ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強度のリベラリストが集まる"はてなブログ界隈"では安倍首相が主張する
「美しい国」をあからさまに侮蔑する内容が多く見受けられます。
安倍氏は総理になる事をほぼ確約された立場であった為か、
はっきりとした明言は避けていましたが、大まかな方向性としては
愛国心を含めた共同体主義的な倫理観の確立というのはあるでしょう。
具体例として幾つかを上げるなら、こんなところでしょうか?
****************************************************************
・自国とその文化を大切に思う愛国心を育てる。
・男女ともに固い性モラルを持ち、安易な性の乱れを良しとしない。
・女は古典的理想像の良き母を目指し、父親も古典的理想像の父親を目指す。
 (具体的に言えば男は波平、女はフネを目指す)
・ボランティアや募金などの「共同体に対する奉仕」が尊ばれる気風を作る。
・個人が国家の一員として、その義務を果たす事が尊ばれる気風を作る

****************************************************************

こういった、全体主義への傾倒(私から見れば行き過ぎた個人主義の中和修正)が
リベラリスト、或いはアナーキストである彼らは気に入らないのでしょうね。
彼らは口々に言います「こんな事を尊ぶ奴らは馬鹿だ!!」と。
確かにそういった価値観は利己という視点から見れば馬鹿と言えます。
「俺は、私は、結婚するまで絶対童貞だ、処女だ!!」とか、
「国を守る為なら兵士として戦死する事も厭わないぜ!!」とか、
「ボランティアを頑張った俺ってカッコいいぜ!!」とか。
こういった生き方は自己に物質的な利益を齎さないばかりか、明らかな損です。
「自由気まま」を至上とするリベラリストからすれば、
こういった「ある意味でストイック」な生き方をする旧時代的人間が
一様に賛美される社会になってしまっては非常に気分が悪い。
だからこそ、そういった思想を馬鹿にして自己を正当化する必要がある。
だが、彼らは気が付いているのでしょうか?
リベラリストが"のほほん"と暮らせる社会が存在しているのは、
彼らが侮蔑している「馬鹿野郎」が居る(居た)からという事に。
例えば、ある自衛隊仕官はこのような意見をテレビで述べていました。

「尖閣諸島問題において、日本の民間調査船が中国側から
 攻撃を受けても現時点で自衛隊は反撃できません。
 ですが、そのような事態になったら私は軍法会議で
 処罰される事を 覚悟した上で独断で反撃を行います。
 たとえ免職となっても一切構わない。
 私の考えに賛同してくれる上司や部下は大勢居ます」
と。

この場合、彼らの行動は憲法違反になり免職は避けられないでしょう。
利己的に考えれば、これらの思想は「馬鹿」以外の何者でもない。
戦闘を回避しても法に従っただけに過ぎず、罰を受ける事はないのだから。
しかし、こういった「大義の為なら腹を切る覚悟」を持った人間が
居てくれないと、イザという時には大勢の日本人の命が失われるのです。
幕末期に多くの優秀な人材を育成した吉田松陰もそうでしょう。
彼は日本の危機を察知して、反幕思想者として処罰される危険を冒してまで
優秀な人材を教育する事に命を捧げ、捕らえられてもその姿勢を曲げなかった。
彼の行動も「利己」という視点から考えれば「馬鹿」としか言いようが無い。

しかし、現在過去を問わずそういった「馬鹿」が命を投げ捨てて
世の中を守ってきた事実を我々はしっかりと認識しなければならない。

大多数の人間が幸せになる為には必ず「損な役割」を担わされる人が必要になる。
そりゃ、誰だって「損な役割」を押し付けられるのは嫌でしょうよ。
だけど全員が全員それを忌避してしまったら、その先に訪れるのは滅亡です。
国家が繁栄し、平和であり続けたいと願うなら否応無く「馬鹿」が必要になってしまう。
だからこそ安倍氏は「馬鹿が気持ち良く馬鹿で居られる社会」
目指して「美しい国」を提唱しているのではないだろうか?
今の日本では自己犠牲を厭わない「真面目馬鹿」が圧倒的に不足している。
なぜなら今の社会では「真面目馬鹿」が侮蔑される価値観が
(若年層を中心に)多数派になっているのだから。

