ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※以下では偏見の混じった推論も含んでますが、ご容赦下さい※

本blogに何度も登場してくる「雌の本能」という言葉。
強い雄に従い、交尾相手として求めるという本能です。
これは、大人しい男よりも不良(DQN)がモテやすいという話にも繋がります。
私はこれが「誰もが納得している真実」と思っていたのですが、
疑問に持たれる方もいたようなので取り上げてみようと思います。
「女の醜さの証明テンプレ」にこういった話があります。


女性は結婚相手の条件に必ずと言って「優しい人」を挙げるのに、
なぜか「優しい人」を選ばないのです。
やがて「優しい男性」は「いい人」というポジションに置かれ、
男性として扱われなくなります。
なぜなんでしょう?
精神科医の小田晋氏はこう分析しています。
この場合の優しさとは・・・
・攻撃的でない。
・養育行動を示す。
・相手に対して支配的に振舞わない。
順位制の社会、しかも競争社会において、
順位が上か下かにより生存できるかどうかが決まってしまいます。
攻撃性がある人間の方が現代社会では適応しやすいということになります。
しかし、「優しい」ということはその対極にあり、
優しいだけの男性は家庭を代表して社会に出ていった場合、
れてしまうことも少なくありません。
それによって家庭の生存は脅かされるわけです。
それゆえ「優しい男性」を最終的に女性が選ばないことが多いのではないかと
小田氏は分析しています
http://amor1029.exblog.jp/1839745


この話を元とすれば、交尾相手(結婚相手ではない)に選ばれやすい人間とは、
・攻撃的である。
・養育行動を示さない。
・相手に対して支配的に振舞う。

こういった人間となります。

この意見に遺憾を感じる人とは恐らく
「結婚相手」と「交尾相手」の切り分けが出来てないのでしょう。
「結婚相手」とは自分と子供を懸命に守ってくれる雄を指します。
当然ある程度の優しさが必要となります。
ですが「交尾相手」はどうでしょうか?
優秀な精子(弱肉強食に打ち勝てる精子)を持っている雄であれば
良いわけで優しい必要はありません。
現代は結婚制度により結婚相手=交尾相手という概念が残っていますが、
原始生活を考えれば、優秀な雄(肉体や頭脳が屈強で攻撃的)の精子を貰って、
優しい夫(優しく、甲斐甲斐しく世話をする雄)に養ってもらうのが最も有利でしょう。
現代人はモラルや教育などによりその本能をコントロールしているに過ぎません。
「恋人に選ぶ男と、結婚相手に選ぶ男って基準が違うよね」などとよく耳にしますが、
まさに上記の内容を示していると言えるでしょう。

優しいブサイクじゃマ○コは濡れない!!
優しいキモメンじゃ子宮は疼かない!!
かといって強いだけのDQNじゃ扶養能力が無い!!
でも優しくて強い男は倍率が高い!!
この矛盾をすべて満たしたい!!


つまり不良云々がモテるというよりも「雄らしい雄」
交尾相手としてモテるということではないでしょうか?
ただし攻撃性、支配性が強い人間は自己厨となりがち
結果として不良(DQN)になりやすいでしょう。
勿論、スポーツや起業などの健全な方向に攻撃性を向けている人も居ますが、
根底に強い攻撃性が在る事は同じでしょう(力のベクトルが違うだけ)
不良やDQNがモテるのではなく、子宮を疼かせるような要素を持った男は
不良(DQN)になり易いという事です。
だから、元々大人しい人間がモテようと不良を装ったところで無意味です。
逆に見た目は不良っぽく無くても、強い雄(攻撃性、支配性)を匂わせる男はモテます。
真面目な社会人風でも攻撃的な野心家でエネルギッシュな男がモテるのはそのせいです。

根っからの攻撃者、ナチュラルボーンDQNがモテるのです。
それを女性は「本能」で嗅ぎ取るのでしょう。

こういった人間は弱肉強食の世界では個体レベルで有利(生き残り易い)です。
上記の考察では、女性は本能レベルの感性を異性の判断基準として
上位基準として見ていると考えてもよいのではないでしょうか?

動物を見れば分るとおり、彼らは人間以上に残酷に強い雄、
美しい雄に従い、その交尾を受け入れます。
これが人間に100%当てはまるとは言い切れませんが、
逆にこれが人間に当てはまらないという言も私は信用できません。

本能的に内在してるが、理性の強い人間ならば制御が出来るという程度では?
逆に理性が弱い人間は本能的な動物に近い行動パターンが出るという事です。
特に理論理屈や道徳ではなく、情動や感性(フィーリング)で
物事を計ろうとするタイプの人間はより本能的に動く可能性は高いでしょう。

勘違いなきように言いますが、私は本能に従う事を良しとしてはいません。
自分が動物であるという認識、自分にも醜い本能が眠っている事の認識を持って、
それを人間らしくコントロール、自制するのが大切な事だと思います。
醜い本能が在る事、それが自己の中に存在する事から目を逸らすのは逆に危険です。


そういう「心も着飾る人間」こそが、
いざ己を制御すべき時に流されるのだと思います。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。