ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨晩の「朝まで生討論」は議題が「少子化」だったのですが、
これを見て面白い事を発見したので考察してみます。


日本の出生率は第二次ベビーブーム(昭和45~50年)
以降は低下の一途をたどって来ました。
そして現在は出生率は1.299人という過去最低の数値に
なっている事は皆さんもご存知かとは思います。

ですが、この1.299という極めて低い値に実は秘密が隠されていて、
既婚者に限れば実は平均出生率は2.2~2.3人
未だにそれなりの値が確保されているのです。
そしてこれは1975年辺りから現在まであまり変化が無いと言うのです。
(若干下がり気味傾向という感じ)
これは以下の公的機関の調査でも同様の見解がなされています。


**************************************************
強制社会政策統括官の少子化対策・高齢社会対策案(平成10年度)
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-1998/images/f1_331.gif
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-1998/haku9811.htm#04

我が国では婚姻外での出生が少なく,既婚者の出生児数は
大きく低下していないことから,出生率低下は主として
初婚年齢の上昇 (晩婚化)や結婚しない人の増加(非婚化)に
よるものと考えられる。晩婚化・非婚化の進行に伴い,
結婚する人が減り,結婚に伴う出生が減少して,出生率が低下する。

**************************************************



つまり少子化問題の根底は結婚した人が子供を産まないのではなく、
「結婚したくない、結婚できない未婚非婚層」
最大のネックなのです。
彼らの存在が既婚者の出生率2.2~2.3という数値を
1.299まで引き下げているのです。
これを踏み台として以前の考察内容と繋ぎ合わせていきましょう。


「晩婚化から二極化へ 」
***************************
国立社会保障・人口問題研究所
晩婚化・非婚化の要因
http://www.esri.go.jp/jp/forum1/050620/kicho-iwasawa1.pdf

・結婚に利点があると思う人は利点はないと思う人よりも多く
 7割程度、しかし男性で利点無し派が急増。
・利点として薄れているのは「社会的信頼の獲得(男女)」、
 「親の期待に答える(男女)」、「生活の便利さ(男性)」
・利点として強まっているのは「子供や家族が持てる(男女)」、
 「経済的余裕(女性)」

***************************



此方の資料を見ていただくと判りますが、
男性の結婚否定派は急速に増加しています。
5年ごとに3%~5%ずつコンスタントに右肩上がりで上昇し、
対して女性が5年単位でも1%前後しか上昇していないのです。
女性は依然として結婚に期待している人が多いのに対して、
男性は結婚したがらない人が急速に増えているわけです。
つまり「男性にとっては結婚するメリットが無い」
「女性にとっては結婚するメリットは今だ大きい」のでしょう。
現代の日本はそういう社会になっていると思われます。

「女性は結婚したがっている」
「男性は結婚したがらない」


結婚は両者の合意でのみ行われる行為です。
女性にしろ男性にしろ一方が結婚したがらないのなら成立しません
「なぜ男性が結婚したがらないのか?」の原因はさておいても、
非婚化を解消するには「男性が結婚したくなる」ように
せねばならないと言うことです。
そして次に此方の記事を確認していただきたいのです。


「参議院とモテナイ男」
*******************************************
国民生活・経済に関する調査報告
参議院国民生活・経済に関する調査会(平成十三年六月)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/ayumi/houkoku/kokumin/koku01.htm

人を愛するとか生きるということを社会・家庭・教育の中で
体験しないできた状況下での未婚化、晩婚化の回復については、
現在は強者には幾らでも女性が寄ってくるが、
弱者には女性が寄っていかないむき出しの競争社会になっている。
競争や自己責任というイデオロギーが浸透する中で、
女性が相手の年収や学歴を問わずについていくことは今後あり得ず、
晩婚化、少子化は相当程度続くだろうとの見解が示された。
また、結婚は、男性にとっては性別役割分業がなくなったことにより
合理性がなくなり、女性にとってはすべてを失うことの方が
多いという意味でリスキーなものになっている。
合理性がなくリスクであると考えたときに、目に見えない信頼や
愛をどのように作り上げるかが必要との認識が示された。


