ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ついこの間、己が慢心から非常に手痛いミスを犯してしまいました。
会社の同僚(男)に15万円ほどお金を貸した挙句に逃げられてしまったのです
まあ、最終的には会社の上司の情報網を借りて土木作業系の監督に
聞き込みを入れまくって、犯人の居場所を特定し、アパートに
上司含む複数人で押しかけて、無理やりに(サラ金に行かせて)回収しましたけど。

なぜ私が彼に金を貸してしまったかというと、相手が男だからという油断
(相手が女だったら非常に警戒してまず貸さない)
もありますが、
一番大きな原因は「心の隙間を突かれた」というのが正しいでしょう。
彼は「ペットの猫が病気に掛かって手術代が30万かかる、あと10万足りない!!」
こういう口上で私に金を無心してきたのです。
普段の私でしたら1万円以上のお金を貸す場合は非常に警戒するのですが、
「ペットの手術代」という己のトラウマを突く一文に見事に冷静さを奪われました。
以前に書いた捨て猫のふうこの記事を見て頂くと分かりますが、
私はペット(特に猫や犬)に対して非常に強い思い入れがあります。
私が幼かった頃は兄は寮生活、母は夜遅くまで仕事という状況で、
一番接する時間が長かったのはペットだった犬達(ポメラニアンとセッター)でした。
彼らと寝食を共にし、まさに家族同然の関係で、私の中では母親以上の存在だったのです。
ポメラニアンの「ミミ」は老衰で眠るように死んだのですが、
セッターの「ポピー」の方はなまじ体が強かったため、かなり苦しみながら死にました。
手術代が無かった訳ではありませんが、腫瘍などがあちこちにあり、
既に手術したとしても手遅れという状況で私も母も手の施しようがありませんでした。
この事が心の傷として残っていて、今でもその事を夢で見る事があります。

そのトラウマを彼は見事に突いてきたのです。
彼と雑談してたときに「動物が好き云々」と喋ってしまったので、
「ペットネタで金をせびればこいつは騙せる!!」そう思われたのでしょう。
口が達者でコミュ力が高い奴だったので人の心の隙間をたやすく見抜けたんですね。
彼は実際はペットを飼っては居ませんでしたが、ネットで落とした猫の画像などを
携帯で私に「うちの猫なんだけど、最近食欲が無くて心配なんだ」等と以前から
私に話しかけ、前もって布石を打つという念の入りよう。
結果私は見事に冷静さを失い、騙されて・・・10万円ほど要求されていたにも拘らず、
「何があるかわからないから」と自ら5万上乗せして15万渡してしまったのです。
一週間後、彼は職場をトンズラ・・・私以外にも複数から借金をしていたようですがね。
私は人間不信(特に女性不信)という自覚を持っていて、
「そうそう人を信じる事は無い=騙されない」とタカを括っていましたが、
いざ心の隙間を突かれてしまうとこの体たらくです。

喪男の中にはよく「俺は絶対に女に言い寄られないし信じない、だから女に騙されない」
こんな態度を取っている人を見かけますが、それは慢心だと忠告しておきます。
確かに冷静な状況でなら大丈夫でしょうが、今回の私のように心の隙間(トラウマ)を
的確に見抜かれてそこを擽られると人間不信だとしても案外と崩されるものです。
ですから、普段から自身の心の隙間を確認して、そこを突かれた時の対応を
脳内シミュレートしておく事をオススメします。

・映画や漫画などで自分はどんなシーンや展開で泣き崩れてしまうのか?
・自分の過去を振り返ってどんな事で傷つき、どんな事を心残りに思っているのか?


こういった事を冷静に振り返り、その点を擽られたときにでも冷静で居られるように
慢心せず、常に足元を掬われる可能性への恐怖を忘れずに生きて欲しいと思います。


※追記※
ちなみに、同僚が私から騙し取った金は案の定といいますか、
キャバ嬢に貢いでいたようです。
その男ははっきりいえば今田浩二をさらに悪化させたような
ブサメンなのですが、達者なトークでブスの女性を手玉にとって
金を引っ張り出しては美人のキャバ嬢?に貢いでいたらしいです。
それでも金が足りなくなって、私の金にまで手を出したと。
流石にこの話を聞いたときはキレて思いっきりぶん殴りました
よりにもよって私の金がこんな形で女に流れるとは屈辱の極み!!
(殴らないから正直に言ってみろと説得して吐かせたのですが、
正直な理由を聞いたら我慢できませんでした・・・)
スポンサーサイト



家にも猫がいますから、他人事とは思えませんね。
しかし、「喪男」と「鯛男」の生態の違いがここでもはっきりと出ていますなw
巧みな弁舌を以ってしても、顔によって選考対象から除外される現実。そこで「恋愛への努力そのものを無意味とする」か「それでも尚、恋愛市場に縋り付くか」。
「人を欺ける程の話術」を持ちながら、「それで飯を食っている連中」に容易く引っ掛かるのも、覚悟氏の危惧する慢心というものなのでしょうかね?
【2006/05/03 00:01】 URL | #-[ 編集]
同じ男性でも、コミュ力が高いのは味方のフリして
信用させた後に手酷く裏切りますからね。

イジメられてた自分が転校生(男)に親切にしてたら、
いつのまにかイジメ側になって散々やられた過去を思い出した。
差し伸べた手を切り落とされたような('A`)
【2006/05/03 01:48】 URL | せがた七四郎 #LmMdU2V.[ 編集]
自分には心の隙間はとりあえず無いと思っていますが、相手に自分の気付いてないそこを気付かれたら恐ろしいです。
【2006/05/03 08:44】 URL | #-[ 編集]
ミイラ取りがミイラになった、ですかね。
オウムの弁護士は最初はからかうつもりで接近したら入信していたという。

自分は騙されないと言う過信が騙される原因となる。騙されないと言う意気込みを持つのは重要だがそれだけでは駄目。やはり、騙す側と接近する機会を減少させる事も必要だと。

でも、殴らないからと言って殴るのはどうかと思う。気持ちはよく分かるが。
【2006/05/03 10:42】 URL | ワッフル ワッフル #/qX1gsKM[ 編集]
 人間らしく生きていこうと思ったら、騙される隙は必ず残りますよ。良心を突っつくというのがは、人を騙しやすい方法の一つなんですから。
 それにしても、携帯に猫の画像を~…とは、なかなか手馴れた人ですな。

 後、やっぱり『怒らないから言ってみなさい』というのは嘘だよねw
【2006/05/03 12:35】 URL | 若喪 #uG63M9QI[ 編集]
人間ですから騙される事はあるにしても、その後の落とし前のつけようが凄いですねw
リアルでであったら覚悟氏を敵に回したくはないですよ。
あと、ネット上に人を殴ったとか書くのはややまずいかもとか思うんですが修正したほうが良くないですか?
このコメントも修正していただいてかまいません。
【2006/05/04 01:25】 URL | れびれび #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。