ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、ミソジニー(女性嫌悪)という言葉を印籠の如くにして
喪男を否定する人々がいらっしゃいますが、
私には何が問題なのかまったく理解できない。
ここで先に言っておきますが、私は(現実世界の)女性が大嫌いです。
(二次元女性は大好きですけど)
なぜ私が女性嫌いかと言いますと、答えは単純。
「女性に好意を持つよりも嫌悪した方がメリットが多いから」です。
まあ、感情的に「自分を嫌いな奴は大嫌い」ってのもありますけど。

例として喪男が女性嫌いである事によって生じるメリットを挙げます。
**********************************************************
1.性的資本を餌として男から搾取しようとする女からの自己防衛。
2.女嫌いという属性を持つ人間同士で共同体を作りそこに所属できる。
3.2によって帰属欲求、承認欲求、アイデンティティがある程度保障される。
4.2によって価値観の近い友人ができる。
5.女性からの評価を無視する事によって行動の選択肢が増える。
6.5に関連して萌えオタ趣味などへの散財、衣服の無頓着などが自由に出来る。
7.自分を嫌う人間に正直に敵意をぶつける事によってストレスが発散できる。
etcetc
***********************************************************

こういったメリットがある訳ですが、これに対してデメリットと考えますと・・・
ぶっちゃけデメリットはまったく無いんです。
喪男は元々女性から性対象として相手にされない上に嫌悪されていますから、
別に女性嫌悪だろうが、なかろうが嫌われる事には変わりはありません。
まあ、喪男+女性嫌悪となった場合はスピッツの如くギャンギャンと
吠え立ててくるので輪を掛けて目障りでしょうが、理由の根本でない。
喪男は例えるなら「ウンコで作ったアイスクリーム」で
女性嫌悪とは「鼻糞のトッピング」みたいなもの。

**************************************************************
喪男
「ウンコアイスの鼻糞トッピング掛けでございます」


「なにこれ?こんな汚物、食えるわけないでしょ!!」


喪男
「そうですか、鼻糞のトッピングを外してみましたがどうでしょう?」

女「はぁ?ウンコアイスそのものがヤバいんだからトッピング外したぐらいで
 食えるとでも思ってるの?私が食べたいのはバニラアイス(イケメン)よ!!」


喪男
「ウンコアイス自体は変えられないので、クッキーチップ
 (お洒落)でトッピングしてみましたが如何でしょうか?」


「死ねよ、こんな申し訳程度のトッピングで糞を食えるわけ無いだろ!!」

**************************************************************

こういった状況である訳ですよ。
もしも女性にウンコアイスを食わせようと思ったなら道は2つ。
1.ウンコアイスに札束のトッピングを掛ける。
2.錬金術(整形)を使い、ウンコアイスをバニラアイスに練成する。

こんな状況な訳ですから、我々が女性嫌悪をやめる訳がない。
女嫌いを是正してもリスクはあれど、旨味がまったくありません。
当然中には少ないながらも喪男に友好的な女性が居るかもしれませんが、
その人が本当に友好的なのかを知る術は我々にはありません。
まさに「その人のみぞ知る」事なのです。
いや、当人でも真実は分からないかもしれない。
容姿で人を差別するのは良くないと思って、性格で彼氏を選んでも
「やっぱりキモイ容姿の人とは付き合えない」と改めて
自分の本心を知るという女性も少なくないでしょう。
友好的な存在は少ないし、居たとしてもどうせ判別できない。
だったら一律に警戒して攻撃して撃退してしまえ。
この発想、私は極めて理に適った方法だと思うのですが。
例えばスズメバチは黒い色をしたものを執拗に攻撃する性質があります。
これは彼らの生息圏においてはクマや人間(アジア人)が天敵であり、
彼らの毛の色に対して条件反射的に攻撃しているのです。
「クロイケノヤツ、オレタチノスヲコワス、テキ、コロセ」と。
これは別に理由もなく趣味でそうしている訳ではなく、
そういった警戒システムを組まなければ生き延びられなかったからなのです。
ただ、クマや人間からしてみると迷惑というだけの話で。

