ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2.気まぐれ(個人的感情)による約束反故は(彼女らにとって)正当な理由。

女性は感情を大切にするという前提から考えると・・・
これは女性からすると「気分が乗らない」
「もっと楽しそうな事があった」などの感情的な
理由による約束のキャンセルは、男性にとっての
「外せない仕事が急に入ってしまった」などと
同等の重みがあるのです、少なくとも彼女達にとっては・・・

浮気する女性の「だって好きになったら仕方ないじゃない」
というのは、まさにその通りで
(彼女達にとっては)仕方ない事なのです。
感情を大切にする=欲望を抑えられないと言う事なので。
「運動オンチなんだから運動できないのは仕方ない」
彼女達にとっては優秀な雄の精子を注入して欲しい
という本能を抑えられないのはこれと同等なのです(死ね・・・)
ですから、女性同士の間では「気分が乗らなかった」
などの約束反故は大した罪ではありません。
なぜなら自分も同じ感情を理解しているからです。
ただし、自分の感情が一番大切なので
「自分を不愉快にした」と言う意味で
不機嫌にはなるでしょうが、共感や理解はできるらしいです。

しかし、ここで腑に落ちない点があります。
男性と女性のデートの約束などで男性がこれを
反故にすると女性は烈火のごとく怒ります。
怒りを面に出さない女性でも、内心は尋常では無い場合が殆どです。
本書ではこれを
「男性は感情よりも理性で動くと言う事を知っているから」
という理由を第一に挙げていますが、私はこれよりも寧ろ、
女性は男性を意識無意識問わず「自身の庇護者候補」として
見なしているからと考えます。
つまり女性はある程度好意を持っている男性には
意識せずとも恋人や夫(庇護者)候補として
評点チェックしているのです。

対して、女友達はあくまで共同生活を考慮しない
「切れたら切れたでそれまでの関係」
と無意識的に捉えているらしく、あまり大切にしない代わりに
大切にされたいとも思っていないようです。
自分と同じ程度の戦闘能力しかない同性(女性)には
緊急時の庇護者の価値もありませんし、交尾というエサが
効かないので庇護を確約してもらう事もできませんしね。
しかしながら、女性は周りの女性の目を異様に気にして、
馴れ合いをはばからないのは
「弱い自分が群れの中で虐められない為」であり、
もしも強力な(魅力的な)雄を庇護者として持っている状況なら、
手のひらを返したように尊大な態度になったりします。
強力な庇護者が1人いれば、極端に言えば世界を敵に回しても
知ったこっちゃないと思えてしまう傾向が女性にはあるようです。
だから男の取り合いでは女性は友人にも容赦がありません。
庇護者さえ手に入ればか弱い己を守る為の
仮初の友情なんて用済みですからね。


逆に、男性がそういう状況で約束を破るということは
「庇護者としていざという時に信頼できない」ということになります。
妻や子の為に命懸けでエサを取り、妻や子の為に命懸けで外敵と戦う。
そういった自己犠牲的な好意で尽くしてくれる
相手が夫として価値があるのです。

ここで疑問なのはホストやジゴロのような
庇護者として価値が無い男性がモテたりする点です。
この場合は相手を庇護者(夫)ではなく、交尾相手
(優秀な精子をくれる人)
という価値基準で見ているため、
自己犠牲的な好意をあまり求めていないと思われます。
信頼できる庇護者と優秀な精子提供者の両面を併せ持った男性が
捕まえられない場合は、複数の異なった性質の男性をキープし、
それらに分業的(扶養と子作り)に働いてもらおうとするのも
女性の特徴の一つでしょう。
(「雌の本能」「女にモテるDQN、嫌われるDQN」を参照)



