ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


労力に釣り合いが取れている報酬とは何なのでしょうか?
物事に対する価値は個人差が激しく、訳の分らないガラクタが
ある人にとっては数十万、数百万と言う価値があることもあります。
結局は個人が満足するかしないか、と言うレベルの話です。

ですが、私を含めたモテナイ男はいわゆるイケメンと自分の間に
妙な不平等感を感じます。
もちろんこれには単なる僻みも含まれていますが、それ以上に
恋愛における取引手段がかなり特殊であるせいと考えられます。
不釣合いと感じているのは、恋愛の価値そのものではなく
取引形態が要因であると考えます。

一般的に誰しもが公平と考える取引は「等価交換」です。
1万円を支払えば、1万円に相当する物品が必ず手渡してもらえる。
分り易く明快な取引です、普通の小売店での取引ですね。

では恋愛における取引とはどんな取引でしょうか?
これは「市場取引」に近いと思います。
その時その時の需要と供給のバランスで激しく値が変動し、
それをセリで買い付ける。
当然、美味しい買い物をするには状況を読んだり見切りをつけたりなどの
技術とテクニックが必要です。
さらに言えば付加価値(恋愛でいうとイケメン、金持ち)によって
取引の難易度が激しく高低する。

つまりは状況いかんによって、100万円の車が20万円で手に入ったり
20万円以下の価値しかないような中古車や事故車を100万円以上で
買うハメになったりする取引です。
これは技術や付加価値を持たない人間にとって恐ろしい

考えてみてください、PCソフトの店で買い物をしようとして
1万円をレジに渡して、包装紙だけを渡されてまんまと騙されたり、
1万円をレジに渡して、
「顔が気に食わない、ソフトは売りません、1万円も返しません、帰って」
こんな事が起こったとしたらどうでしょうか?
せめて1万円を返した上での拒否なら納得できますが・・・
その反面、となりのレジでは
「あなたはイケメンなのでソフトの値段を7割引にします」
となっているのです。
これは恐ろしい事です。
ですが、その恐ろしい事が恋愛では極当たり前にまかり通って
いるのです。

簡単に言えば「アッシーメッシーとして異性にコキ使われたくネェ」
ということです。
容姿や資産で付加価値がない以上は、捨て駒扱いされる危険は
相対的に(イケメンや金持ちと比べ)高いと言わざるをえないのです。
この恐怖が我々に地団太を踏ませていると言えるでしょう。



(※注意※)この考察をするにあたって、優良blog「読書感想日記」を
参考とさせて頂きました。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。