ADMIN TITLE LIST
Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モテナイ原因としてあげた3つの条件

1.容姿の醜さ
2.度胸の無さ(気の弱さ)
3.ウソの下手さ(世渡り下手、不器用)


これをひっくり返して

1.容姿が美しい
2.度胸がある
3.ウソが上手い


としてみると、イケメンヤリチンの性質そのものになりますね。

考えてみれば当たり前ですが、
モテナイ男とはイケメンヤリチンを全く逆にした存在なんですね。

スポンサーサイト

1.容姿が醜い(顔、体型、身長等)
2.髪型、服飾が劣る(いわゆるダサい)
3.能力が劣る(学歴、運動、資格、職業等)
4.資産が少ない
5.性格が劣る


上記の5つについて考えて見た結果、
2、3,4で足切りに達している人間は「モテナイ男」というよりも
公共マナー違反者、社会自立が出来ていない「ダメ人間」と言えます。
もはやモテナイ云々以前の問題であり別次元の話です。
(ここでダメ人間としているのはあくまで健常者に対してで、
障害を持ちながら懸命に生きている方々への表現ではありません)

つまり(社会的に)それなりに真面目に生きていてモテナイという人間は
1と5、つまり容姿と性格でモテナイ場合が多いと考えます。

・容姿
・度胸
・ウソ


この三点がモテナイ男には足りていないと言う結論に至りました・・・
要するに
気が弱くて世渡り下手なブサイク
ということですね。
自分で書いておきながら
実に不毛な結論に至った
と思います。


性格はもっとも難しい要素です。
究極的に言えば、性格の良し悪しなんてものは
恋愛において無視してよいと考えています。

なぜなら、良し悪しよりも相性が重要と考えるからです。
基本的に悪人は悪人を好きになりますし、善人は善人を好きになります。
「自分と同じ性質」に人は惹かれるからです。
よって、性格に足切りは存在しないに等しいと思います。
一見すると善人が比較的大勢に好かれそうな気がしますが、
皆さんの経験では、今までの人生の中で善人と呼べる人は何人いたでしょうか?
善人を(建前上は)尊敬する人は多くても、善人と気が合う人は少数です。

ただし、別の面で性格が重要になる場面があります。
それは「キッカケを作る」という場面です。

臆病な人であれば、声が掛けられずチャンスは減りますし、
度胸がある人ならば、ズケズケと異性に接近して、
結果としてチャンスが増えるでしょう。

また人を傷つけても何とも思わない人であれば、
ウソをたくみに使い、自分の都合よく相手を操作する事が出来ますが、
人を傷つけまいとする人間であれば、ありのままで勝負するしかありません。
ハッタリが使える人間と、使えない人間では手札の数に差があり、
既にその時点で有利不利は歴然です

極論を言ってしまえば、恋愛における性格なんてものは
「気が強くてウソを平気で付ける人間」はキッカケ作りでは有利という程度では。
逆にモテナイ男的性格とは「気が弱くてウソが付けない」と言えます。

恋愛関係の持続と言う意味では、また違った要素が重要になるのでしょうが、
一度も恋愛できない「モテナイ男」を論じるうえでは関係の継続は
次のステージの話であり、雲の上の話であるので割愛します。


これは単純です、銭は多ければ多いほど良いです。
お金に固執しない人は居ますが、お金が多くて嘆き悲しむ人は居ません。
これがズバ抜けて高ければ、他の能力がすべて足切り以下でも
女性からモテモテという事もあるほど強力な能力です。
資格や学歴も所詮はこの金を手に入れることに繋がるからこその価値です。

ただ、その反面、女性はお金に付いて来るわけですから
実質的に売春とほぼ同義
となってしまいます。
当然、金が尽きた瞬間に蜘蛛の子散らすように女性は逃げていくでしょう。
SEXさえ出来ればよいという思想の人であれば、無問題でしょうが・・・

これについての足切りは、借金が無い事と
月々の生活費を自立できる程度に稼げているというレベルであると思います。
具体的に言えば、「年収300万円以上」といったところでしょうか。


能力といっても恋愛面で有利な能力と全く役に立ちそうにないものがあります。
その境目は「社会的尊敬が得られるか、金銭の取得につながるか」
であると思います。
資格や学歴は社会的認知もありますし、金銭の取得にも繋がります。
運動についてはプロレベルまで行かなくては金銭には結びつきませんが、
アマチュアレベルでも社会的尊敬は得られます(運動神経が良いとカッコいい)

これに対して、例えば
全国の駅名を暗記している
などの能力は殆ど無意味です。
金銭に結びつかない上に同じような趣味を持っている人間(狭いコミュニティ)
以外では尊敬を得られないからです。

こう考えると、能力でアドバンテージを持つのは努力と才能と
嗜好の向きが合致しないと困難ですが、反面足切りラインは曖昧です。
強いて言えば、人並みに就職して経済的に自立できるレベル 
になるのではと思います。
社会人として何とかやっていけてれば最低限はクリアしているという事です。



| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 喪男道, All rights reserved.
まとめ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。