ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、プリンセスプリンセスというアニメにハマってます。
内容はかなりぶっ飛んでるのですが・・・
物語の舞台はとある男子校
ここではムサい男子校で息詰まりがちな生徒達の
学業や部活動の活性化のために特に容姿端麗な男子に
女装をさせてアイドル(姫)にするというぶっ飛んだ風習が。
そこで姫に選ばれた主人公達の活躍?を描く女装コメディです。

この手の作品にありがちな同性愛展開は現時点では殆どなくて、
主人公達も女装を仕事としてかなりドライに受け止めています。
(姫になると単位優遇、専用ルーム等が与えられたりと特権が付く)
もちろん本人達も男性的感覚を失っておらず、普通に彼女が居たりもします。
なぜ私がこの作品を気に入ったかと言うと、彼らが女性的な外見を持ちながら
良い意味での男らしさをキチンと内面に持っているという点です。
例えば彼らが地区予選を突破したクラブを応援に行く事が決まった時、
「女装した格好で校外に出るのは流石に恥ずかしい」
姫の1人である実琴が反発をしました。
その時に姫の中のリーダー格である四方谷はこんな台詞を延べています。
「我々は姫として様々な優遇を受けているのだから、仕事を拒否するのは無責任だ。
女の格好をするよりも、責任を放棄するほうが余程男らしくないのでは?」

その説得に心打たれた実琴もしぶしぶながら納得し、
恥ずかしさに耐えて応援に参加したのです。

この発想、「権利に対する義務を(内心嫌でも)果たさねばならない」
これは男性思想そのものであり、内面まで女性的であった場合は出難い発想です。
外見は3人の中で一番女性的である四方谷がこういった
男気ある台詞を吐くと殊更に格好良く感じてしまうのです。
(化粧や服装に対して「商売道具だから」と割り切りを見せるのも男性的)
この四方谷と主人公である河野の2人は姫という任務に非常に前向きで、
女装に対して多少なりとも嫌悪感を持ちながらも、
「周囲がその事に喜んでくれるなら頑張ろう」
「優遇に対して義務を果たさねばならないから頑張ろう」
「嫌々やるよりも前向きに楽しめるように発想転換しよう」
このように責任感を持って努めているので非常に好感を感じます。
3人の中で一番無責任に見える実琴ですらも、そんな二人の姿勢をリスペクトし、
嫌がりながらも頑張って責務を果たそうと努力しているのです。
彼らは容姿スタイルは女っぽいし、言葉使いや物腰もソフトタッチですが
その内面はキッチリと漢(おとこ)なのです。
その外見と内面のギャップに現実ではありえない魅力が感じられるのでしょうね。

こちらが私の敬愛する四方谷のアニキ。
四方谷のアニキ



この点でまったく逆の事をやってしまったのが前期アニメの「かしまし」でしょう。
このアニメは女っぽい外見の主人公が宇宙人の手によって
性転換(女性化)してしまうという恋愛コメディアニメでしたが、
外見だけでなく内面まで(悪い意味でも)女性的だっただめ
恋愛感情を持ってくれた女の子二人を優柔不断故に
選ぶ事が出来ず、曖昧な関係のまま、どっちも傷つけて
挙句にどちらとも気不味い雰囲気になってしまったら
今度は親友(男)の明日太にチョッカイを出し始めるなど、
ビッチ臭が漂う主人公のダメっぷりが鼻につく内容。
好きな相手、好意を持ってくれる相手が複数居た場合に決断できず
ズルズルと事実上の股掛け状態を続けてしまうのは実に女性的です。
その悪い意味での女性らしさが私的には実に不愉快でした。



※追記※
今期アニメで面白いと感じたその他作品を幾つか挙げておきます。

サムライ7
勧善懲悪のシンプルなストーリー。
ムサいオヤジ侍やキモメンがワンサカ出てくる男臭い世界観。
喪男的には全体的に安心できる作り。
豪傑サイボーグキクチヨ様は最高ですね。

ブラックラグーン
暗黒街の無法チックな展開が秀逸。
ダッチ兄貴のクールさにメロメロです。

うたわれるもの
元ネタがエロゲなので甘く見てましたが、意外と真面目な部族蜂起ストーリー。
クロウ兄貴のガッツっぷりに惚れます。

吉永さん家のガーゴイル
ヒューマニズムドラマとして意外と秀逸。
若本声のガーゴイルにしびれます。

余談ですが、ネット上では評判の「涼宮ハルヒの憂鬱」
何が面白いのかまったく理解できません。
単なる趣味の相違なのでしょうが・・・何が楽しいんだろ。
ファンの人には悪いのですが・・・。
ただ、ED曲は大好きですけどね。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。