参議院の見解が○chの見解と全く同じだwww

*******************************************



こちらの参議院の見解、
現在は強者には幾らでも女性が寄ってくるが、
弱者には女性が寄っていかないむき出しの競争社会になっている。

これが正しい(場所が場所だけに信頼度は高い)とするなら、
前出の国立社会保障の統計と併せて考えますと女性は
あくまで「金持ちやイケメンなどの稀少な強者」
のみと結婚したがってるわけです。
※注意※
これを見て「私は贅沢なんて言ってないわ!!」
否定する女性は自分が「自覚なき贅沢者」でないか
此方の記事と照らし合わせて再確認してください。
「童貞処女=モラリスト?」

しかし、実際には現実の大半の男性は
「大した金もない、イケメンとはいえない男性」な訳です。
私の推論ですが、こういう女性の「欲深さ」を感じ取って
あーあーそうですか!!俺は結婚欲自体捨てます、あほらしい!!」
としている人も多いでしょう。

まあ恨み節は置いといて、男性は「結婚自体がしたくない」
思っている訳ですからこれを結婚させるのはかなりの至難な事です。
結婚制度を「現状よりも男性にとって魅力的である制度」
換えてあげねばならないからです。
これは即ち女性に対しての「妻の利得制限」「妻の権利一部制限」
という相反した面が少なからずあるという事です。
フェミニスト国家である日本がこんな事を了承するはずがない!!
だとするならば、後は「イケメンや金持ちなどの強者」
結婚を願望する女性に与えてやるほうがより現実的でしょう。

ですが年収1000万以上の男性は全体の6%程度で、
尚且つそれは「定年間際の老人」「扶養手当がついている既婚者」
などのおよそ結婚対象外と言える男性も多く含んでいるのです。

国税庁民間給与の実態調査結果(平成16年度)
http://www.nta.go.jp/category/toukei/tokei/menu/minkan/h16/01.pdf

また街中を見回せば判りますが、女性が満足するような
イケメンもまた全ての女性の子宮を満たしてやれるほどの
数は存在しないのです。
(私的な感覚ですが、男性全体の10%未満でしょう)
とするならば、どうするか・・・
やはり一部の金持ちやイケメン大勢の女性を娶って
一夫多妻制(多夫多妻制)とするのが理想的なのではないでしょうか?
これを良しとせずあくまで性善的な手段で非婚化を解決するなら
弱者(貧乏ブサメン)にも女性が普通に寄って来る社会
を作らねばなりません。
それも短期間(10~20年程度)のうちに!!

それが絶対に不可能なことは欲深き女性ご自身
よーく理解していると思います。
あなた年収350万円「加藤大君顔」と付き合って
浮気も搾取もせずに、パートして家庭を共に支え、
仲睦まじくセックスして、子供を産んで育てる事ができますか?
そして、そういう事を大半の女性が幸せと
感じられる社会が実現可能だと思いますか?

そう思うのでしたらその具体的方策をぜひ発表してください。

ちなみに朝まで生討論でのアンケートでは
ブサイクな貧乏男性とでも結婚できる(愛が紡げる)か?
という問いに手を挙げた人はおよそ50人中(もっと居たかも)0人でした。


最終的結論は以前から上げていた「一夫多妻制」の採用。
やはりこれ以外にありえないと今回の朝生をみて確信しました。
男性が余る?大丈夫、男性には風俗二次元もあります。
イスラム社会に生きるモテない男と違って
ガス抜きする手段は幾らでもあるのです
そしてご自身の未来の為、日本の未来の為に一夫多妻の有効性を
声高に叫んでくれる女性が1人でも多くなる事を私は願って止みません。
男性がそんな事を口走っても「男尊女卑だ」と責められてしまいます。
女性自身が一夫多妻制を主張する事に意味があるのです。
なお、一夫多妻制についての考察については此方もご覧ください。
「(2)恋愛社会下層者の不満を解消させる」




※追記※
しかし、思うのですが、女性が解放されればされるほど
逆に男尊女卑的(一夫多妻)というか女性が寄生虫化していって
男性に依存するようになっていく気がするのですが・・・
女性が誇り高く独立した人間として成長する為に男女差を撤廃したはずが、
はるか原始的な一夫多妻制が必要な状況に行き着くとは皮肉なものです。
一夫多妻が必要な現状は男に飼われる事を
望んでいる女性が増えた事を意味します。