いくら真面目馬鹿だって「キモイ、ダサい」と言われ続ければその信念は揺らぐ。
そいういった空気が長く社会を覆う事で真面目馬鹿が育ちにくくなり、
更には真面目馬鹿をやめてしまう人間も多くなってくる。
「誰もが嫌がるが、誰かがやらねばならない仕事」をやってくれる人材が居なくなる。
彼ら真面目馬鹿が減少するような言説を敢えて広める事は
長期的な視点で見れば「己の足を食っているようなもの」ではないでしょうか?
自分が「損な役割」を進んで担うのは嫌だと思う気持ちは分からなくもない。
だが、自ら「損な役割」を担おうとする人間やそれを賛美する思想を小馬鹿にして、
真面目馬鹿達の足を引っ張る行為をするのは愚かしい行動のように思う。

本当に頭の良い人間はそういった真面目馬鹿を褒め称えて
「損な役割」を気持ちよくやって貰えるようにリードするのでは?
「真面目馬鹿」は賞賛を受けて、気持ちよく損な役割を担当し、
「小賢しい人」は平和的に損な役割を真面目馬鹿に担ってもらえる。

そういった循環を作って、「損な役割」に自ら立候補してくれる人材を増やす事が、
結果として自己の安全にも繋がる事だけは理解した方が良いでしょう。
「お前が馬鹿になれ」とは言いません。
が、せめて自分が馬鹿になれないなら、馬鹿に対して畏敬の念ぐらい持てやと。


スポンサーサイト

先日、仕事帰りにこんな事がありました。
駅のホームで電車を待っていると、酒に酔ったと思われる
若い女性が線路に向かってフラフラと歩いているのです。
"まもなく電車が来ます"の表示が出ていたので「ヤバイ!!」と思い、
咄嗟に肩を掴んで引き戻そうと思ったのですが・・・・

肩を掴もうとした時、一瞬脳に過ったのです。
私の今までの人生経験から、深層意識に染み付いてしまった危険シグナル。
「女の体に触れたら、キモがられる、セクハラ扱いされる!!」
そして私は途中まで出した手を無意識に引っ込めてしまいました。


その女性は・・・というと、私の隣に居たハゲチャビンのオッチャン
「危ない!!」と女性の両肩を掴んで後ろに引き戻して事なきを得ました。
ですが・・・その女は命を救ってくれたオッチャンに
「さわんなハゲ!!キモい、※○▲×あせふじk」と、
訳の分からない暴言を吐きかけ、オッチャンは困ってオロオロ。
私は見るに見かねて、30m程後方に居た駅員さんを呼びに行き、
その恩知らずの泥酔女をさっさと引き下げてもらいました。

この出来事を通して、一つ私の中に喪男としての悩みが生まれた。
我々喪男は今回のような「女性が事故、事件に巻き込まれそうな状況」
に於いて救うべきか救わざるべきか?という事。

