ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


次に2の問題、
「喪男は男性間でのヒエラルキーも低い場合が多いから、そういった存在に配慮しろ
という提起について解答したいと思います。


私がキモメンながら合コンに参加できたのは後輩のイケメンと
仲が良く、なおかつ同性間ヒエラルキーで私が上位だったからです。
合コンの男性主要メンバーが私の後輩(ヒエラルキー下位者)であったために、
私の我侭を(内心はしぶしぶだったとしても)許容してくれたのです。
つまり男性間で強い立場にあるならば(人脈があるならば)
どんなキモメンでも合コンに参加する事は可能
であるという事です。
(そこで女性と仲良くなったら喪男ではありませんが)
ですから「喪男が合コンに参加できるなんて有り得ない」
という言説は単なる偏見に過ぎません。
誤解なきように言いますが、合コンに参加できない喪男も、
参加しようと思えば出来るが敢えて参加しない喪男も、
合コンに参加できる喪男も全てLRを守っているなら
全員が喪男であり、そこに優劣などありません。


合コンに参加できるから喪男として偉いという事もなければ、
合コンに参加できないから喪男として偉いという事も無いのです。


同じように大富豪として大勢の人間を傅かせようが、
格闘家として屈強なライバルを何人も打ち倒そうが、
仕事の出来る男として、年収1000万稼ごうが、
達者なトークでいつも男性陣の中で中心人物で居ようが、
喪男は喪男であり、同性間ヒエラルキーの上下は無関係です。

この意見に対して「喪男は同性間でもイジメられてる奴が多いんだ!!」
「同性間ヒエラルキーも低いのが喪男だ!!」と食って掛かる御仁が居るのですが、
こういった意見の方が喪男をよっぽど馬鹿にしていると思います。
喪男だって恋愛以外で優秀な奴は大勢居るし、
そもそも「恋愛ヒエラルキーが低い=同性ヒエラルキーも低い」
という客観的根拠を私は見たことがありません。
もちろん、体験したこともありません。
既婚者が管理職に抜擢され易いという気風が一部の企業には
有るようですが、極限られたワンシーンでの気風に過ぎません。
(そもそも上記の場合は独身モテ男も割を食うのでモテ問題とはズレます)

男性ヒエラルキーにおける喪男の実力、喪男の可能性を舐めるな!!

当然ながら喪男道に於いて「同性ヒエラルキーで辛酸を舐めた」
という問題は喪男の問題とは切り離して頂きたい。
恋愛ヒエラルキーとは関係ない問題で味わったストレスを
喪男道にムリムリ持ち込まれても私はそれを拒否します。
運動音痴な人々が悩みを共有するコミュニティで、
勉強が出来ない事を愚痴りだすようなものですから。

同性ヒエラルキーで辛酸を舐めた人を特別に攻撃する気もありませんが、
特別に擁護したり、配慮したりする気もありません。
どうしても「喪男=同性間ヒエラルキー下位者」という構図を
デフォルトとして押し付けたいと思う人は
「喪男~男社会でも苛められたよ派」とか
「喪男~この世のあらゆるヒエラルキーに逆らうよ派」
こういった派閥をご自身が作って集えばよい。
そしてそれは私の仕事ではないし、興味もないと言っておきます。


※追記※
今回の問題で食って掛かる人達はおそらく、
あらゆるヒエラルキーを破壊したがるタイプの人でしょう。
「ヒエラルキー=悪」という認識ですね。

もちろんヒエラルキーといっても程度がある訳で、
明らかな弱いものイジメとしか思えないものは問題でしょうが、
キチンとギブアンドテイクが成り立っている適切な上下関係すら
否定しようとする考え方に私は同意する事は出来ません。
こういったヒエラルキーを過剰に敵視する考え方は、
ともすれば過度の社民主義や社会主義思想に流れがちであり、
私が嫌いである「過度の弱者特権」の容認に至る恐れがあります。
いわゆる在日特権、障害者特権、最近にわかに言われるエイズ特権
(どんな原因で弱者になったとしても)弱者は(善悪無関係に)
擁護賞賛されるべきであるという思想です。


この思想の前では以前に記事にした、いい加減な性行為の果てに
他者にエイズを移しまわったり、母子感染のリスクを知りながら
無計画妊娠をしたりした北山翔子すらも弱者と認めるハメになりかねない。
身勝手な理由で中絶する女性等もです。

奇しくも北山翔子問題の際にこんなコメントを残した喪男?が居ました。
「私は北山翔子も喪男もみんなが優しく迎えられ認められる社会が理想だ」と。

はっきり言います、そんな社会は私は真っ平ごめんだし、
もしもそうしなければ喪男が救われないのだとしたら、救われなくて良い。

自分も地獄に落ちるし、北山翔子みたいな存在も地獄に落ちる。
そんな社会の方が私にとってはよっぽどマシです。
そして私は過去に幾度か起こった大論争に於いて常に上記のような思想を元に、
私の望まない方向へと喪男道を導きかねない存在をパージしてきました。
それは今後も絶対に変わらない事を確約します。
スポンサーサイト



このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2006/05/07 00:26】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。