ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中絶に関して面白い意見があったので紹介いたします。

犀淨庵鬱日記
***************************************************************
つまり、中絶論争において、現在合法的に中絶が認められかつ全体における割合もごく少ないレイプによる妊娠を扱ふのは「為にする」議論ではないかと。
では誰の為か。あつさり名指ししてしまふと、産むつもりもないのに避妊手段もろくに講じずさかつた阿呆と女権拡張論者*3である。さういふ連中のために実際に性暴力の被害にあつた人々が矢面に立つて中絶論争に参加してゐるのは痛ましい限りである。かういふエントリ書いてるやうな私に同情などされたくなからうが。
性暴力の被害にあつた方のエントリは色々考へさせられるものがあるが、そろそろ落ち着かれては如何か。貴方達を傷つける者は(私を含めて)数多いだらうが、それでも比率からいふと少数だらうし、貴方達が中絶する権利は法で保障されてゐる。貴方達が血を吐くやうな思ひで叫ばうと、実際それで得をするのは貴方達を矢面に押し出して自分はそれにただ乗りする鹿児島県知事薩摩守だ。貴方達は今手にしてゐる権利を握り締めて手放さないでゐればいい。極論を弄び思考実験を娯楽にしてゐる連中に莫迦正直に付き合ひ古傷を抉り出す必要などない。
と、長文書いてみたはいいけどタイトルに書いたやうに
素人童貞の言葉が届く筈ないよね(´・ω・`)
後書き。突つ込まれる前に先に書いとく。
避妊しなかつたことによる妊娠でできた命もレイプによる妊娠でできた命も等価であり、中絶論争において分けて論じる必要などないといふ見解に私は与しない。それは長年自分をレイプした実父を殺した女性と、ただ童貞を捨てたいがために母子殺害に至つた少年を同列に置くやうな真似と同じだからだ。なるほどそれぞれにおいて「命」は等価であり、「殺人」といふ行為は同じだ。だが「事情」が全然違ふだらう。
共通点のみ抽出して相違点を隠蔽するやうな詭弁に乗せられてはならない。乗せられるやうな人は私の代りに秋葉で絵を買はされてくれればよかつたのだ。

***************************************************************


ちょっと文体が独特なので読み易く改編しますが、

レイプなどによる致し方の無い中絶は、世論の大半、および法律によって
「中絶も止む無し」と既にその権利を保障されている事に気が付いて欲しい。
その上で極めて僅かな人間にすらも馬鹿にされたくないと過剰に叫び声をあげても、
それによって利益を得るのは、貴女方の努力の尻馬に乗って
己の怠惰な性欲をまかり通そうとする愚者達だけである。
そしてレイプによる中絶でも、怠惰なセックスによる中絶でも
命が奪われることには変わりないが、それは罪として同列ではない。
父親に犯され続け止む無く父親の命を奪った娘。
性欲を発散したいが為に強姦殺人した男。
命を奪うという単一軸だけで罪が決められるなら上記の2者は同罪となる。

命を奪うという「行為」は同じでも、
どんな原因があってその結果に至ったのか?
更に言えば、その原因には誰に責任があり、誰が被害者なのか?
絶対的な強制力だったのか?、任意による愚行だったのか?
どの程度の圧力が存在し、それに対してどう対応したのか?
そういった視点で見れば情状酌量するべき点はすべきである。

複数の軸からその「行為」に対する減点加点を繰り返し、
その結果導き出された罪の重さによって罰を受けるべきだろう。

こういう論旨だと思いますが・・・私もほぼ同意したいところです。
特に後半はレイプによる中絶と怠惰なセックスによる中絶を
同じ重さとして裁こうとする馬鹿野郎には読んで頂きたい話です。
スポンサーサイト



覚悟氏の記事の繰り返しになるけど
>レイプによる中絶と怠惰なセックスによる中絶を
>同じ重さとして裁こうとする馬鹿野郎
こういう輩は、なぜ「正当防衛」や「緊急避難」など
自己の尊厳や生命を守るためにやむなく犯す殺人が
法的に認められているのか理解できないんですかね?

処女崇拝非処女即肉便器の潔癖症なチェリー諸君だって
一人の男だけに生涯の貞節を捧げてる女性や
レイプや性的虐待によって処女を失った子まで一緒くたにして
肉便器呼ばわりなど、決してしないというのに。

私自身は覚悟氏や上記記事の方が例に上げている
「同じ重さで裁こうとする馬鹿野郎」は、寡聞にして
お目にかかったことがありませんが
「同じ重さで情状酌量を望むアフォ」は見たことがありますw
謝れ!同列にされたレイプ・虐待被害者に謝れ!と言いたくなりますた。
【2006/06/27 10:52】 URL | DDT #t50BOgd.[ 編集]
はじめて書き込みさせていただきます、覚悟さん。
例えば、コンドームなどで避妊していても少なからず妊娠する可能性はありますがその場合はどうなんでしょう?
それともあまり避妊など深く考えず、いざという時は中絶すればいいとか考えている身勝手な男女だけが非難の対象ですか?
【2006/06/27 22:10】 URL | 残飯マン #-[ 編集]
避妊に失敗して中絶という場合は、
碌に避妊をしないで中絶に至った場合よりは
情状酌量の余地はあるとは思います。