「人としての義務」という面で見れば、助けるのが正解でしょう。
ですが、我々は人は人でも「喪男」という特殊な立場にある存在です。
我々は基本的に女性からは忌み嫌われる存在であり、
彼らから(ビジネスとしての場合を除き)利益を受ける事はまったく無い。
そればかりか、侮蔑や差別を受ける事が殆ど。
はっきり言えば我々に「女を救う義理は無い」のです。
更に言えば今回の事例で見れば、泥酔女性を助けたオッチャンは
「人として正しい選択?」をしたのですが、その結果と言えば
感謝されるどころか「ハゲ、キモイ」と侮蔑されただけ。
得が無かったどころか損害を蒙った訳です。
対して「人として間違った選択?」をした筈の私は
侮蔑されるかも知れなかった場面を無損害で済んでしまった。
過去の経験から得た「女性への恐怖心」に結果として救われてしまった。
しかし、それは結果として女性が死ななかったから言える事で
仮にその場に勇気あるオッチャンが存在せず、
その女性が「潰れたトマト」になってしまった場合は
私は(それ程でもないが)罪悪感を背負う羽目になっていた。
「オッチャン」という第三者が私の身代わりになって
嫌な役目を果たしてくれたから・・・偶然に救われたに過ぎない。
結局、喪男がこういった場面に遭遇すると、どの選択肢も暗いものです。

1.女性を助ける。
 →憎しみを抑えてまで助けたにも拘らず侮蔑を受ける。
2.女性を助けない。
 →女性が死傷した場合、若干罪悪感を感じる。
3.第三者が助けてくれる事を祈る。
 →上手くいけば無損害だが、所詮は運頼み。


本当の意味で我々が楽になるには、心を凍らせるのが良いのかも。
クソ雌が目の前で潰れたトマトになっても、
何の罪悪感も感じずに冷笑できる凍てついた心

これを手に入れた時、真の意味で女から解放されるのかも知れません。
そう考えると、咄嗟に手を差し伸べようとした
自分はまだまだ修行が足りないのでしょうね。
修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ、修行するぞ!!


※追記※
もしもこの記事を読んでいる女性が居たら考えて貰いたい。
これからの時代、私のような男は少しずつ増えていくでしょう。
女性から侮蔑されたトラウマから、女性に冷淡な考えを持つようになり、
仮に女性が身体生命の危機に陥っている場面に遭遇しても、
それを救おうとしない、できない男性が・・・

もしもそういった男性が世の中に増える事を良い事と思わないなら、
貴女は貴女のやれる範囲で「そういう男性が増えないように」
気を付けて言動を選んだ方が良いかもしれない。
勿論、それを受けて自身を改めるも改めないも自由です。
ですが、改めないのだとしたら・・・
例えば貴女が殺人鬼に襲われて殺されそうになったとして、
通りがかった男性に救いを求めたとしても・・・
その男性は冷たい笑顔を浮かべて貴女を見捨て去るかもしれません。
そうなったとしても、それは自業自得である事だけは理解して下さい。


9月17日、品川にて映画鑑賞OFF会を行いました。
(仕事が忙しくてダルかったため、OFF会報告が遅れて申し訳ない)
今回の参加者は、

もてないくん氏
古巨人氏
WATA氏
めかちゅーん氏
hirasaka氏


こちらの5名でしたが、もてないくん氏は高速バスのチケットが
取れなかったため残念ながら中止となり、5名でのOFF会となりました。
今回鑑賞した「アキハバラ@DEEP」についてですが、
簡単にあらすじを言いますと、色々と問題を抱えた社会不適合者達が
徒党を組んで、ビジネス(新規検索サイト構築)を目指すが、
大企業に力技で邪魔されてしまい、その報復に乗り出すというもの。
喪男映画というより、オタクを調味料とした娯楽作品です。
ただ、ところどころ喪男の琴線を揺らすようなシーンがあったりも。
メイド喫茶の女の子にやたら冷たかったり
「綾波フィギュアの方が抜ける!!」と豪語したりと、
ここら辺は実際の喪男と近い感性で思わず二ヤリ。
また、男女間での恋愛などは一切描かれていないので
そういった意味で喪男でも安心して鑑賞できる映画であると言えます。

映画鑑賞後はカラオケにてアニソンを歌いまくり、
日ごろの鬱憤を十分に晴らして楽しむ事ができました。
喪男には喪男なりの人生があり、楽しみ方がある。
今後も「エンジョイ&エキサイティング」で生きていきたいですね。


※追記※
hirasaka氏の歌ったレイズナーOPは大好きな歌だったので感動ですた。
最狂キモメン、ゴステロ様マンセー!!


