ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どうも電波男の最も根幹である部分を読み取れてない人が
「妄想ばかりしていたら現実的でなくなる」
未だ騒ぎ立てているようなので、私的な見解ではありますが、
電波男の最も重要な根幹を提示してみます。
ぶっちゃけて言ってしまえば、電波男が最も大切にしている
本質は萌えでも恋愛放棄でもありません。
「現実を真っ当に生きる」ただそれだけです。

ブサイクでキモくて嫌われて孤独でも真っ当に働く。
醜くて人から愛されなくても犯罪を犯さず真っ当に働いて食い扶持を稼ぐ。
ときには自分にご褒美を上げたり、毒(憎悪)を吐き捨て、また真面目に働く。

萌えも女性嫌悪も恋愛放棄もそういった日々を生きるための手段に過ぎません。
醜い故に愛されぬ者が日々の現実を生きるためのエネルギーを得て
毒処理(犯罪者にならないように憎悪の処理)をどうやってするのか?
これこそが電波男の最大の目的と言えるでしょう。
本田氏が妄想内ではどれだけDQNな行為(暴力行為)をしてもいいが
現実ではDQNな事をしちゃ駄目としているのからも判ると思います。

彼は「妄想よりも現実」を大切にしている。

真っ当な仕事について、法を守り、犯罪者ならず堅気として生き抜く。
そのためなら妄想世界で二次元少女を利用して、それをガス抜きとして
現実での暴走を抑える事も許される(妄想内でも紳士なら理想ですが)

所詮はカタギとして人生を全うするという目的の為に過ぎないんですよ。
電波男とは我々のような醜く誰からも愛されぬ存在
現実を堅気として生きるための指南書なのです。
こういう視点で読み直せば理解し易いと思います。

私のスタイルは電波男の範疇をやや逸脱したものですが、
この本質「現実で堅気なら何でも良い」は常に掴んでいるつもりです。
本ブログでDQNや女性を苛烈に責めても、その根底は共通しています。
現実に生きるためにインターネット上で憎悪を消化する行為の一つであります。
そしてそれを他の同志にも「憎しみを消化できる場」として提供しているのです。
現実で犯罪を犯さずに堅気で生きられれば他は何でも良いんですよ、
その為なら悪口だって言えば良いし、萌えてても良い。
一生結婚しなくたって良いし、一生童貞だって良い。
何だって良いんですよ、何だって


※追記※
こう書くと「一般人も喪を口で非難にするのは自由だよな?」と思うでしょう。
その通りです自由ですよ存分に非難してください。
と言うよりも「非難するな」と言ってもあなた方は
絶対に止めないだろう、という諦観みたいなもんですけど。
「悪口を言うな」と言っても貴方達は絶対に止めない。
しかもそういう主張をするからには自分達は悪口を言うわけにはいかない。
だったら、相手の悪口を認めて自分も思う存分言い返したほうが健康的です。
我々も存分に非難で返してストレス発散させて頂きます。
そしてその行為により、憎悪の爆発を防いで現実を真っ当に生きるのです。
現実で殴りあわない為にネットで口でストレスを発散する。
それでいいじゃないですか・・・
まあ、「パワーバランス論」で語ったとおりですね。

スポンサーサイト

本日、本田透氏が表参道の青山ブックセンターにて、トークショウを開催しました。
私は仕事の都合で参加できませんでしたが・・・

次回作の発表もあったようで、「モテの魔の手を防ぐには?」がテーマのようです。
題名は「電波大戦 ~ぼくたちの護身入門」(9月下旬発売予定)

要するに今までモテナイ男だった存在が、何らかの手段で
地位や名声を手に入れてしまい男の金や名声に集るウジムシ女
利用されないようにするにはどうすべきか?、という考察の本となるようです。
(つまりは今の本田氏の悩みを綴っているということです)

金も地位も名誉も無いモテナイ男の場合は意味が無さそうに思える内容ですが、
人生何があるか分らないので読んで損は無いと考えます。
ひょっとしたら地位と名誉を手に入れることがあるかも知れませんし、
本当に切羽つまった負け犬なら年収400万程度の男にでも、
藁にも縋る気持ちで寄生しようとしてくる可能性はあります。

「本当に切羽詰った女」は男の想像を絶した足掻きをします。
そんな女に捕まったら最期、尻の毛まで毟られて熟年離婚は確実、
さらには浮気されて種違いの子を育てさせられるコンボも可能性大です。


詳細は以下をご覧下さい。
しろはた:「萌える大甲子園」2005年8月19日の記事
http://ya.sakura.ne.jp/~otsukimi/hondat/saru/nikki038.htm
Operation:Mindcryme:「本田透トークショウレポート」
http://fallen-angel.rulez.jp/blog/archives/2005/08/post_106.html


※追記※
どうやら本田氏は「電波男2」「キモメン葛藤小説」に加えて
電波男からギャグ部分を抜いて社会分析評論的な側面を強めた
「電波男の強化版」の執筆を進めているらしいです。

イヤッッッッホウ!!・・・思わず我を忘れてしまいました!!