社会主義という一見すると理想的かつ平等な社会を作ってみたけど、
実際はみんな怠惰になってしまって社会腐敗を起こした・・・
それに近い流れを最近のフェミニズムから感じてしまうのです。


※追記2※
今回のフェミニスト論客の代表と目される社民党の福島議員に
ついての話でこんな面白い書き込みを見つけました。

**************************************************
社民党の福島は子供に
「お前に母親らしいことをしてもらったことがない」
って言われたんじゃなかったっけw
こいつも責任放棄してフェミ活動だろ。
子供を生めるような人間じゃないのにw

**************************************************


これが真実だとすると彼女達先鋭的フェミニストの目指すところは
育児家事の完全放棄、母性の完全放棄なのかも知れませんね。
スポンサーサイト



というよりもむしろ、僕らの知っているフェミニズムってのは
女性にとって都合の良い、ただのエゴのようにしか思えないです。
【2005/11/26 14:36】 URL | hi #-[ 編集]
さて、この記事に何人の女のコメントがつくでしょうね。

俺は0と予想します。
【2005/11/26 17:33】 URL | 一喪 #-[ 編集]
はじめまして。
結婚とはあらゆる意味で無縁のAセク喪と申します。

まだまだ仕事などの観点から見ると、
男尊女卑は根強く残っているかと思われますので、
経済的なことも結婚制度の重要な側面だと考えますと、
結果的に一夫多妻制の色が強くなるような気はしますが、
それでも、制度としては、男女平等の権利として、
多夫多妻制がいいかと以前から個人的には考えております。
平等さを言葉としてきちんと表に出していけば、
同時に男女どちらからでも言い出しやすくなると思いますし。
(もちろん、それを目的にした偽の平等さは論外でしょうが)
【2005/11/26 18:50】 URL | Aセク喪 #195Lvy4Y[ 編集]
男には、結婚の利点が無いどころか欠点が多杉

財産分与、女に極端に有利な養育費慰謝料制度に加えて年金分割で骨までしゃぶりつくされるのがオチですね。
暗い未来しか見えない状況ですな
【2005/11/26 22:02】 URL | ヌルポガッ #zZJBNDww[ 編集]
>Aセク喪さん

>男女平等の権利として、多夫多妻制

というご意見は理解できるのですが、この場合生まれた子供の父親が分りにくく、
誰が子供に対して責任をとるのかで問題が発生しやすいと考えられます。
この問題が解決できない限り多夫多妻制は難しいのではないでしょうか?
【2005/11/26 22:18】 URL | ランダー #yXcvZN/o[ 編集]
>ランダー様
フィクションの事例で恐縮ですが
40年ほど前にR.A.ハインラインが「月は無慈悲な夜の女王」という、月面植民者の独立革命を描いた小説において、
月面植民者社会における「家系型結婚」というモデルを示してます。

現状の夫婦ベースの戸籍・相続システムにそのまま載せるのは
ムリがありますが、構成員の寿命より長く続く「新陳代謝するグループ結婚」ってのは「子供を保護育成する機構としての家庭」を確実に維持する方法としては悪くないと思います。
【2005/11/27 00:46】 URL | 謎東洋 #GBRpuxkA[ 編集]
「母性の放棄」は全くその通りなのですが、
フェミに言わせれば「母性」なんて単語を使った時点で
もう「男性社会からの圧力だ!」と大騒ぎですよ…。

それにしても、フェミ以前に「自分達にも悪い部分、改善
すべき点がある」と考える女性って居ないんでしょうかね?