以下の記事で紹介したコラ画像や議論を踏まえて、
喪男という立場に置ける服装の意義をまとめてみましょう。

「喪男おしゃれ論争に終止符」
http://shrak.blog17.fc2.com/blog-entry-311.html
「不細工は何を着てもかっこ悪い事を証明しようぜ!!」
http://shrak.blog17.fc2.com/blog-entry-312.html

これらから判明した要点を箇条書きにすると・・・
***************************************************************
1.同じ服装でも容姿の美醜によって見栄えがまったく違う。
 (イケメンはオタクっぽい服装でもお洒落に見える)
2.喪男がお洒落をしても「異性に"SEXを含めた意味で"モテる」事はあり得ない。
3.喪男がお洒落をしても「美しくなる事」はあり得ない。
4.ただし、「喪男顔+あまりにも汚い服装」であると"麻薬中毒者"のように見える。
5.「清潔(単純な意味での清潔)で地味な服装」によって4の状況は避けられる。

***************************************************************


こういったところで落ち着きました。
つまり喪男にとってのお洒落とは
「麻薬中毒者に勘違いされないため」であり、
それ以上の美的効果は一切期待できない。

という事になるでしょう。
これらの現実を踏まえて、喪男が衣服において
最低限の投資で最大の効果を得ようとした場合
以下のような服装が最も効率的になると思います。

**********************************************************
[私服]
・上着、ズボン、靴とも3000円未満の地味なカラーリングのもの。
 地味であれば、チェックだろうが単色であろうがどうでも良し。
・衣服の丈は、体系変化を考慮してやや大きめを選ぶ。
 上着が大きめだとダサいと言われる事が多いが、喪男には無意味なので無視。
・上記の条件で春秋用、夏用、冬用が各2セットあれば万全。
・洗濯はこまめにして、干し方や洗剤(部屋干し対応品を使うなど)は要研究。

[礼服(スーツ)]
・上下会わせて2万円前後のものをチョイス。
・紳士靴は5000円未満の黒をチョイス。
・色は濃紺やチャコールグレーをメインとする。
(入社式から結婚式、葬式もこなせる万能色)
・衣服の丈は体系変化を考えてやや大きめを。
・3シーズン用と冬用を各2セットそろえれば万全。
(お金が足りない場合は3シーズン用2セットで凌ぐ)
・清潔を保つためにクリーニング代はケチらない。

****************************************************************


上記の服装こそが喪男という特殊な立場を最大限に考慮した、
もっとも効率的に最大限の効果を発揮できる服装であると私は確信します。
つまるところ「清潔でTPOを守った安い服装」であれば何でも良い訳です。
デザインだのブランドだの糞虫が如き議論は喪男にとってまったく意味を成さず、
「部屋干しのときに臭いが出ないようにするには?」
「黄ばみや食べこぼしなどの汚れをどうやってキレイにするか?」

こういった面での議論や情報交換こそが真に大切な事だと思うのです。

我々は「麻薬中毒者に見られない事」以上の効果を期待できないのですから。


2chのウォッチ板でこのような書き込みがありましたが、
こちらの覚悟という人物は私とまったくの別人です。
ちなみに私はリアル女性のエロメディアは一つも所持していません。


****************************************************************
非モテ論壇ブログヲチ14
http://ex9.2ch.net/test/read.cgi/net/1155095721/923

【923】名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2006/09/10 6:43:00 FWLSEsgv
># 覚悟 『雨宮さん、あなたは何故AVの世界の闇には何も触れないのですか?
>あなたはソフトオンデマンド系列のメーカーがいかに非道なことをやっているのかご存知のはずです。
>被害にあった女性の現在を知っていますか?
>私の知り合いは今精神病院にいます。』
ttp://d.hatena.ne.jp/mamiamamiya/20060818

おもすれーな覚悟。全然面識のないブログに突撃して
「あなたはなぜ○○を書かないのですか?」ってwww
お前が書けばいいじゃん。
Lも似たようなことやってたなぁ。「それは私のことでしょうか?」って
面識のないブログに乱入するの。(もちろんLのことなど書いていない)
こいつら、他人と自分との距離が測れなくなってるのかな。
いよいよ統合失調症ジャネーノ?

