ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


7月に入り、夏模様となってまいりました。
アバンチュールだか何だかを求めて中絶が多発しそうな時期
お盆も近づくという事もありまして、2回目の水子供養を行おうかなと。
(前回は去年のクリスマスでした)
今回は安易な理由によって命を奪われる水子に遺憾の意を思う
喪男同士で一緒にお寺参りにでもと考案中です。
7月末~8月前半の土曜日あたり(夏コミの日は外す)を予定。
前回は千葉県市川市の本光寺で供養を行いましたが、
場所的にあまり交通の便が良いとは言えない場所でしたので、
東京あたりで水子供養を行っている寺院の情報を
ご存知の方はカキコして頂けるとありがたいです。

おおまかな予定としてはお昼頃に集合して、水子供養を行った後に
食事でもしながらゆっくりお話でも出来ればと考えております。
詳細が決まりましたら、またブログにて報告いたします。


※追記※
まあ、供養などをしたところで死んだ人間は報われません。
死んだ人間は泣きも悲しみもしませんし、何にもなりません。
供養はあくまで今生きている人間が自分達の生き様を省みるため、
そして自分達の悲しみ、やるせなさを拭う為にやるものですから。
この記事を読んだ人間の中にひょっとしたら、
安易な中絶により子殺しをした鬼畜生が居るかも知れません。
そんな人間の心に一筋の棘が突きたてられればなぁと思うところです。
子を作る事の出来る人間が我が子をゴミの如く殺し、
子を作る事の出来ない(或いは自ら撤退した)人間が
殺される子に心を痛め、供養を行う。

世の中とは何と皮肉なものなのでしょうか・・・
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。