ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※以下も私の主観が強くなる考察なので流し読み程度にして下さい※

ではさらにモテナイ男の考える純愛について掘り下げてみます。
モテナイ男の純愛を考える上で、禁忌と言える行為が2つあります。

1つは浮気や二股、もう1つは中絶(安易な性行為の果て)です。

どちらも純愛とは対極の行為であり、中絶に至っては自己中だけではなく
母性愛の否定まで加わります。
純愛とは「お互いが無償で愛せあえるほどの強固な信頼」といえるので、
無償の愛の一つである母性愛の否定はモテナイ男からみると衝撃的です。

ですが、このどちらも現代日本では
単なる日常風景に過ぎません
中絶は国内で年間30万件以上発生しており、未統計分を含めると60万件を
超えているといわています。(一年間に生まれる新生児は100万少々)
これは全日本女性の6人に1人が生涯のうちに1度以上の中絶を行うという
計算になるそうです(厚生労働省研究班調査)

浮気については国内の話ではありませんが、ドイツでは
新生児7万人のDNAを鑑定したところ父親と種違いの子供が
10%も居たそうです。
つまり浮気して生まれた子供が10人に1人と言う事です(読売新聞報道)
日本ではドイツのような大規模な調査は行われていないようですが、
DNA鑑定調査を行う企業、帝人株式会社・広報部の宇佐美吉人氏によると
年間にDNA鑑定の依頼は700件ほどで、2、3割は父親が違うとの事です。
こう考えると日本の現状はドイツと比較して同じような状況下に
あるのではと思います。

勘違いとならないように言いますが、これは女性のみを
槍玉に挙げている訳ではありません。
浮気も中絶も女性一人で行う行為ではなく、対となる
モラルの壊れた男性が存在するので、
男性側の性モラルも酷いものであると言えるでしょう。
以前に性格は相性が重要と書いたように
性モラルの低い女性は性モラルの低い男性と気が合います。


ですが、無駄に性モラルの硬いモテナイ男という種族から見れば
実に恐ろしい現実です。
この世で最も醜いと思っているような思想を持った人間が、
6人に1人、10人に1人という割合で存在しているのですから。
中絶も浮気(浮気相手の子供を黙って産むに至る)もしない女性は
単純計算で64%、どちらかをしてしまう女性は36%となります。
つまり3人に1人の女性はモテナイ男がこの世で最も憎むタイプの人間
とも言えます、実にキツイです。

勿論これは情報をツギハギして出した邪推的な推論でありますが、
あながち妄想とも言い切れないものがあります。
何より恐怖にとらわれた心は容易には癒えません。

現代ではインターネットなどの情報網の発達で、ある意味では
「知らなかった方が良かったかもしれない真実」
容易く知ることが出来てしまうのです。

結論として、モテナイ男は
純愛を紡げる異性がこの日本では極めて稀少でまず手に入らない存在
であるということに薄々気が付いてしまっているのです。
欲しいものが余程の幸運がないと手に入らない
ハズレを引いたらこの世で最も憎い存在と知らず知らずのうちに
関係を続けなければいけないかも知れないという恐怖

捕らわれているのです。



※追記※
中絶件数の未統計分を含めると60万件以上という部分について、

「孕ませる性と孕む性:避妊責任の実体化の可能性を探る」
(宮路尚子一橋大助教授著)

http://www.kinokopress.com/civil/0102.htm
母体保護法(元優生保護法)外の中絶件数は、
同法内によるものの2~3倍と推定されている。


上記の論を引用し、(30万件x2倍~3倍=60~90万件)と致しました。
母体保護法外による中絶=指定医療機関外または未届で行われた中絶、
いわゆる「闇中絶」という事です。
スポンサーサイト



考察、興味深く読ませて頂きました。
しかし、1点程。疑問点があります。
「ドイツではDNA判定の結果・・・」の項ですが、(DNA鑑定を行う≒不貞の子の疑いがある)という場合が大半ではないかと思われます。
よって、統計データとしては偏りがあるのではないかと思うのですが・・・
【2005/10/10 13:57】 URL | panda #-[ 編集]
ドイツの件では、種違いの子により
裁判沙汰になるという事件が多発した結果、

「もしや我が子も・・・」と心配になった男性が
調査した結果がこのようになったと言われています。

つまり「まさかとは思うが、一応」というノリで
調べた結果がこのような衝撃的な結末になったという
話なので「妻が浮気している確証がある人に絞った調査結果」というわけでもなさそうです。

また、国を挙げて大臣が遺憾を述べたり、
国会で取り上げられるような自体にも発展しているので、
ドイツ国民(ドイツ国男性)もかなり問題視している事から
それなりに重みのある事件と受け止めるべきでしょう。
【2005/10/10 18:29】 URL | 覚悟 #o25/X8aE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。