ありとあらゆる問題について、女性側の問題点を自分達で
指摘する人はおらず、最後は男の所為にしてるんですよね。
【2005/11/27 00:58】 URL | WATA #3/VKSDZ2[ 編集]
現在はDNA鑑定により血縁上の子供の父親は特定できるので
誰が養育の義務と遺産相続の権利、親権を持つのかについての決定は技術的には容易ではないかと
多夫多妻制を導入するにあたっては権利関係をはっきりさせるために
同時に出産時のDNA鑑定の義務化も導入したほうがよさそうですな
モラル的な問題さえ乗り越えれば多夫多妻の実現は可能性としてはありかと
【2005/11/27 02:36】 URL | 喪男 #yP3fyjnY[ 編集]
いろいろ困難なことも多いのでしょうね。

ます、現実問題として、資本主義社会との兼ね合い。

会社中心の資本主義社会では、
妻をたくさん娶ると、それだけ扶養者手当てとか保険料とか
企業の負担が増えますよね。
アフリカの一夫多妻制の国がどんどん一夫一婦制になって
いったのは、奥さんがたくさんいると企業にやとって
もらえなくなるからだそうです。

それから、家族の形態について。

多夫多妻で、同じ家に居住する、というのは、
アメリカでヒッピーあたりがさんざんやったらしいですが
どうもあまりうまく行っていないようです。
じゃあ、誰かと住んで、他の人のところへ通うのか。
あるいは、一人暮らしで、いろんな人の所へ行ったり、
いろんな人を呼んだりするのか。その場合、今の愛人関係とか
二股とかとどう違うのか。

数年前の、『ニューズウィーク』で、アメリカでの非婚化の
記事が出ていましたが、最近は同棲して、子どもまで生んでも
『運命の人が現れるまで』結婚しないのだそうです。オイオイ。

日本との出生率の違いは、そこで子どもまで産んじゃえるか
にあるのでは?と思ってしまいました。日本人はそういう状態で子ども
産みませんよね~。
【2005/11/27 08:34】 URL | 薄下 #-[ 編集]
>ランダーさん

喪男さんもおっしゃらっておらえる
>出産時のDNA鑑定の義務化
から根本部分の責任の所在を明確にすることは第一でしょうね。
次に家庭という概念が集団化する以上、
直接当事者以外の重婚相手にも責任の一端が出てくるかと。
異なる集団同士も個で見ると重なる部分が当然出てきますので、
子供を1人でも設けた場合、
従来の家庭的責任以外に社会的な育児責任義務を法的にも生じさせ、
仮に当事者の限界を超えたものについては、
他の重婚者に助けていただくようなことも必要になってくると思います。
さらにその限界を超えた場合には、その準責任重婚者が所属する集団へも。
関係が離れる程に責任パーセンテージを減少させていくなどは必要でしょうし、
ある程度での区切りは必須だと思いますが、
これにより、結婚希望者は相手をしっかり見定める目をより一層求められ、
安易な考えからの結婚によって生まれる子供への悪影響も少しは減少すると理想的かと思います。
【2005/11/27 09:01】 URL | Aセク喪 #195Lvy4Y[ 編集]
賛成派のみなさんが仰るように、DNA検査の義務化など
多夫多妻の制度が理想的に作用して、結婚する人が理性的に
行動できれば今より良い家族制度になるかもしれませんね。

ただその中に私が入れてもらった場合、妻達には財布として扱われ、
他のイケメン夫の子供達を育てさせられそうです(笑)。

【2005/11/27 11:24】 URL | ランダー #yXcvZN/o[ 編集]
多夫多妻と乱交の違いがよく解らないです。
妾とは違うんですよね?
【2005/11/27 23:27】 URL | タコスケ #-[ 編集]
男A・B・Cの3人
女D・E・Fの3人
年収・容姿の序列をA>B>Cとすると
D・E・FはAの子供を欲しがり

