ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


某所にてこんなblogを見つけました。


http://ameblo.jp/0rip-62ds/
http://ameblo.jp/0rip-62ds/entry-10003899504.html
*************************************************
>ちゃんと愛し、愛される人ができたときは
>複数の人と関係を持つのはやめます。
>人生一度きり。
>若いときも一度きり。
>やりたいようにやらなきゃd(´∀`*)ネッ!

*************************************************

これを読んで何を感じ、何を思うかは人それぞれでしょう。
ただ、極々ありふれた極普通の女性の感覚だと思います。
それを念頭に於いて考えて、後悔の無いように
人生設計を考えて頂きたいと思います。
ちなみに、この女性は結婚したいと思った男性が現れた時には

自分が二股三股当たり前のどうしようもない
アバズレだということを男性に宣言した上で
正々堂々と結婚するつもりなんでしょうか?
スポンサーサイト



こういった手合いにはなれているはずなのですが、
改めて見てみるとやはり不快ですね。
ああ、こんな輩が多数派なのか。
日本だめぽ
【2005/09/24 23:35】 URL | ヌルポガッ #zZJBNDww[ 編集]
リンク先のタイトルが「女の賞味期限」でコーヒー吹きました…(w

このような人は、自分がグズグズの阿婆擦れであることすら理解していらっしゃらないようです。
大方、雑誌鵜呑みで足が地に着いてないメスなんでしょうね。

しかし、セックスが「コミュニケーションの一手段」っていうのがはなはだ怪訝です。セックスでどうやってコミュニケーションするんだろう?
仮にコミュニケーションの手段であるとしても、それならどうして「セックスだけが目的な関係」ってのが発生するのかしら…?
わざわざ文中で「セックスだけを目的とした関係は切る」って決断しておられますが。

コミュニケーションってのは何か疎通したいものがあるから行うもので、伝達事項のないコミュニケーションなんてそもそも成立しないのですが…。

しょせんこの手の女は、論理なんて使えないでしょうけどね。
【2005/09/24 23:52】 URL | 厳冬 #cRy4jAvc[ 編集]
こんにちは。
数年前からこの手の話は聞いてますね。
やはり理解は出来ないと言いますか。

http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/text5.htm

結論から言えば結婚することは出来ても、それは続かないと思われます。結婚とは我慢することであって、暴走恋愛をしている方に出来る芸当だとは思えませんから。
【2005/09/25 01:58】 URL | 通りすがり #-[ 編集]
ネットは、これまで紙に書いていた日記が誰でも読めるようになり(読まれるのをわかっていてでのことですが)、他人の本音のようなものが、イヤでも漏れ聞こえてきてしまいますね。
どこの誰ともわからない女性とはいえ、こういう考えの女性が存在していることは残念です。

自分の母親が「二股・三股当たり前だった」とかいう懐古話しをしてきたら、世のほとんどの男は情けなくなるでしょうに。
【2005/09/25 09:01】 URL | あかねたか #jW0x7VdY[ 編集]
三次元の女に見切りをつけた私としては対岸の火事。
これほど腹の痛い話もありません。
>d(´∀`*)ネッ!
ってなんだ、ネッ!て……。
【2005/09/25 11:15】 URL | れびれび #-[ 編集]
d(´∀`*)ネッ!でも何でも結構だが、
自分の責任の範囲内でやってくれ、と。
妊娠しちゃったうぜぇ~とかヤリマンなので誰も相手してくれ
なくなった時「男が悪い!」とか言い出さない事を祈る。
責任とれもしないのに、いざ都合が悪くなると
ガタガタ抜かす人間の多いこと多いこと。

人生一度きり?若い時も一度きり?
そんなもんは免罪符にも言い訳にもなりゃしねーぞ?
【2005/09/25 11:31】 URL | DROPDEAD #2PRdxZIg[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/09/25 11:51】 | #[ 編集]
記事に起こしてもらえて某所で取り上げた甲斐がありました('A`)

確かにこの女性の人生ですから自己責任の元で行う分には何も言いません。
とはいえ勿論、言い知れぬ嫌悪感を抱く事には変わりありませんが。

で、この女性がいざ結婚したい相手を見つけたとして、その時にその相手に対し
過去の自分の行いを洗いざらい打ち明けるかといえばそんな事まず有り得ないでしょうね。
「複数の人との関係を持つのは止めます」という発言は“今の二股三股当たり前のアバズレ”という状態は
好ましくないもの、後ろめたいものという認識は持っているという事の現われで
そのようなものを間違いなく今後不利になるであろうという時に明かす事は自爆以外の何物でもありませんから。

ではどうなるか。自然と行き着く先が“相手には過去の事は一切隠し、まんまと家庭に収まる”という
もう詐欺の領域と言っても良いでしょうね。これだけはその女性の人生で済まされるものではありません。
過去にあのような事をしておいて、ぶっちゃけ言えば何様のつもりだという事ですよ。

結婚したければアバズレ生活など最初からするな。
二股三股当たり前なアバズレ生活を送りたいなら結婚するな。

まぁ、通りすがりさんが言うとおりこの手のアバズレ生活に浸かりきった女性は
仮に結婚できても恐らく長続きしないでしょう。麻薬と同じでそういった生活に慣れきってしまうと
それに我慢を強いられる生活は耐えられない結果になるかと。

