ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


某所にてこのような記事を見かけました。



(岡山県の開業医 上村茂仁の談話)
******************************************************
当院では緊急避妊薬を処方していますが、女子高生が次々と訪ねてきます。
「どうして避妊しないの」と聞いても
「うーん、彼氏が……いつもはすることもあるけど、今回はちょっと……」
と煮え切らない返事ばかり。
「あのね、避妊するかどうかは相手の誠意の表れだよ。
避妊をしないということは、
愛情や誠意がないと思っていいんだよ。
それに男は自分が妊娠するわけじゃないから
他人事だし、いざとなったら逃げるからね」

「でも、彼のことは好きだし、嫌われたくないし」と。
本当に今の若い子は彼氏が大好きです。

中絶費用を彼氏が出してくれないから、自分で払って、
それでもその彼氏と付き合い続けている子。
二股を掛けられていることを知っていながらも付き合っている子。
彼にいわれて、援助交際をしているのだけど、
それでも彼が好きでたまらない子。
その子いわく
「先生。彼、優しいですよ。仕事場まで送り迎えしてくれるから」
それって優しいの?

(中略)
また、女性が自分でできる避妊方法で、特に10代の女の子に
使用できるのはピルだけです。
当院でも多くの高校生にピルを処方しています。
そのときに、彼氏にはピルの服用をはじめたことは
話さないほうがいいのではと指導します。
なぜなら女の子がピルの服用をはじめると、よっぽど勉強して
理性と知性を持った男性以外は、コンドームを使用しなくなるからです。
ピルの避妊効果は100%に近いとはいえ、性感染症予防はできません。
現在4人に1人が性感染症になっていることを考えれば、
予防のためにもコンドームは不可欠です。
でも先ほどの理由から、女の子は男性に強くそのことをいえないわけです。
男は妊娠しなければ万々歳ですから、いつでも、どこでも
コンドームなしでもセックスをしてしまいます。
******************************************************
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/kitamura/news/20050922org00m100029000c.html



この内容は一見すると一途な女の子とヤリチン野郎の醜さを
示しているように感じます。
ですが、仮にこのように献身的で一途な女の子が大勢居るとしたなら、
何故モテナイ男は「キモイ」などと存在自体を
否定されるほどの侮蔑を受けるのか・・・?
結局は以下で示しているとおり、
「イケメンには天使、ブサイクには悪魔」という事でしょう。

「女にモテるDQN、嫌われるDQN」
「雌の本能」
「天使と悪魔~女性の二面性」

彼女達は容姿に目がくらみ自ら鬼畜男を選び、その結果として
性病に感染したり、中絶する羽目になったりと
自らの愚考による然るべき結果を受けているだけに過ぎないし、
本人達もそれで満足しているのでしょう。
満足していると言えば多少語弊があるかもしれませんね。
「ブサイクと付き合うぐらいなら、イケメンの肉便器が幸せ」
これが正しい見解でしょうか。
彼女達は地雷原を地雷原と分った上で、
或いは薄々気が付きながらも、それを見て見ぬフリをして
そこに妄信的に突っ込み、然るべくして爆死しただけです。
バカな上に俗欲的なだけなんですから、同情の余地はありません。
まあ、男の方も相当なクズですが。

所詮、外見やトーク技術などという物は
「恋愛というゲームの腕前」に過ぎず、人格の貴賎とは別次元です。
それは「外見と内面」の記事でも示しています。
その点を理解できず、「美しい魂は美しい容姿に宿る」
こういった自分の歪んだ願望を正当化するかのような、
精神肉体一元論を信奉している人間が地獄を見るだけなのです。
イケメンが好きなのは構いませんが、

イケメン相手だと性格が悪くても良いと思い込み易い。

こういった偏見が自己の中に内在している事をしっかりと胸に刻んで、
常に冷静な判断力を失わないように努める事は大切でしょう。
我々がモテないのが努力不足であると言い放つならば、
イケメンで性格の良い男を捕まえられない女も
また努力不足なのですから、もっと頑張って下さい。

まあ、どうせ手練手管を磨く方向での努力しかしないんでしょうけど・・・
スポンサーサイト



喪男板でも
http://etc4.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1127342522/
このスレッドで既に出ていましたが、

「好きだったから捨てられたくなかった」「好きだったので従った」
http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050921/20050921i212-yol.html
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20050922/K2005092103980.html

“好きだった”という理由があれば自分の身を犠牲にしてでも相手に尽くすこの献身ぶり。
何とも健気な事でしょう。行為そのものは嫌々であるとしても、覚悟さんの仰る通り
彼女達はそれでも得られる(“好きな”彼氏を繋ぎ止められる)結果に満足しているでしょうね。

そもそも彼女達が言う「好きだから」は挙げられているソースからも分かるように、
相手の男が“鬼畜DQN”であろうとも、その反応である事から性格の良し悪しで
好き嫌いを判断しているわけではないという事は単純に考えれば明らかでしょう。
ではどこで判断しているかは既に仰せられている通り

>何故モテナイ男は「キモイ」などと存在自体を
>否定されるほどの侮蔑を受けるのか

>「イケメンには天使、ブサイクには悪魔」

これとか、これとか。

また、「ブサイクと付き合うぐらいなら、イケメンの肉便器が幸せ」 これについても
大学生活板にある「童貞と処女が集うスレ」で繰り広げられた、まさにこれを証明するかのような
レス郡が女の醜さスレのテンプレサイトにあります。
http://pastlog.fc2web.com/dqnfemale/datsusho.html
↑これ。
【2005/09/28 05:18】 URL | 護 #kAdC4t8s[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。