ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここは具体例をネチネチと書くと恐ろしい事になるので抽象的に流します。

人間は自分に好意をもって接してくれる相手に好意を抱き易いです。
敵意をもって(見下して)接してくる人間を好きになれるわけがありません。

(相手が絶世の美女、美男などの例外は除く)

当然容姿やその他で魅力がない男性には女性は事務的な愛想以外で
好意的に接してくれる可能性は低いでしょう。
ましてやそれが侮蔑や差別となれば、好意どころか憎悪が湧きます。

侮蔑や差別を受けることが日常化すれば、また異性に対する憎悪も
日常化します。
つまり女=敵という図式が意識無意識問わず出来てしまいます。

そうすると当然こちらの接し方もトゲトゲしがちです。
憎しみが憎しみを呼ぶ負の連鎖ですね。
これを解消するには「どちらかがキリストにならねばならない」のです。
左の頬をぶたれたら右の頬を差し出すって奴です。
ですが、容易くキリストになれれば人間苦労はありません。
憎しみの連鎖を断ち切ることは、余程精神的に崇高にならない限り
不可能という事です。
結局は程度の差にもよりますが、あまりに強い連鎖の場合は
極めて困難でしょう。

青春時代にある一定のライン以上に心に傷を受けると
それを克服する事はまぁ無理でしょう。
あとはその傷や憎悪と折り合いをつけて、どう飼いならすかだけです。
恋愛放棄はその憎悪を飼いならす手段の一つと考えています。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。