※追記※
女性同士の友情を馬鹿にするわけでは無いですが、相対的に見ると
男性のそれより軽いような気がしてなりません。

[女性の友情]
A子「ごめん、素敵な洋服があるんだけどお金足りなくて、1万円貸して♪」
B子「うん、いいよ♪」

A子「子供が大手術が必要で100万円足りないの!!お願い、力を貸して!!」
B子「ごめん、無理♪」


[男性の友情]
A男「ごめん、欲しいゲームがあるんだけど金足りなくて1万円貸してくれ」
B男「死ね、カスw」

A男「子供が大手術が必要で100万円足りないんだ!!頼む、力を貸して!!」
B男「何ッ本当か!?詳しい話を聞かせてくれ、できる限り力を貸す!!」

こういうイメージがあるんですよね・・・・
馴れ合いと友情は違います。
スポンサーサイト



>妻や子の為に命懸けでエサを取り、妻や子の為に命懸けで外敵と戦う。
そういった自己犠牲的な好意で尽くしてくれる
相手が夫として価値があるのです。

>複数の異なった性質の男性をキープし、
それらに分業的(扶養と子作り)に働いてもらおうとするのも
女性の特徴の一つでしょう。

生物としては仕方ないのでしょうが、
散々に誠意や自己犠牲を要求され、
吸い尽くされた挙句自分の遺伝子を
残せないのではたまったもんじゃない。

人間は理性を持って本能を制御するからこそ
人間たりえるのであり、本能のままに
振り回される輩は畜生と同じです。
同じ人間を名乗る資格はない。
【2005/10/15 19:41】 URL | ヌルポガッ #zZJBNDww[ 編集]
うーん。
私は金が絡めば男女の差は無いと考えています。
はっきり言ってしまえば、金の貸し借りはしないのが賢明。
金の切れ目は縁の切れ目。私が世の中で信じている少ない真実の一つです。
【2005/10/15 20:31】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
>金の切れ目は縁の切れ目
まさしくそのとおりだと思います。
経済というシステムには人間性というものは盛り込まれていませんから
お金という単位にのっとって考えると男女差は無いと思います。

多分、今みたいな女尊男卑社会が昔もあったのだと思います。
その反動で男たちは経済システムを作り上げ
そこに逃げ込んで言ったのではないのかと思います。。。
しかし、そのシステムも女の手に渡りそうな罠。
そうした場合、男はどこへ行くのでしょうか。。。
【2005/10/16 00:06】 URL | D2 #sG.UqyR.[ 編集]
>D2さん

イケメン、鯛男は女のシステムへ走り、
喪男はそのままなんじゃないでしょうかねぇ…薄ら寒いですけどね。orz


女性はみんな自分が売り物だという意識がどこかにあるので、競合他社と友情など持つのは逆に不利だと思っているのかもしれませんね。
実際にはハミゴにされないためになれ合いますけれど。
ひょっとしたらそのガス抜きの一つとして、喪男・オタク叩きがあるのかもしれませんね。
【2005/10/16 00:57】 URL | 厳冬 #cRy4jAvc[ 編集]
>覚悟さん
女性の友情に対する覚悟さんの認識には
やや誤解があるようですよ(^^;
人間的に厚いのも淡白なのも様々いるので、
「女性の友情」といっても一概には言えません。
(お金の貸し借りに関しては、通りすがりさんに賛成です)

男性が約束を反故にすると怒るのは……
「好き」の度合いが違うからじゃないかしら。
あと、友達はたくさんいるから
その中の一人くらい冷たくてもまぁ仕方ないけど、
恋人は一人っきりですからね。替えが効かない。
(下世話な話ですが、『スペアの』恋人を持っている人はドタキャンに寛容だったりします。困った話ではありますが)

>厳冬さん
>女性はみんな自分が売り物だという意識がどこかにあるので

あー、確かにありますね。私はその意識を持ってます。
でも、友情を持つのが不利だと思ったことはありませんよ。
人生恋愛だけではないし、
そもそも競い合うことと友情を持つことは矛盾しないでしょう?

しかしみなさん、「人生は戦だ」という考え方が強いようですね。
もっとまったりいきましょうや。
【2005/10/16 06:58】 URL | 豬花 #wkZD1s/g[ 編集]
私の認識というよりも著者の女性に対する意見と
捉えていただければ幸いです。
そしてそれは「女性と言う存在をマクロ視点で見た」
おおまかな全体的傾向であり、個々人の差という
ミクロ視点は排除した視点での考察であります。

女性と議論すると良く思うのですが、
女性って戦略級の視点と言うかマクロ視点で
全体の傾向やあるカテゴリーの全体像を
想像するのが嫌いなように思います。

ですが、確率や利益率や勝率を大まかにでも思案するには
かならずマクロ視点で全体を捉えることが必要になります。
人間は個体差が激しいのでマクロ視点だけでは
捉えきれないものは確かにありますが、モテナイ男のように
「恋愛に関する損をしない、絶対に災厄にあわない生き方」
を目指すならば、やはり基本はマクロ視点での
議論が中心になるでしょう。

戦略視点で戦争を計画している人と、戦術レベルでの
戦闘しか考えていない人ではやはり食い違いがでます。
何となく、それに近いような気がします・・・
【2005/10/16 07:44】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
一概には言えないとは思いますが、男女の友情は
質的に違うものがあるというのは同意ですね。
女の子同士って手をつないだり、猫撫で声で会話したり、
一部にはキスまでしあうのも当たり前って感じがします。
女性同士独特の世界というかなんというか…
我々男性視点からでは理解のできない部分も
ありえるのではないかとも思います。反対も。
単純な比較はできないのではないのかな、とも。
問題というのは女性が男性(逆も)を介するときの
認識との違いが摩擦や争いに繋がっているというこ
ではないかと。何を主張したいのかわからん…

そんな僕は女性同士のアブノーマルなスキンシップに
たまらなく興奮してしまう百合大好きっ子です。
【2005/10/16 17:41】 URL | ひったん #-[ 編集]
>覚悟さん
「マクロ視点で見る」と、女性同士の友情は淡白ということ?
それはちょっと歪んだ「マクロ」だと思うなあ(^^;