それにしても、AVに出演して稼ぐような女は覚悟的には肉便器だから
「どうなっても自業自得」というのかと思っていたよ。
風俗嬢やAV嬢には日頃お世話になってるのがまるわかりだなwwww
****************************************************************


先日、喪男漫画として強烈な個性を放っていた最強伝説黒沢が終了しました。
ぶっちゃけ、打ち切り臭が漂っていましたけどね・・・
ちなみに最終エピソードを大まかに語るとこんな感じでした。

****************************************************************
黒沢、ある事があってホームレス達と仲良くなる。

ホームレス達から金銭を巻き上げる暴走族メンバーと喧嘩して倒す。

キレた暴走族、仲間を呼んで夜に再襲撃をかけると宣告。

黒沢、ホームレス達に戦闘か撤退かを尋ねる。

ホームレス達は撤退を選ぶが、足腰が弱く一人だけ
行く宛てがない老婆ホームレスを慮り、男衆に決起を迫る。

いざ決戦のとき、ホームレス軍団はビビって戦おうとしないが、
黒沢とその子分?は傷だらけになりながら決死の応戦。

黒沢の傷だらけになりながら戦う姿に心打たれたホームレス軍団、
遂に決心して参戦、暴走族を打ち破る。

祝賀会の最中、殴られすぎた黒沢は容態が急激に悪化、
みんなに看取られて静かに息を引き取る。
****************************************************************


救いが無いと言えば救いがない結末で、その点をとりざたして
「黒沢のような生き方は馬鹿馬鹿しい」といった感想も見受けられます。
逆に私は思うのです、黒沢は「死ぬべき時に死んだだけ」だと。

確かに暴走族の襲撃に対して警察へ助力を請うなどの
「事前に打つべき手」を打たなかった点では愚かしい面もあります。
(つっても、まぁ漫画の世界の話なんで警察で解決しても困りますが)
行く宛てのない老婆を黒沢が引き取るという手もあったでしょう。
ですが、それらは決して「全てが解決する最良の手」という訳でも無い。
桶川ストーカー事件を見れば分かるように、
通報等への警察の動きは基本的に後手後手です。
ましてやホームレスなどの未納税者、非定住者に対して
彼らが親身になって迅速に動いてくれるかは怪しいところでしょう。
また仮に老婆を保護しても一人身で手狭なアパートに住んでいる黒沢では
身の回りの事も満足に出来ない彼女の面倒をキチンと見る事は難しい。
老人ホームを探してやるにしても、身元保証の無い人間を
無料で引き受けてくれる施設など殆どありません。
暴力に頼らない解決法を探したとしても結局は難題の山。
仮に自分が黒沢の立場だったとして・・・
警察も動いてくれない、老婆を引き受ける余力も無い、
こんな状況なら一体どうしますか?
老婆を暴走族の生贄として、自分だけは助かろうとしますか?