B・CはD・E・Fと子供AD・AE・AFを扶養するだけの存在になりそう
【2005/11/28 06:05】 URL | 喪喪 #-[ 編集]
複合婚を知る一番の好著として「ユートピアと性」を薦めます。
30年程度秩序を保った生活を送ったオナイダコミュニティー
では一件も性病の発生も無く、自由選択の性生活が行なわれていました
ノイズは愛の不均等を一番の問題としていたからです
何の問題もなかった訳ではありませんが、近代期愛の問題にここまでラジカルに取り組んだ宗教家を私は知りません
興味があるなら「オナイダコミュニティー」で調べるとより詳しく載っているサイトが見つかるはずです
興味があるなら読んでください
【2005/11/28 20:57】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
当事者がOKするのであれば一夫多妻でも多夫多妻でも構わ
ないと個人的に思います。
ただそれが法律化されるには「恋愛・結婚はスペックとテクニックで行うゲームであり、
人間性や恋愛以外の能力とは全く関係ない」ということを社会の共通認識にするのが前提だと思います。
恋愛に対する一般的な考えが今のままだとモテ+女と非モテの間の対立が
今以上に激化する可能性があると思いますので。
【2005/11/28 22:44】 URL | 瑞鳳 #A3zLNe3c[ 編集]
んーと、正しくは、モテ+女と鯛男と
下位一般男性の対立が激化するとは思います。
逆にネガ喪という存在は男余りの結果目立たなくなって
彼らの視線からフェードアウトしてしまうでしょう。
また、イケメンに複数の女性がぶら下がる事が出来るので
喪男に対する興味は薄れるでしょう。

残酷な言い方ですが、ネガ喪である私にとっては
一般人男性や鯛男がどれ程苦しもうが死のうが
知ったことではありません。
自分が解脱できない故に苦しんでるのだから自業自得です。
ただ、電波男の思想を持って救いが在る事を
伝えてヒントを与える程度の優しさは注ぎますけど。
【2005/11/28 22:50】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
覚悟さん、レスありがとうございます。
私の理想の社会は一部のイケメンが女を全て受け持ち、
残りの男性が全部ネガ喪、喪とイケメンは互いの立場を尊重し合うというもの
なのですが高望みが過ぎるでしょうか。
恋愛というものが人間性と関係ないことが一般常識になれば或いは・・・とも考えたのですが。
あと、一夫多妻になればネガ喪が女の視界からフェードアウトすると
いうのはその通りだと思います。ただ恋愛に対する認識が今のままだと
ある男性が他者(男女問わず)の評価を受ける際に「モテ・非モテ」によって
差別されるという事態は残ってしまうのではないかと思うのですがどうでしょうか?
【2005/11/28 23:30】 URL | 瑞鳳 #A3zLNe3c[ 編集]
>タコスケさん
夫婦の生活スタイル(居住状態や性など)をあえて決める必要は無いと思います。
責任がきちんと取れるのであれば、そこは個人に委ねればよろしいかと。
乱交されたい方々はなさればいいと思います。
ただし、他のことに関しても、仮に何かが起こった際、
結婚という名のもと、追求されることになるでしょうね。
法整備をすることによって責任と共に、
様々な権利が正式に主張できるようになることが
妾制度(?)とは違う部分だと考えます。


>瑞鳳さん

>互いに尊重し合う

>当事者がOKするのであれば一夫多妻でも多夫多妻でも構わない

私も全く同じ考えです。
(できれば喪とイケメンに私のようなAセクシャルも入れていただければw)
ただ法的に一夫多妻しか認めないような形は平等さにかけるかと考えて、
上記のようなことを述べさせていただいたつもりでした・・・。
一夫一妻(婦)、一夫多妻、多夫一妻、多夫多妻、未婚、
これなら法的にあらゆるパターンが選択幅として残りますし。


>覚悟さん
いつも楽しく拝読させていただき、ありがとうございます。
先日までROMだったくせに急にダラダラと申し訳ありません。
【2005/11/29 03:30】 URL | Aセク喪 #195Lvy4Y[ 編集]
一夫多妻制を導入できれば、女帝問題は一挙に解決しますな。鯛男君に泣いてもらうだけで、イケメソも喪男も納得、国家の重大事まで解決ですがな。めでたしめでたし。
【2005/11/29 16:05】 URL | ななしさん #mQop/nM.[ 編集]
>Aセク喪さん

一夫一婦と、子供の面倒は(躾など)コミュニティでというのなら解るんですが、多夫多妻と聞くとスワッピングを思いつく自分の頭がアホなんですかね、古いんですかね・・・・。
性癖なら文句付けませんが。
できた子供の面倒も最後まで見れるのでしょうか?
何か問題が起きたら責任の押付け合いが始まりそうですよ。

