてきてますよねぇ?
 例えば、竹馬はできなくても「あなたにもできるよ。勇気を出してがんばってみよう」なんてプロパガンダを向けられることは、体育の授業など一部の例外を除いては、あり得ないはずです。
 しかし、恋愛や結婚は例外的に「不向きだし、できないし、やる気がないよ」ではすませてくれません。
 そりゃ、生活費を稼ぐ能力は餌を捕ってくるというのと同義ですので「不向きだし、できないし、やる気がないよ」では済みませんが。
 結婚や恋愛は直接生命維持に関わりありません。
 だから、本来あろうがなかろうがそんなものは本人の事情なのだから勝手なはずです。
 しかし、実際には意識できるもの意識できないもの、さまざまな同調圧力があります。
 本田透氏が電波男で恋愛資本主義と非難したものの一部は、認識しやすい同調圧力の一つです。(彼が恋愛資本主義と非難しているモノの中には、わたしが女性のというより動物の本能として肯定している部分がありますので、あくまで一部です)
 その同調圧力が無くなり、「モテ無い?まぁ、いいんじゃない?」って感覚が自然に当たり前になれば、わたしを含めて喪男が生きていきやすくなるのではないのかなぁ。
 なんて、考えている者です。
 で、この文章の後で、何が申したいかというと。
 わたくしも容姿に不自由のある喪男なので誤解しないでね。って、ことです。(世の中の喪男には女性が容姿やお金で男性を選ぶことに嫌悪感を持っている方が多数派のように感じられるんで、肯定するようなことを書くとなんか誤解されるんじゃないかな?と、思ってクドクド書いてみました。長々とすみません)
 では。
【2006/07/09 01:57】 URL | 隊長@八玉子煩悩隊 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。