**************************************************************
クマ
「何も悪い事してないのに何で刺すクマー!!」

スズメバチ
「うるせー、テメェらクマが巣を壊すからだよ!!」

クマ
「僕は壊してないクマー!!」

スズメバチ
「うるせー、口では何とでも言えるだろうが!!
 テメエがもしも嘘吐いてたとしたら、
 こっちはけつの毛まで毟られて全滅なんだよ!!」

クマ
「悪い事をしないクマも居るクマー、クマだから刺すなんて酷いクマ!!」

スズメバチ
「あのなぁ、じゃあよ、俺らが悪いクマに巣を壊されたら、
 良いクマ達はその責任をとってくれるのか?ああ?
 悪いクマのやった罪を自らの身銭を切って補償してくれるのか?」

クマ
「そんな事言われても知らないクマ、他のクマの責任なんて取りたくないクマ」

スズメバチ
「そうだよなぁ、お前の責任じゃあねぇ。結局は全ては自分の責任よ。
 大損しようが、死のうが、誰も助けちゃくれねぇ。
 全ては自分で背負い込むしかないのよ・・・
 クマに易々と進入を許した俺達の甘さが罪だったのよ!!
 そしてお前の罪は、スズメバチの巣に無警戒に近づいた甘さだ!!死ね!!」

クマ
「クーマー!!!!!!!!!!!!!!」

**************************************************************


ま、結局は女性嫌悪というスタイルも単なる環境適応に過ぎないという事です。
容姿主義、拝金主義、政治能力主義といった弱肉強食が蔓延る世の中、
しかも「自由恋愛」の名の下に金銭的搾取も肉体的精神的搾取も許される中、
僅かな資本しかない喪男が、生き延びるために環境適応した姿。
ある物は硬い殻で自身を多い、ある物は生存競争の無い孤島へ行き、
ある物は強烈な毒や棘を身につける。
女性嫌悪なんてそんな程度の事と同レベルなんですよ。
騙されても踏みにじれてても何の補償もして貰えない以上、
「疑わしきものは罰する」のが最も手堅いスタイルなのです。
私は女性嫌悪が悪い事だとはまったく思ってないし、
私は女性が大嫌いだと堂々と宣言します。
そしてその生き方が我々にとって適応したスタイルである事に
絶対的な確信を持って今後も生きていこうと思っています。
我々の住む世界、それはまさしく「羅生門」なのですから。

スポンサーサイト

「カスみてぇなトラバ送りやがって・・・」
「非モテ、鯛男達へのプレゼント」
「ある意味ワーキングプアな"はてなの非モテ」

上記の記事に関して烏蛇からコメントを貰いましたが、
http://shrak.blog17.fc2.com/blog-entry-304.html#comment
彼自身も「女友達を作っても恋人が出来る事には繋がらない」と認めました。
私なりに彼の意見を解釈しますと、
「元々5%の成功率だったものが1%増加して6%になったとしたら、
 実質殆ど意味が無いとしても"効果がまったく無い"とは言えないよね?」

という、実用性を度外視した話だったようです。

さぁ、皆さん!!
彼も認めたとおり、漫然と女友達を作ったところで恋愛には繋がりません。
リスクとリターン、投資と損切りを計算して効率的な恋愛投資を行いましょう。
勿論、恋愛放棄が最も効率的となってしまう人間はそれもアリです。
常に損得勘定を忘れずに、計画的に行動しましょう。


※追記※
烏蛇は最新の記事でkiya2014から色々と突っ込まれていますが、
この問答を見ると烏蛇の一番の欠点が良く見えてきますね。
彼は基本的に「問題提起はするが、問題解決が出来ない人」なんですよ。
何かの議題に対して文句は付けても、それに対しての明確な対処法、
解決法を明言する事が殆ど無い(それを探そうともしない)
言うだけ言って、後は曖昧な言葉でうやむやにして終わり。
そのくせ態度が偉そうだから、見ていてムカつくんでしょうね。


私の記事における表現、内容について一部の喪男
(本当に喪男なのかアンチ喪なのかは不明)が
文句を付けてきましたが、私なりに色々思考しました。
詳しくは以下の記事を参照して下さい。
喪男の条件と同性ヒエラルキー~その1
喪男の条件と同性ヒエラルキー~その2