それは一見すると楽な選択に見えますが、黒沢のような
熱血漢にとっては「死ぬ事よりも辛い選択」でしょう。
そうやってまで生き延びても、罪悪感に苛まれながら
一生を孤独に苦しみぬいて過ごすだけです。
というか罪悪感に押しつぶされて自殺しちゃうでしょうね

基本的に平和な日本では「家族友人や財産を守るため暴漢と戦って死ぬ」
という死に方を想定の内に入れている人は殆どいないでしょう。
ですが、それはあくまで確率が低いだけで、起こらないという話ではない。
実際に日本でも殺人、強盗、放火、強姦の凶悪犯は年間総件数は約1万件、
暴行傷害などの粗暴犯で約6万件発生しているのです。
そういった事を考えると、黒沢が迫られた選択というのは
決して漫画の世界だけに留まる話ではありません。

また黒沢の時のように熟慮する時間的余裕があればまだ良い方で、
大抵は咄嗟の判断をせまられる事になるでしょう。

イジメを目撃したとき、それを止める事が出来るか?
暴行を目撃したとき、身を挺して被害者を助ける事が出来るか?


そう考えれば、彼が選んだ道は決して軽んじる事の出来ないものです。
自分がどういった生き方を望み、どういった最期を望むのか?
我々も事前に考えて、明日起こるかもしれない「その時」に対して
自分なりの「覚悟」を胆に据えて置くべきでしょう。
いざという時に「人間として死んでもやってはいけない行為」を取らないように。


いま非モテ、喪男界隈で一番熱く有用である記事を紹介します。

イケメンは何着てもかっこいいけど、ブサイクは何着てもかっこ悪い
****************************************************************
どう見てもオタク系ファッションだけど顔が良いと・・・
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/d/3/d34c1ac2.jpg

オタク顔面修正前
http://www.famitsu.com/game/news/2006/08/24/h-103_58932_saikoubi.jpg.jpg
オタク顔面修正後
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/b/2/b26ea15f.jpg

オタクファッション記事、顔をイケメンと挿げ替え
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/6/5/65791a46.jpg

顔面挿げ替え前
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/c/d/cd64e41d.jpg
顔面挿げ替え後
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/1/2/12b0f0ec.jpg

この人物をオシャレでモテモテに出来るか?
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/1/d/1dd2dab3.jpg
顔を挿げ替えると同じファッションでアラ不思議w
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/b/4/b44cfae5.jpg

****************************************************************


ハッキリ分かりましたね。
「顔こそが最大のファッションであり、衣服でその壁を克服することは不可能」
喪男が着ると「ダサい」ファッションが、顔を挿げ替えただけなのに
まったく違って見えるという事が実例として証明されてしまいました。
残酷ですが、喪男に出来る唯一のファッションとは「顔面整形」なのです。
ここにある画像はキッチリと保存し、奇麗事を吐くクソメスブタと
論争になったときはこの画像を提示すれば一発で黙らせる事が出来るでしょう。



※追記※
WATAさんのブログでもこのコラ画像が紹介されたようです。
そこでTomさんという方がこのコラ画像をミクシイで紹介したところ
一般人の方々からも様々な反響が寄せられてきたそうです。

**************************************************************
WATAさんすいません。ミクシィ日記に頂戴しました所(事後報告すみません)、
私のマイミク(パンピーもいます)にかなり衝撃を与えたようです。
日記の書き込みのみならず、「俺ってそういう酷い目で見てたんだ・・・」とか、
「『人は中身が大事』って嘘だったんですねー」とかメッセも来たり。
**************************************************************


そう、我々は一般人の口からこの台詞が
吐き出される事を待っていたぁぁぁぁぁぁ!!


「喪男おしゃれ論争に終止符」の記事に於いて
2chのオチスレにおいてこのような意見がありました。

***********************************************************
>イケメンは何着てもソレナリにカッコイイ、
>とりあえずこれは実験結果もあることだし認めよう。。
> しかしながら「ブサイクは何を着てもカッコ悪い」は
>この実験では証明されてないように思うんだが...