ただし、そもそもセックスとは
「仮に妊娠しても愛してその子供が生める」相手および状況下で
行うべき行為であり、またそうでない場合は
出来るだけ控えるのが望ましいと私は考えます。
ですから、避妊を失敗した結果の中絶も
安易であり、性欲>理性という好ましくない判断の
結果であると私は思わざるをえません。
【2006/06/27 23:14】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
私は喪男ではないのですが、
中絶反対論についてかなりつっこんで書かれているこのページに興味があり、
それ関連の記事は読ませていただいていました。

じつは以前から残飯マンさんと同じ事を考えていたのですが、
「避妊が失敗してできちゃったからおろしてもいい」
という理屈は通らないのではないでしょうか。
少々極論かもしれませんが避妊が失敗しても子供を生める経済力、立場等をもってはじめてSEXするべきだと思います。

【2006/06/27 23:16】 URL | SLマニア #-[ 編集]
ただ夫婦の方で経済的な理由でおろしてしまう場合もありますし、この時は流石に仕方ないと考えてしまうのはやっぱりおかしいでしょうか?まさか、金持ちで無い夫婦はするなというわけにはいきませんしね。
私としては未婚の男女が中絶するのは絶対に反対で、既婚の男女が避妊しても中絶するのは致し方ないと思ってしまう、ある種のダブルスタンダード的な考えです。
なぜなら既婚の男女の場合お互いに責任をもてますが、未婚の男女の場合もし別れて別の人と付き合って中絶の過去を知れば、相手の苦しみは想像を絶するものになると思います。既婚の場合はこのようなことは起こらないですしね。
しかし、どうでしょう。昔から日本では中絶まがいの子殺しは多かった。現代、外国でも中絶は決して少ないものじゃない。中絶をすることを人殺しと思うかどうか倫理観を別とすれば、やはり現代社会において必要だと思わざるを得ません。そして、一定数の中絶があるのはやはり仕方が無いと思う面もあります。
ただし、避妊を怠った快楽の果ての妊娠は断固反対ですし、許されることでは無いと考えています。
【2006/06/28 16:56】 URL | 残飯マン #-[ 編集]
残飯マンさん
夫婦という契約関係を結んでいようが、
恋人付き合いという口約束的な関係であろうが、
胎児の命を粗末にする点ではまったく同じではないですか?
SEXにおいて結果の責任を取るというのは、
「胎児が出来れば産み育てること」であって、
「胎児の命を絶った罪悪感を背負うこと」ではないと思います。
そもそも、「夫婦だから子供を殺していい」というのは、正当性が見当たりません。
夫婦だからだらしないSEXをしないという根拠も見当たりません。
私は、覚悟氏の年間中絶数30万件の根底の記事にある、
>セックスの自由を縛ったとしても胎児の命を守るべきだと。
>そもそも単なる嗜好品に過ぎない事(SEX)の自由と
>人の命を天秤に掛ける事自体が狂っている。
>己の性的快楽のために人命を踏みにじっている点では、
>強姦殺人などと同列だ!!
に賛成です。
よって、胎児を堕胎させるくらいならSEXしなければいい。
胎児が出来たならば理由はどうあれ産み育てる責任を全うすべきだと思います。
もちろん、レイプは母体危機を除いてですが。
【2006/06/28 18:26】 URL | 武士道精神 #-[ 編集]
基本的に、武士道精神さんと同意見です。

夫婦での愛情確認としてのセックスがしたいなら、
別に挿入して膣内に射精する必要はありません。
お互いの性器を愛撫しあう、フェラ、クンニ、69もあるし、
それによって性的快楽を十分に満たす事もできます。

まあ、ピルとコンドームを併用すれば
1千年間セックスし続けても妊娠しない確率ですし、
IUDも極めて高い避妊効果を持っています。
それでも数百万分の一で妊娠する事もあるでしょうが、
そういった例での中絶が30万件のうちの何件なのかと
考えると、そういった点に力を入れて話す意味は
あまり無いように考えます。
【2006/06/28 19:42】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
残飯マン氏ご自身も、書き込みの中で
>避妊を怠った快楽の果ての妊娠は断固反対
と言ってる事から鑑みるに、例に上げてるのは「妊娠した当時は子供を作れる状況だったので望んで作ったが、妊娠してから旦那のリストラなどの理由で子供が産めない状況に転落してしまった夫婦」とかの場合とかじゃないかなー、と思うんですが如何?

ただ上記の場合でも、国からの公的な援助は用意されるらしいですし、夫婦とも天涯孤独で頼れる知人友人一人もいなくても、死に物狂いで活路を探せばなんとかなるもんです。
(上記の例でなおかつ中絶以外の道を見出せなかった人を、責めるつもりはないですが)

あと、母体の危機に際してやむなくってのも「もともと妊娠に耐えられる体じゃないのがわかっていて子供ができるような事をした人たち」はアレしたい気分。そりゃただの馬鹿だろう、と。
【2006/06/29 15:48】 URL | DDT #t50BOgd.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。