ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モテナイ差別関連で、差別を行う側の人間について考えてみましょう。
差別とは何らかの点で自分より劣る相手を侮蔑し暴虐を振るう事です。
要するに差別する人間は、弱い者イジメが楽しくて仕方ない人種ですね。

ただ、ここで勘違いしてはならないのは
「優しくない=差別 ではない」と言う事です。
自分が苦手とする人間、嫌いな人間とは距離を置いて
最低限の事務的関係のみ我慢して行う。
これは差別どころかむしろ大人の対応と言えます。
軋轢が生じやすそうな相手とは疎遠にして、無駄な争いを避けるという知恵です。
恋愛放棄もこの距離を置くことに類する行為です。
もちろんここで、事務的関係すら拒否するようではガキであり、差別者に分類されますが。

では、差別と距離を置くことの違いとは何でしょう?
それは「自ら積極的に相手を攻撃するかしないか」と言う事です。
離れたところでじっとしているモテナイ男にワザワザ近づいて
「キモイ」と罵る・・・
別に「キモイ」と心の中で思うことは自由ですし、
百歩譲って相手に絶対聞こえない場所でその人の陰口を叩くのは
許容範囲に思います(罪悪感と最低限の配慮を理解している)

ですが、その人間に面と向って侮蔑を投げかけたり、
あまつさえ暴虐をふるうことは明らかな「イジメ」です。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。