追記読んでると妾願望が強いんですかねえ。
【2005/11/29 19:08】 URL | タコスケ #-[ 編集]
しかし先進国で出生率が回復した国は婚外子の割合が高いとのこと
離婚、再婚、シングルマザーの増加を許容などこれは事実上の多夫多妻制を認めているのではないでしょうかね
経済的、あるいは容姿において一部の強者は配偶者をのりかえることが可能な社会
結婚制度における法的な保護が必要ない強者のみが多夫多妻を行うのは合理的ではあります

しかし子供の成長には色々問題がありそうだなあ
【2005/11/29 19:08】 URL | 喪男 #yP3fyjnY[ 編集]
後先考えず子供を増やしたいだけなら多夫多妻なんですかね。

子供が母親に「お父さんは誰だか判らないけど、お金持ちでイケメン」

とか言うんでしょうか?
【2005/11/29 20:35】 URL | タコスケ #-[ 編集]
×子供が母親に
○母親が子供に

間違えました、ごめんなさい。
【2005/11/29 20:36】 URL | タコスケ #-[ 編集]
このコメント欄で論じられている多夫多妻は結局のところ「子供減ると困るからとりあえず生んでね。あとは金持ちが面倒見るから」という話であり、似たようなことをkagami氏がおっしゃられていました。

(以下 http://d.hatena.ne.jp/kagami/20051127#p2 より引用)
ならば、それは国家が親に代わって親権を持って子育てをする、国家子育て制度を作り、親が子供を捨てるという行為を、親が国家に子供を養子にだすという形に変えてゆかねばならない。
(引用終わり)

家庭というものが失われてしまうのならどんな婚姻形態だろうが何も変わりはしませんよ。行き着く所は、計画的に生産して、計画的に教育して、計画的に働かせるだけの超管理社会。子供達は無償の愛など知ることなく育つのでしょう。
また計画教育の元で育った子供達の作る社会は簡単に単一イデオロギーに染まることでしょう。
それはもう悲劇でしかない。
家庭なんていらないというのなら、男女全員避妊、人間はクローン生産でいいじゃない。
【2005/11/30 01:13】 URL | れびれび #-[ 編集]
この議論を見ていますと、
多夫多妻反対する方は家庭の重要性を説いています。
多夫多妻では健全な家庭が築けないという事でしょう。

私もそれには同感です。

ですが、此処で抜け落ちているのは
「どうやれば健全な家庭は復活するの?」と言う事です。

はっきり言いますと、私は健全な家庭を復活のは
不可能じゃないかと思っているのですが、
それを復活させられる具体的方策、社会政策を
暖めている人是非語って頂ければと思います。

現在は上っ面だけの一夫一妻制で、
事実上は浮気やらカッコウが平然と横行し、
女性がイケメン金持ちに一極集中している状態なわけです。

このまま体面だけ繕って、法と現状が乖離した状況を
良しとするよりは法を現状に合わせた上で
責任の追及をより深めた方がまだマシと思うのです。

鼻糞と大便なら鼻糞のほうがまだマシ・・・的な思考ですがね。
【2005/11/30 18:44】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
逆に法を現状に合わせるのがイヤなら、
現状を法に近づける必要があるわけです。

その為に、具体的には世の女性の大部分を人道的方法で
純愛的、貞操的に洗脳する手段があるのでしょうか?
【2005/11/30 18:51】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
>タコスケさん
子供の養育については上に書かせていただきましたが、
全てを法的に縛るしかないかもしれないと思っております。
ご本人達は大変なんでしょうけど、本来は当たり前のことでしょうし。
子供は生まれてくるかどうかすら選べないということを考えると、
子供に対して責任や愛情を持てない人間は、
いっそ法的な最終罰則で臨むのもいいかとすら思ってしまいます。
私自身が恋愛感情も性欲も無いせいで、
自分では意識していませんが、どこかの部分で他人事として捉えてしまっていて、
こういう考えになってしまうんですかね・・・?

