ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


恋愛放棄が出来ないままモテナイ男で居るとどうなるでしょうか?
欲しい物が手に入らないまま日々悶々と過ごすわけですから、
当然ストレスやルサンチマンが鬱積します、精神衛生上よくないですね。

これがさらに進むと絶望感に苛まれ、生きる気力を失ってきます。
いわゆる欝状態です。

欝状態になるのも問題ですが、もっとヤバイのは鬱積したルサンチマンが
攻撃性という方向で過剰に発露してしまう事です。
適度な怒りや憎悪は困難を乗り越える時のエネルギーともなり得ますが、
過剰な怒りや憎悪は「暴走」に繋がります。

電波男ではこの例として都井睦雄(津山30人殺しの犯人)を上げています。
病弱で村人から冷遇されていた青年が、その怒りを大量殺人に向けてしまった事件です。
彼は女性からも相当に侮蔑を受けていたようで、女性との対立が
凶行の引き金となっていたようです(遺書に女性への復讐を誓う旨が書かれている)
単純にモテナイというよりもイジメに近い状況であったので、
一概にモテナイ男に当てはめることは出来ませんが、形はどうあれ
侮蔑や差別への鬱積が臨界点を突破すると何らかの「暴走状態」になる可能性が
高いという事は言えると思います。

モテナイ男は一般人と比較し、侮蔑や差別に晒される頻度が高いです。
さらにその状況からの脱却も前に示したとおり様々な問題があります。
「一般人以上にルサンチマンが溜まりやすい」という事を覚悟して、
上手くガス抜きをしないと社会と折り合いをつけるのは難しそうです。
人間は思ったよりも我慢ができない生き物なのです。
それはモテナイ男も例外ではありません。
ですが、不満の原因を知り対策を考えればコントロールは可能です。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。