***********************************************************


これに対して反証となるコラ画像を作ってやろうかと思います。
ファッション紙に載っているカッコいい服装の写真に
http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/1/d/1dd2dab3.jpg
こちらの画像のオモラシおじさんの顔や、覚悟プロフィールの画像の
顔を貼り付けて「実際にどうなるか?」を証明してやろうと思いますw
ちょっと仕事が忙しいので作成は週末あたりになりそうですが。

もしもこの企画に賛同を示し、それに利用できる画像(オシャレな人の写真など)
お持ちの方はメールにて送付して頂ければ幸いです。


※追記※とりあえず、ひとつ。

きれいなおべべのいけめんさん


顔を変えるとあらららら・・・・



服が小奇麗なぶん、余計に顔の酷さが際立ってしまってますね・・・


※追記2※
***************************************************************
【850】名無しさん@ゴーゴーゴーゴー! 2006/09/04 23:10:02 j0m+nf2S
そもそも、すげ替え前のブサイク扱いされてる人間に
かわいい彼女がいても不思議ではないと思える俺は異常なのか?
(ハングルのポスターの前の人は別)http://image.blog.livedoor.jp/doraganaru/imgs/c/d/cd64e41d.jpg
この二人とか普通にモテそうなんだけど…。
***************************************************************


その「ハングルポスターの前のオモラシおじさん」の顔が
喪男にとっては「平均点レベル」なんですがw
本当に僕たち生きててスミマセンw


古巨人さんから面白そうな映画のお誘いがありましたので、OFF会を。

***********************************************************
開催日:9月中盤の土曜日あたり(9月16日or9月23日を予定)
場所:メールにて詳細(山手線圏内)
内容:映画鑑賞「アキハバラ@DEEP」
   映画鑑賞後、簡単な食事でもして一旦解散。
   (2次会などは各人の都合とその場のノリで)
時間帯:お昼前後に集合して、夕方前に1次会終了。
予算:1次会は映画鑑賞と食事で2000円少々。

参加条件
1、恋人いない歴=年齢の童貞(含む素人童貞)
2、年齢20歳以上の男性(女性は如何なる理由があろうと不可)
3、恋愛放棄スタイルに賛同する。
4、喪男道のスタイルに基本的に賛同である(多少の差異はOK)
5、自身が萌えオタである必要はないが、萌えオタという
  スタイルに寛容的な態度を取れる。
***********************************************************


なお、何かと揉め事の多いブログ故に、嫌がらせ目的で参加する
不届き者も考えられるのでそれに対しての対応は以下になります。

***********************************************************
1、OFF会中に喪男に対してあまりにも侮蔑的だったり、
  恋愛資本主義的価値観を極度に賛美した話題をしつこく
  繰り返した人間には「イエローカード」宣告を出す。
2、1に於いてイエローカードを3回警告された人間は
  有無を言わせず退場を命令。
  退場命令に従わなかった場合は顔を撮影し、
  後に喪男道で晒し首にされるのでご注意を。 
3、上記のイエローカードを提示する権利を持つのは主催者である
  覚悟と覚悟に任命された一部参加者が行使できる。

※注意※
1に於いては基本的には余程でない限り、「こやつめ、ははは!!」
と笑って見逃すようにしますが、例えば「喪男はキモいから差別されて仕方ない」、
「実は俺、100人切りのヤリチンでした」、「北山翔子を責めるべきではない」等の
見過ごせない言動をしつこく取った場合はイエローカードとします。
***********************************************************


開催日については土曜、日曜日であるならば参加者の
希望によって調整いたしますのでコメント頂ければと思います。
参加希望の方は下記のテンプレートを記入して
以下のアドレスまでメールして頂ければと思います。
fish0909@excite.co.jp
*************************************************
ハンドル名:
参加可能日時:
希望時間帯:(○○時~○○時まで参加可能)
その他質問:
*************************************************


基本的に9月16日(土)開催を前提として、9月11日を応募締め切りとさせて頂きます。
(9月16日はムリというメールが多数あった場合は9月23日に変更の可能性も有り)
参加希望は締め切りを過ぎても直前まで出来る範囲で対応は致しますが、
その場合はメールチェック漏れ等が発生し易くなるので出来る限りお控え下さい。



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。