彼らに答弁を求められたので、したらばの該当スレにて
1晩もの間、質疑応答をしましたが・・・私が出した結論としては
この7時間は無駄だったという事だけです。
何が無駄かと言いますと、7時間掛けて何をしたかと言えば
単なる内ゲバだったからです。
7時間という時間が有れば、恋愛資本主義者やDQNをつるし上げる
ネタを探し、2~3でも記事を書く事が出来てしまうでしょう。
7時間喪男と喧々囂々やったところで恋愛資本主義者や
DQNにとっては別に何の痛みも感じません。
ただ、我々が損をしてしまった・・・唯それだけなんです。
実に無駄、リソースの無駄です。

こんな事なら下らない周りの雑音などには一切耳を貸さずに、
ひたすら己の考える方法で恋愛資本主義に糞を投げていれば良かった。
ここで私に食って掛かった喪男?も、私に対して文句をつけているだけ
(ネットで吼えているだけ)で別に中絶させたり、性病を広めたりと
現実世界で何か悪事を働いてるわけではない、至って健全な一市民です。
別に彼等を放置しても中絶や性病が増える訳ではない。
そしてそれは私も同じ、現実世界で何ら悪事を犯してない一市民なのです。
そんな現実で何をしている訳でもない一市民で糞を投げ合っても不毛でしょう。
そんな労力があれば「現実で鬼畜行為をしている糞虫共」に糞を投げるべきです。

まあ、こんな言説を説いた所で相手側が収まるようなタマとも思ってないので、
コメント欄に面倒な罵詈雑言が書き込まれる事は止まないでしょう。
私はそれらに一切の相手をせず、リソースの無駄になりそうなコメントは
今まで以上に容赦なくさっさと削除して、返答に掛かるはずだった時間を
「現実で鬼畜行為をしている糞虫共」にウンコを投げつける時間に当てようと思います。


私の事が気に入らない喪男の人達よ、噛み付きたければどうぞご勝手に。
但しそれは今まで以上に暖簾に腕押しぬかに釘状態へとなるでしょう。
私の目は貴方達ではなく、常に「現実で鬼畜行為をしている糞虫共」に向ける事とします。
貴方達は「現実の鬼畜」を放置し、ネット上で吼えているだけの
唯の一市民を倒すために全精力をつぎ込めばよい
私はそんな馬鹿げた事にこれ以上の時間を費やすのはご免ですw


以前に北山翔子関連で良心的な批評をしてくれたサイト、
NC-15にて色々と興味深い記事が有りましたので紹介します。
有名な沖田さん痴漢冤罪事件でいい加減な判決を出した裁判官を
痛烈に批判した内容なのですが、喪男としても色々と
因縁浅からぬ内容も見受けられました。

************************************************************
[キチガイ晒し]冤罪メーカーの松丸裁判官は腹を切って死ね
http://d.hatena.ne.jp/muffdiving/20060411

沖田さん痴漢冤罪事件
http://homepage3.nifty.com/okita-m/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060410-00000103-yom-soci
************************************************************


この事件に対して「喪男嫌い」で有名な室井祐月が
またまた素晴らしい発言をしてくれた様です。

********************************************
痴漢をしたといってだまして
お金を騙し取る女性がいますけど、
本当に悪いのは痴漢ですから
痴漢冤罪事件があると、男性誌が
"痴漢に間違われないようにしよう"
みたいな特集組むのがムカツク。

********************************************


いや、痴漢をする奴も金を騙し取る奴もどちらも最低
優劣を語るような問題じゃない。
本当にムカつくのは痴漢冤罪事件自体だから。
そして問題は痴漢に間違われないような特集が
必要になるような女性優遇に偏った法制度だろ・・・


室井祐月もこの逆恨み女も本当に死ねばいいのにね。
出来る事なら、こういうタイプの女を
この地上から1人残らず抹殺したいです。


※追記※
この記事のコメント欄にて社民党の福島議員の暴言集があったのですが、
これもなかなかにキテる内容で目を見張るものでした。

**************************************************************
「朝まで生テレビ」「警察官の拳銃使用について」を討論したとき
(田原総一郎氏との問答、ピンクが馬鹿福島)
「警察官の拳銃使用は絶対反対。
 犯罪者と言えども人権はある訳ですしぃ~、
 犯人には傷一つ付けてはいけない。
 例え凶器を持った凶悪犯と言えども
 警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」