それと件のブログのコメント欄にて同調している女性の何とも多い事。
否定的なコメントをつけている女性が皆無である点が何と言うか
これがやはり今の世の中では多数派でこういった生き方が
普通に肯定されるものだという事が実感させられますよ。

こう言うと「多数派ではない」と言う方が居そうですがね。
【2005/09/25 18:51】 URL | 護 #kAdC4t8s[ 編集]
自分で責任なんて絶対とりませんよ。
電波男が出たとき、藤田由香里その他フェミニスト達は
「女が男を顔や収入で選ぶと言うが、最初にそれを始めたのは
男達だ、今の状況は昔までの男性上位社会が逆転しただけだ」
と思いっきり強引な責任転嫁をしていましたから。

今のエロ漫画と化した少女漫画も、リンク先の方のような
貞操観念の崩壊した方々も、数年後数十年後に自分達が
叩かれるようになった時には間違いなく口を揃えて「女性の
体目当てで貞操観念を崩壊させた男(社会)が悪い」と言う
でしょうね。

ブルセラ騒動の時の宮台慎司等、確かにそういう男達も
居たでしょうが、多くの男性はこういう行動に対して異を唱え、
軽蔑する人達ばかりでしたし、今だってそうなんですけどね。
現状では「モテない男の僻み」の一言で全て抹殺されるだけです。

ただ昔と違って今はネットがあるので「あの時誰が何を言った」
と言うのが昔より簡単に残りますから、こういう人間を晒し上げ
&異を唱えていた人間が沢山居た事をキッチリ残しておく
事は無駄ではないでしょう。
【2005/09/26 01:24】 URL | WATA #3/VKSDZ2[ 編集]
http://www.nhk.or.jp/special/schedule.html

こういう女性の行くつく先か・・・

>年間80人を越える女性が中絶の相談に訪れるのだ。

センセも大変だ。
【2005/09/26 19:09】 URL | 魔法遣い #R9qSi2Qg[ 編集]
アバズレ女は結婚するな。

どうしても結婚したいなら、婚約する前に相手の男性に自分の過去を すべて話した上で、相手の男性に納得してもらってからにしろ。 決して、自分の過去を隠して相手の男性を騙すな。
若い時に、さんざん好き勝手放題やってきて、調子良く幸せな家庭の主婦の座に収まろうなんて、身勝手で調子が良すぎる。


世の中、そんなに甘くはない。
【2005/09/26 19:18】 URL | ヌルポガッ #zZJBNDww[ 編集]
残念ながら女が自分から過去を男に話すようなことはまずないでしょう。話しても女には一文の得にもなりませんから。中には三回も離婚していながらその事実を隠して結婚した女もいます。
(転籍して本籍地を変えると離婚暦が隠せるそうです)
このような女性に引っかからないためにも、護身の完成が急がれますね。
【2005/09/26 19:51】 URL | 瑞鳳 #eIJ2w0p6[ 編集]
私の従兄夫婦の息子は外国人とのハーフです。
彼の両親は生粋の日本人です。
従兄夫婦はその子が生まれるその時まで、自分達の子供だと思っていたそうです。
・・・・・・
従兄の嫁は奔放な人で、結婚前はそうとう遊んでいたということは結婚後になって判ったことでした。
従兄にとってその子供は法的に養育する必要の無い存在ですから、放り出して野垂れ死のうが構わないはずです。
私は従兄に離婚を勧めました。
だってそうでしょう?こんなふざけた話があるものですか。
でも、従兄は「辛いけど離婚は出来ない」と言ったのです。理由は
「子供に罪は無い」からだと・・・・
やりきれませんでした。好き勝手に生きてきた人間のツケを
全て背負わされた形です。
さしずめ子供はいい人質といったところですか。
そんな立場の私としては
「やりたいようにやらなきゃ」
といった発想は許せません。原則としてこの世界では
「責任を取ること」「償うこと」
というのは出来ません。起きてしまった事は元には戻せないのですから。
あるのは「許し」だけです。起きた事のツケというのは
「自分では払えない」以上、どんな理由があっても他人に「望まぬ痛み」を与えないようにするのは人として当たり前のこと。女性の好む「恋愛」や「気持ち」は言い訳にならないと考えます。

【2005/09/28 11:43】 URL | しんも #-[ 編集]
しんもーさんのお話、
>従兄夫婦はその子が生まれるその時まで、自分達の子供だと思っていたそうです。

この部分は疑わしいですね。その女は「もしかしたら」くらいには思っていたでしょうに。

自分がしんもーさんの立場なら、その女とはどう接するべきかすごく悩みそうです。

【2005/09/30 00:26】 URL | ランダー #yXcvZN/o[ 編集]
ランダーさんへ

何より辛いのは、生まれた子供と接するときです。
従兄の言うように子供に罪は無いから辛くあたれないし、行く末を考えると・・・・・
とはいえ、その子は理不尽の象徴なわけで、見てると穏やかならぬ感情が湧き上がってくるのが止められません。
誰より辛いのは従兄なんでしょうけど。
【2005/10/03 22:52】 URL | しんも #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。