ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モテナイ男とは直接的な関係は無いのですが、
某掲示板より面白い資料を発見しましたので紹介いたします。

*******************************************************
【登校拒否と幼児虐待との世代内相関】
(社会学者金原克範氏のサイト)
http://www5c.biglobe.ne.jp/~plugless/
http://www5c.biglobe.ne.jp/~plugless/academy/jas72/

[近年の幼児虐待の特徴]
幼児虐待は現在、著しい増加傾向がみられる
(全国の児童相談所における幼児虐待処理件数の累計結果より)
1990年~1997年の7年間で、1101件から5352件発生(7年間で5倍近く増加)
・虐待者の1位は “実母” 2943件(55%)で、実に全体の半数以上
・虐待内容は、1位「身体的暴行(52%)」、2位「保護の怠慢ないし拒否(32%)」
・被虐待者は、1位「学齢前年齢(45%)」、2位「小学生(36%)」

[幼児虐待にみられる特徴]
・1990年代から増加している
・被虐待者は学齢前年齢(学齢=満6歳~満15歳)が多い。
・実母による身体的暴行、保護の怠慢ないし拒否が多い
・当該家族から幼児虐待が報告されることは少ない
これらのことから近年の幼児虐待の増加は、家庭内において実母が
学齢以前の低年齢児を虐待するケースが増加したことによるものと判断される。
*******************************************************


この内容は「モテナイ男に対する負のレッテル」の記事で示した
虐待殺害件数(9割が実母による)と相反しています。
(1960年代はおよそ300件近かった虐待殺害が現在では60件前後)
殺害にまで至る虐待は減少しているが、
殺害に至らない虐待は増加している

ということになるようですね。
以前に女性側へ塩を送る形で虐待殺害が減少している事を書きましたが、
どうも実質的には虐待(特に実母の虐待)はとてつもなく増加しているようですね。
小学生以下へのレイプ年間50件とはもはや比較になりません。
(1950年代の350件前後から減少の一途、全年齢レイプ総数は年間2500件前後)
子供がロリコン犯罪者にレイプを受ける100倍の確率で親(特に実母)から
虐待を受けてしまうというのが現代の子育て模様のようですね。


※追記※
ヌルポガッさんより追加弾薬が補給されました。

児童虐待・私的秩序
http://blog.goo.ne.jp/palpalrei
被 害 児 童 が 死 に 至 っ た 児童虐待事件に関する調査結果
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen13/gyakutai.pdf
第28回全養サ京都集会自主講座での講演記録
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/book1/abuse.pdf
テロリズムとしての児童虐待
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/byakuya/commu-47.html
悲惨な児童虐待、その根っこを絶とう
http://www.c-iwata.net/yume26a.htm
幼児虐待の事例
http://www.sipeb.aoyama.ac.jp/~mt-home/activities/junior98/project.html
-幼児虐待-
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yamiyo/current5.HTM
スポンサーサイト



家庭内暴力は昔からあった

私自身、母になんどか筆箱や調理道具が壊れるまで殴られた経験がある
一度なんらかのスイッチが入ると止められないらしい
おかげで他人の嫌悪、怒りなどの攻撃的心情の変化を読み取って行動
頭部などをうまく庇うことがうまくなった

けれどこの時に法律による介入があったとしたらよりひどいものになっただろう
育児放棄や虐待はしない人だったから、そう思うのだろう
自分の弱さを許せず、他人を嫌悪する人だった
それゆえに家事や勉強を教える時に暴れたのだろうと今は思っているし

この問題に介入すると大部分のボーダーライン上の親を追い詰めるだけに終わる気がする
本当に悪辣な人間を止めることは法には無理
保護のための法によってボーダーライン上にいた家庭がより崩壊して終了しそうだ
【2006/01/09 20:41】 URL | #-[ 編集]
参考までに。
検索したら出るわ出るわ…

http://blog.goo.ne.jp/palpalrei

被 害 児 童 が 死 に 至 っ た 児童虐待事件に関する調査結果
http://www.npa.go.jp/safetylife/syonen13/gyakutai.pdf
第28回全養サ京都集会自主講座での講演記録
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/book1/abuse.pdf
テロリズムとしての児童虐待
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/byakuya/commu-47.html
悲惨な児童虐待、その根っこを絶とう
http://www.c-iwata.net/yume26a.htm
幼児虐待の事例
http://www.sipeb.aoyama.ac.jp/~mt-home/activities/junior98/project.html
-幼児虐待-
http://www5f.biglobe.ne.jp/~yamiyo/current5.HTM

【2006/01/09 21:13】 URL | ヌルポガッ #zZJBNDww[ 編集]
突き詰めて言うならば、親として立派にやっていくのは難しい。それが出来るやつはそう多くはない。自己責任が強く問われる現在、親になるのはよほど立派な奴で無い限り避けるのが賢明、ということなのでしょうな。

産んではいけない!―少子化なんてくそくらえ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4872336259/249-3420127-9079568

という本があります。これによると育児をするということは想像を超えた苦労がある、だそうです。育児に疲れて我が子を虐待したくなるという事をどの位の人が知っているのか、その辺りに問題の根の深さがあるように思われます。


育児が大変なものである、という事実から目を反らして、産んでしまえばなんとかなる。そう考えていた夫婦が多かったということなのでしょうか。物事を成す前には悪い情報もしっかり仕入れる必要がある、目を反らしては駄目。そう考えることにします。
【2006/01/10 00:01】 URL | 通りすがり #LkZag.iM[ 編集]
遅れましたがこんなのがありましたよ

変態より親が殺すのだ、子供を
http://taknews.net/archives/2005/11/post_143.php
【2006/02/04 18:21】 URL | 喪男 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。