※以下は私的な内容の上に個人的怨念が含まれますがご容赦下さい※

昨日、メールで女性からラブレターのようなものを頂きました。
詳細は公表しませんが、
「blogを読んで改心した、貴方の人格に惚れた」といった内容でした。
悪戯の可能性が超絶に高いのですが、
本気だとして返答をさせて頂きます。


電波男や私のblogの内容に本当に共感を抱き理解したならば、
何の面識もない私にどうこうしようとするよりも、
まず「現実世界で自分達が見下してきたキモメン」に対して
見方を変えるはずだと思うのです。
つまり身近で冷遇してきた、キモメンに再度注目してみて、
「本当はイイ人なんじゃないかな?」
という視点で見直してみようと思うはずです。
それをすっ飛ばして、
「仮想世界で論を吐いてる程度のキモメン」へ思いを馳せるのは、
「有名人だから付き合った」とかと同レベルの幼稚な陶酔では?と感じます。

もしも本当に本blogの内容に感銘なり共感を抱いた人が居たとしたら、
身近に居るブス、ブ男に対しての偏見や態度を改めるところから
始めるベキであるし、そうして頂きたいと思います。
女性側はどうか知りませんが、私の思想に共感し、
同レベルの感覚を持っている男性は思いのほか多いです。
青い鳥は身近に居ます、ただ自分が気付かないだけで。

よって今後このような下らない茶番じみたメール
一切送らないで頂ければと思います。
悪戯にせよ本気にせよです。


まあ、奇麗事はこの辺にして本音を言えば、
だーれが、今更リアル女の妄言なんか信じるか、
反吐が出るぜぇ!!カァァァ、ぺッ!!

という事なんですがね。

余談ですが、私はエルメスもアルテイシアも死ねばいいと思います。
それに引っかかった電車男も69番(だっけ?)もゴミだと思います。
あくまで個人的感情で、何の正当性もありませんが。


真実の愛を紡げる人間とはどのような人間かを考察してきました。
しかし真実の愛を紡げる人間同志がカップルになったとしても、
すぐに紡げるという物でもないのです。


真実の愛を紡げる人間は、
「高潔な振る舞いに自己満足を感じるモラリスト」と定義しました。
容姿や金ではなく、人格の貴賎で恋人を選びます。
とすると
「恋人はモラリスト(条件を満たす存在)であれば誰でも良いの?
それが唯一の愛と言えないのでは?」
そう感じる人も多いでしょう。

私は「モラリスト(条件を満たす)なら誰でもいい」それで良いと思います。
私が恋人を探していた頃もこんな感じでした。
ただし、あくまで恋愛相手としての選定段階までについてです。
5年も10年も付き合ったにも拘らず、上記のような
「条件を満たすなら誰でもいい」という感情を持つ人は異常ですが。
人間は他者や物にでも長年を共にした存在に「愛着」を持ちます。
愛着とは「永い間を共に過ごしたことにより生じる精神的繋がりや執着」です。
また、長い年月を過ごす間に困難を共に乗り越えれば、互いでの信頼が強まります。
共に困難を乗り越える事により、
「ああ、ピンチになってもこの人は私を見捨てて逃げ出さない」
という証明が信頼へと繋がるのです。

キッカケはモラリストだから付き合った。

そしてモラリストの彼と長年過ごし、苦楽を共に乗り越えて信頼と愛着が深まった。

そして長い年月で培った信頼と愛着から
私の中で彼は単なる恋人から「唯一」の存在へと変化した。


こういう変化があって当然だと思います。
長年連れ添った老夫婦の絆が新婚夫婦よりも強固である場合が多いのもこの為です。
ですが、まだ大して同じ時間を過ごしたわけでもないのに、例えば告白の段階で、
「貴方が唯一の存在です」なんて言われたら私は「頭がおかしい」と思います。

「何でお前は俺と苦楽を共にした経験もロクに無いのに、
なんで恋人同士で何年も連れ添った訳でもないのに、
俺の事をそんな風に思えるんだ?・・・金か?顔か?何が目当てだ?」