「そんな事して、警察官が殺されたら?」

「それは警察官の職務ですしぃ~
 それに犯人がそんなに抵抗するんだったら
 無理して逮捕する必要は無いと思うんですよぉ~、
 逃がしても良い訳ですしぃ~」


「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」

「それはそれで別の問題ですしぃ~」

それ以降田原総一郎は福島に発言させなかった。
**************************************************************


これって、北山翔子の問題と置き換えても同じになりそうですね。
**************************************************************
「北山翔子の糾弾は絶対反対。
 エイズを他人に移したと言えども人権はある訳ですしぃ~、
 北山には精神面でも傷一つ付けてはいけない。
 例え致死性のウィルスを持った肉便器と言えども
 周囲は無条件で暖かく接するべき」


「そんな事して、エイズを感染させた相手が死んでしまったら?」

「それは個人圏の出来事ですしぃ~
 それに本人がそんなにセックスしたいんだったら
 無理して抑制させる必要は無いと思うんですよぉ~、
 放っておいても良い訳ですしぃ~」


「じゃっ、北山が別の所でまた人にエイズを感染させたら?」

「それはそれで別の問題ですしぃ~」

それ以降覚悟は馬鹿フェミを即アク禁にした。
**************************************************************


福島議員の意見が社民党の総意なのだとしたら、本当にゴミですね。
仮に総意じゃなくても党内に居座らせてる以上はこういった考えも許容できるのでしょう。
私は社民党や福島議員に対して好意的な姿勢を見せる人間は大嫌いです。
本当にこいつらは皆殺しにした方が良いんじゃないでしょうか?


私が保守主義者であるという宣言に対して
「喪男としておかしいのではないか?」
「マッチョイズム(男根主義?)こそ喪男を追いやった張本人」
「保守主義の下では(男性の)浮気は肯定されるから非道徳的」

という意見があるようですが、おそらく彼らと我々とで
考えている「保守」というのが根本的にズレているのでは?と感じました。
私が想定する保守主義とは一言で言うならば、「磯野波平」です。
浮気をせずにフネ一筋。
真面目に働き、父として夫としての責務を果たす。
子供たちが羽目を外し過ぎれば、キッチリと怒鳴りつけてお仕置きをし、
世のモラルの無さを新聞で見ては「けしからん」と」憤慨する。
こういう人物を指し示して「保守主義者」としています。

要するに「生真面目な学校の先生タイプ」ですね。
こういう人物は(少なくともジェダイ派の)喪男とは仲が良いです。

これに関して、
はー氏から頂いたコメントにこのような内容がありました。
****************************************************
私の祖母から聞いた話を主観的に解釈した結果ですが、どうぞ。
もしかしたら参考になるやも。

     ※ ※ ※
昔の人たち、特に農村や漁村など都市部でない地域の住人は
現代人とはかなり異質な精神構造を持っていた。
これは大戦後もしばらく、高度成長で
都市部に人口が移動するまで言えたと思われる。

概して子供の命の価値は低かった。
性的規範意識も「いわゆる」古典的とは違っていた。
よく想像されがちな古典的とは、
都市部に限定されたものであったようだ。

私自身男としてあまり認めたくはないのだが、
どうやら当時は男(主に夫)からの強圧的な要求があって、
さらに技術の未発達もあって、
やむをえず堕胎という事態に立ち至ることも
稀ではなかったと、推定せざるをえない。
     ※ ※ ※

街から農家に嫁いだ祖母は、こういう人たちに囲まれて
生きるのが嫌で嫌で堪らなかったそうです。

以上から、なぜ昔は多かった堕胎件数が今まで減ってきたのか、
若い、特異的に中絶が増えている世代の感性がどう変わってきたのか、
理解するヒントになるかと。

****************************************************


こう考えると私が主張する「磯野波平」はここで言うところの
「都市型保守主義者」であり、保守主義を否定する人間が
想定しているのは、「農村型保守主義者」ではないかと。
もしもこういった語弊により「私が理想とする保守主義」
否定しているのであれば、即刻考えを改めて頂きたい。

また、磯野波平のような(私から見れば)健全な保守主義者すら
否定するような、リベラル至上主義者に対しては
そういった人間と語る事は何もないし、
一切の共感は無いだろうと言っておきます。



※追記※
私が目指すところの保守主義を指し示す正式な用語って
既に存在するんでしょうかね?
そこらへん、あまり詳しくはないので詳しい方よろしくお願いします。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。