>れびれびさん
超管理社会にはせざるおえないことになるでしょうね。
ただ、少子化問題うんぬんの前に、
親が責任を持てないなら作るべきではないかと思うんですが・・・。
そういった意味ではクローンというお考えも、
オリジナルが責任を持つのであれば、いいかもという気はします。
【2005/12/01 01:32】 URL | Aセク喪 #195Lvy4Y[ 編集]
>覚悟さん
リニューアル作業お疲れ様です。
私も体面だけ取り繕う方が不健全だと思います。
単なる多夫多妻制度だけなら、
同じような部分も結局出てきてしまうでしょうけど、
子供の出産時DNA鑑定なども含め、
責任がどこにあるのか、またどう取るべきなのか、
この辺りが明確に法制化されれば問題ないですよね?
【2005/12/01 01:40】 URL | Aセク喪 #195Lvy4Y[ 編集]
>Aセク喪さん

同感です。
責任の所在を明確にして、
責任を負うべきものが負い、
負うべきでないものが負わない。

この問題に限らず、
出来る限りこれに近づけるように
社会を整える必要があるのでしょう。
【2005/12/01 19:48】 URL | 覚悟 #NYvq0xQ2[ 編集]
子育て支援で既婚者の子供を3人にすると3割の人は結婚せずにすむので双方丸く収まる…かな?
【2005/12/04 15:08】 URL | uma #ALt6uKoE[ 編集]
難しい問題でしょうね。

子育て支援で既婚者に3人生ませるようにしたいなら、
2人と3人では天と地ほども待遇がかわるような制度に
せねば結局は無意味でしょう。

さらに言えばその子育て支援の財源を増税により、
関係の無い人から徴収するようになれば
事実上の「独身税」或いは「少子税」という不平等感の
ぬぐえない税金となる可能性もあります。
小額では子供を増やす事には繫がり憎いし、
多額だと関係のない層が冷や飯を食う羽目になる。

なかなか難しいものです。
【2005/12/04 16:43】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
子供の教育ために公共のカネを使うこと自体にはかならずしも反対ではありません。

昭和までの日本は「生まれが下層でも学問があればある程度這い上がれる」システムでしたが
これが現在壊れようとしてます。
ワタシは貧乏人のセガレですが、
自治体と育英会の奨学金と授業料減免で公立→国立コースで修士まで出ることができました。

庶民の所得は伸びてないのに国立大の授業料はワタシが学生の頃の倍くらいになってますし、
「発言小町」あたりを見る限りでは(ソースが妥当かどうかにはちょっと疑問ですが)
公立の小中学校の教育崩壊は惨憺たるありさまのようです。

自分も世話になった身でありますから、
公立の初中等教育の正常化、
大学教育の負担軽減
などを有効に政策化するために必要なら
多少の負担はしかたがないものと思って受け入れようかと思います。
【2005/12/04 20:30】 URL | 謎東洋 #GBRpuxkA[ 編集]
優秀だがお金の無い人を助力する、
学びたいという強い意志を持っているにも係わらず
貧しい故に学べない。

こういった人々を助力するための
正しい増税ならば
恐らく文句を言う喪男は少ないでしょう。

ですが、DQN親がDQNjrを増殖させるためにしか
ならないような下らないばら撒きにならないように
細心の注意を払うべきという条件はつきますがね。

こういう子DQNjrを増殖させる為の
手助けにしかならないような援助の仕方をするんじゃないか?
これこそが我々のもっとも恐れている事なのです。
【2005/12/05 22:06】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
一夫多妻制が一番良いですよ。

女の役割、負担がどれくらい増えようがしったこっちゃないです。

一家の主は雌豚どもを働かせて自分は悠々ヤリたいことだけするのです。

いますぐこのような日本にするのが一番じゃないですか?
家事が好きな女は家にいて外で働きたい女はそうすればいい。
覚悟さんは天才です!
【2005/12/28 10:55】 URL | どんづまり #-[ 編集]
SEXフレンドと時を楽しく過ごして、
しかも報酬を貰えちゃうチャンスを見逃すなよ★♀
http://linktrim.com/4dc

【2006/01/23 16:28】 URL | etinasef #vfquhvF.[ 編集]
関係ないけど、実は福島の子どもが厨房時代の部活の先輩だった…実は当時結構仲良くしてた…母親の話を殆どしない人だったが、そうだったのか。
元気かなぁ。
【2007/03/29 03:28】 URL | 名無しですが何か #-[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2016/03/29 07:36】 | #[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。