確かに「付き合い」だけの関係ももちろんありますが、
「この人は『付き合い』、この人は『友達』」と
表面上の対応を区別するのは社交上のマナーに反するため、
交友の事情を知らない人にとっては
混同して見えるのではないでしょうか。
まぁ、女性の友情が「マクロ的に見て」淡白っていうのは
ちょっと思い当たらないなーと、
それなりに社交的な一女性の意見です。

>ひったんさん
確かに、異性の友情というのは分からない部分もありますね。
そもそも友情というのは外に見せるものではないので、
恋愛と同じく、当事者以外にとっては意味を推し量るのが
無粋なことなのかもしれません。

しかし、腕組んだり甘く囁いたりはするけどキスは……
あ、でも昔可愛い子とポッキーゲームした記憶が……あわあわ。
【2005/10/16 22:46】 URL | 豬花 #wkZD1s/g[ 編集]
>マクロ視点で見る
女性がマクロ視点で物を見れない云々というのは仕事にも現れていると思います。
女性は細かい気配りを必要とする仕事に関しては能力を発揮しますが、大局的な投資などに関してはそうもかないように感じます。
これは民間に関してのことですが、これが公務員…とりわけ
政治方面になると…言わずもがなといったところでしょうか。

それと、女性は感情で物事を判断する、とのことですが
男性にも感情で物事を判断する人は増えてきていると思います。
逆に論理的な女性も存在します(極々一部ですが)。
これは性別で生まれもったものというよりも、やはり女性は生まれたときから甘くされて育ってきたせいではないかと思います。
女の子にはやさしくしなければならない、といった性差を生まれたときから叩き込むことによって
結果的に甘く育たれた女性が増えていったのだと思います。
甘く育ってきた女性は基本的に我侭になり(表面的に見える我侭と内面にある我侭は別ですが)
それが思考停止につながり、感情的な判断をするようになっていったのではないでしょうか。
人間はお互いにやさしくしなければならないのに
とりわけ女の子にはやさしくするという性差は我慢なりません。
これは両方の性にとっては不幸なことであると思います。
まぁ、それを逆手にとって幸福な人も居ますが。
【2005/10/17 00:37】 URL | D2 #sG.UqyR.[ 編集]
女性が感情を重視するというのは脳構造からも
既に証明されていた筈です。
確か感情をつかさどる脳部分と論理的思考をつかさどる
脳部分を繋ぐ脳りょうという情報交換の
パイプラインが女性の方が太いのです。

これの利点としては違う思考が必要な作業を
並列で行うことがやり易いという点があります。

これの例として男性寮と女性寮の朝の様子を
観察した実験があったのですが、
男性は歯磨きをするときは歯磨きのみを黙々としますが、
女性は歯磨きをしながらダンスや体操をしたりで、
黙々と歯磨きをする人は殆ど居ませんでした。
これが仕事面でも同じで、こまごまとした事務作業を
並行的にこなすのが女性は非常に得意です。
これは環境のせいではなく、女性特有の脳構造のお陰です。

ただし、脳りょうが太い故に緊急時には
感情と論理的思考がごっちゃになって
意味不明の行動にでます。
いわゆる「あたしと仕事のどっちが大事なの!!」のような
冷静に考えれば全く別次元の問題をとりざたして、
無意味に憤怒する「ヒステリー状態」に陥るのです。

ですから、常に感情を殺した冷静な判断や、
大局的視点を必要とされる企業や国家の元首には
女性は向かない場合が多いのです。
これも女性特有の脳構造ゆえの弱点です。

勿論これらは個体差や環境でも格差は発生しますが、
根本的な意味ではこういう傾向を持っていることは
事実としてあるでしょう。
【2005/10/17 08:03】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
そして大切なのは自身の性別には「こういう傾向がある」
その事実を正しく認識する事でしょう。
男性にも女性にもそれぞれ向き不向き、
長所短所があります。

それらから目を逸らして「私は違うわ」「俺は違う」
こういう事を妄信することが最も危険だと思います。

「俺も男だから往々にしてこういう気質を潜在的に持っている」
「私は女だから自覚が無くてもこういう気質を持っている」

こういう事実を直視して、イザと言う時に冷静な
正しい判断が下せるように、自分を制御するための
シミュレーションをしておくべきでしょう。

(潜在的に持っている)自分の醜さを正しく認識しなければ、
それを自制する事など到底不可能でしょう。
【2005/10/17 08:15】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]
>脳の構造
知りませんでした…。
しかし、歴史的に見てもなぜ指導者と呼ばれる人が男性ばかりであったか
それを考えると確かに納得できることではありますね。
政府の判断なんかも感情で行えばどうなることかわかりませんしね。

…色々と勉強させてもらっております。
【2005/10/18 07:15】 URL | D2 #sG.UqyR.[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。