そう思います。
ただし、苛酷な環境下で友や相方として危機を乗り越えあったり、
幼馴染などで、長い期間ふれあってお互いの信頼と愛着を既に深めている状況での
告白などは例外といえるでしょう(この場合は唯一と思ってもおかしくは無い)

真実の愛は一日にして成らず、
幾たびもの困難と、長い年月が育むものだ。


と言う事ですね。
だから恋愛のキッカケなんて「条件に合いそうだから付き合ってみよっと」
こんな感覚で問題ないと感じます、
長く一緒に居た訳でもないのに深く愛せる訳ないんですから。


この理論でいくと
「最初は金目当て、顔目当てでも愛着さえ湧けば真実の愛だろ」と感じますが、
愛着も信頼感も物質的な利点は無く、精神面の繋がりや精神的満足に類する物です。
つまり内面への満足よりも金銭やイケメンなどの物質面を重視する人間にとっては、
この信頼や愛着は「さして重要でもない」と感じるでしょう。
夫の退職金を目当てとした熟年離婚をするような妻、
甲斐甲斐しく世話してくれた古女房を捨てて若い女に走るような夫、

こういう人達ですね。

逆に精神的、内面的つながりを大切にする人とはどんな人でしょうか?
それは真実の愛を紡げる人間とは?の考察でも出した
「高潔な振る舞い(精神)に自己満足を感じる人」ではないかと思います。

金やイケメンなどの物質面を重視する人間は、
何十年何百年一緒に居ようが、真実の愛を育む事は難しいです。
彼らにとっての愛とは「金持ちの恋人が居る」「イケメンの恋人が居る」という
恋人が持つステータスに陶酔して舞い上がる事なのでしょう。


真実の愛を紡げる人の条件について纏めてみましょう。


1.道徳、倫理を遵守できるモラリストである。
2.人道的な行動を好み、それによって自己満足(快楽)を感じられる。
3.1、2を受けて、道徳的価値観に基づいて他人に優先序列を付ける。
4.3を受けて、容姿や金銭などの物質的魅力で他人を差別する事を嫌う。
5.3について、悪人への蔑視、人格者への優遇、家族への優遇等の
  道徳に抵触しない差別は容認する。
  (ただし、子供を裏口入学させるなどの限度を超えた優遇には忌避を示す)

但し、容姿や金銭などの物質的差別を嫌うとしても、
同程度の人格者2人でどちらかを伴侶として選ぶというような状況では、
容姿や財産を判断基準として選んでも許容範囲とは思います。
美顔+美心>醜顔+美心>>>(超えられない壁)>>>>美顔+醜心=醜顔+醜心
この序列を守れるならば、さして問題ないでしょう。

具体的に言えば、

恋愛するのは人格者じゃなきゃヤダヤダ!!
人格者なら、加藤大君やホンコンやエレファントマンでも恋愛対象範囲内よ!!

逆にキムタクでもホリエモンでも、非人格者なら絶ぇぇぇぇ対付き合わない!!
非人道主義者なんて大ッ嫌い!!
そんな連中と付き合ったりSEXする位なら死んだ方がマシよ!!
人格者のキムタクと人格者のホンコンを比べたらキムタクかも知れないけど、
非人格者のキムタクと人格者のホンコンなら後者の方が一億倍マシ、
迷わずホンコンを選ぶわ!!



こういったところでしょうか?
こんな思想を本気で体言できる人が真実の愛を紡げる人という事です。
もちろんモテナイ男はこの思想を(自分を含め)男女共に持つべきと考えています。

こういう人間が現実でどれだけ居るかは別としても、
電波男の著者である本田氏を含め、大勢のモテナイ男が傾倒している
アニメやゲームの世界の女性キャラクターは大体似たような性格をしています。
本田氏が脳内妻とした「みさき先輩」というキャラクターも近い雰囲気ですね。
モテナイ男と二次元は「出会いもの」と言えるのかも知れません。

当然こんな異性を求めているのですから、モテる訳がありません。
ですが、こういう恋愛を紡げないぐらいなら恋愛放棄した方がマシ!!
そう考えるのがモテナイ男なのです。
こういう純愛主義的思想は道徳という価値基準から見ると善に分類されます。
例え現実からあまりに乖離していても、その正当性が自信を与えてしまうのです。
「俺達は間違っていない」と。
(間違いではないからこそ、余計に悲しいのですがね・・・)
私を含めたモテナイ男の多くは、この理想を追い求めた果てに訪れる結末に対して、
想定範囲内+覚悟完了済です。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。